久しぶりに入荷しました♪人気のペトロフ小型グランドピアノP159Bora黒色艶出モデル✨
 
早くも試弾のご予約あり、日本の住宅環境にフィットすることもあってこのところお問い合わせ多数、もちろん好評なのは輸入後のプレップアップ(精密調整)あればこそ👍
 
PETROF P159Bora Black High Polish
Discacciati Piano 810 Hydraulic
美しい木目モデルも素敵ですが、黒色艶出モデルも上品な塗りでカッコいいです😊
 
温湿度を一定に保ったショールームの環境に数日間馴染ませてからプレップアップ作業を開始、高級ピアノメーカーでの経験を生かし、チェコの名器ペトロフも手間と時間をかけて「楽器」に整えていきます。
 
そう、輸入ピアノは入荷してから仕上げるもの、調整によってその楽器が持つ本来の性能を引き出す必要があります。
 
ではプレップアップ作業の風景をご紹介、最後にはテスト動画も🎶
 
まずはベッディングスクリューをリセット、棚板と鍵盤筬に浮きがないように微調整。
 
バランスキーピンの前後位置を調整。
 
鍵盤の高さをチェック&チョークでメモを残します。
 
アクションを外して鍵盤後部のキャプスタンスクリューを研磨。滑らかな弾き心地を作ります。
 
アクションに次いで鍵盤も全て外して、鍵盤筬からリセットしていきます。
 
チョークのメモに基づいてパンチング紙を抜き差し、鍵盤均しの作業をより効率的に。
 
バランス&フロントキーピンを1本ずつ磨いてクリーニング、これもタッチに関わる作業です。
 
フロントのパンチング紙をチェック、納品後のメンテナンスをふまえて一部交換。
 
キーホールをブラシで掃除、よく使用していたためとうとう柄が折れてしまいました💦
 
フロントキーピンの角度もしっかりと修正。
 
フロントブッシングクロスを微調整、適度な遊びを作って鍵盤を戻します。
 
アクションも再び搭載して本体にセット、鍵盤の高さが精密に整ったところで1日目が終了。
 
2日目はハンマー弦合わせから、ひとつずつ正しい位置かチェック&調整。
 
ハンマーの進行方向や角度を細かく修正。
 
弦合わせを精密に調整するとハンマーの間隔、角度も綺麗にそろいます。
 
ハンマーのポジションが決まったら次はローラーとレペティションレバーをあわせる「サポート合わせ」。ひとつずつチェック&ネジで調整していきます。
 
ハンマー同様、場合によってノリ紙を貼って微調整、ローラー&小ジャック&キャプスタンの3点が最適なポジションとなるよう地道に調整...。
 
そしてローラースキンにテフロン塗布、上質なタッチとなるよう指で革に塗り込みます。
 
バックチェックの角度を調整。
 
ハンマーのテールを正確にとらえるようバックチェックを専用プライヤーで調整しました。
 
ジャック前後の位置を細かくチェック&修正。
 
ジャックの上下をチェック、トリル&連打が入りやすいようにひとつずつセットします。
 
続けてトリル&繊細なピアニッシモを奏でるのに大事なハンマー接近調整、LEDライトを用いて0.5mm単位で緻密に整えます。
 
ハンマードロップは接近の位置から2mmの戻り。
 
ここで鍵盤均しをあらためて確認してから...
 
鍵盤の深さを10mmに調整、隣の鍵盤を参考に定規で計測するため高さが精密にそろっていなくてはなりません。
 
白鍵のアフタータッチの感覚をもとにハンマーストローク(打弦距離)をセットします。
 
そして白鍵のアフタータッチ感をもとに黒鍵の深さ調整。鍵盤底1mm ほどのトクンという反応を88鍵そろえていきます。
 
鍵盤の深さがそろったらハンマーストップ位置を調整。
 
最後にレペティションスプリングを調整、強すぎず弱すぎず。これでアクション&鍵盤の整調作業が完了です。
 
入荷したばかりなのでA=443Hzで調律を実施。
 
ここからが最終的にピアノを「楽器」に至らしめる大事な作業「整音」です。半音階を奏でながらハンマーの硬さ&音質をチェック&チョークでメモ。
 
そしてハンマーフェルトに針刺し、先に奥側、反応をみて手前側。針を入れる箇所によって効果も異なるので経験が必要。料理の「味付け」にも似たセンスが問われる作業です。
 
工場出荷時からハンマーフェルト表面がボサボサ、綺麗に整えるのは現場の仕事。
 
高音域はまとめて整形します。左端は処理前、針刺しの痕跡がおわかりでしょうか。
 
こうしてハンマーフェルトが美しく、音質もコーティングされたように艶っぽく洗練されました👍ここで2日目が終了!
 
プレップアップ3日目はソフトペダル使用時の整音から、専用工具で「音質の違い」すなわち表現力の幅を作っていきます。
 
3弦とハンマー先端の接点をチェック、同時にあたるよう精密かつ慎重にハンマー先端を削ります。音色に輪郭が宿り、音質も均されていきます。
 
そして最後に一弦ずつ音質を確認&針刺し整音。プロ仕様のピアノはここまで徹底して手を入れます。
 
あらためて調律をリセットして...
 
ダンパー動作&掛かりを点検して終了。
 
整備されたアクション&鍵盤を上から撮影!
 
黒色艶出&ウォルナット艶出のP159Boraの2台展示!日本国内でペトロフを存分に弾き比べ可能な白金台ショールーム、ちなみにPETROF専門店は世界でも弊社ただひとつです。
 


黒艶特有のフォーマルな音色、重厚感がありつつも優しく朗らかなサウンドが魅力🎶
 
手間と時間をかけてプレップしたチェコ共和国の名器にご興味のある方はご試弾を🇨🇿🎹
 
メンテナンス等で店主不在の場合もございますので、どうかご予約の上ご来訪ください😊
 

ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ公式HP

納品事例はこちらから!

お客様のペトロフご紹介