ペトロフP118C1ウォルナット艶消 プレップアップ♪※動画あり | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。

チェコの職人が彫る装飾&猫脚の外装が
大好評のP118C1チッペンデールモデル、
プレップアップが完了したのでご報告を♪
 
今回はウォルナット艶消(サテン)モデル。
木目の落ち着いた質感が伝わってくる外観、
フロントパネル&猫脚の装飾がお洒落です♪
 
 

今年4月、PETROF社155周年イベントに
招待いただき工場を訪問したときに撮影。
数種の彫刻刀による「匠の技」に驚き…
 
工業的な生産に移行したピアノメーカーは
職人技術の継承が途絶えてしまい、むしろ
手作業による木工の内製化は今や困難に...
 
ペトロフ社はこうしたクラフトマンシップが
未だ現存する希少かつ貴重なブランドです。
 
そんなチェコ製ピアノの本当の価値と魅力を
日本の皆様にお届けすることが専門店として
ピアノプレップの果たすべき大事な役割。。
 
チェコから海を渡って輸入したペトロフの
アクション&鍵盤を外しクリーニングから!
 
長旅の疲れを癒すようにチューニングピン、
弦など内部の汚れを取り除いて綺麗に。
 
鍵盤下の棚板も綺麗に掃除します。
 
鍵盤動作をガイドするキーピンの汚れを
1本ずつ拭って滑らかな弾き心地に。
 
弦より柔らかい素材の真鍮で駒打ちを、
振動が駒&響板に余さず伝わるように。
 
定規をあててフロントキーピンの角度を
細かく点検、これもタッチに関わる作業。
 
キーホールをブラシで掃除、内部に残った
小さな木屑をしっかりと取り除きます。
 
膨張したクロスを専用プライヤーで調整、
左右の適切な遊びを鍵盤に作っていきます。
 
アクションに力を伝達する鍵盤後部の
キャプスタンスクリューも磨きました!
 
アクション以外の土台作業がひと段落…
 
アクションをセット後ハンマーの弦合わせ、
他のアクションパーツもあわせて整えます。
 
続いて鍵盤の高さをパンチング紙で調整。
 
白鍵も黒鍵も徹底して精密に均します。
 
鍵盤深さは専用の「あがき定規」で確認、
パンチング紙で10mmに整えていきます。
 
ハンマー接近→ハンマーストップ調整→
ダンパー動作の調整と作業工程は進み...
 
最後にダンパー掛かりのタイミングを
そろえて「整調」作業が完了です^^
 
新品のためA=443Hzで「調律」を実施!
 
そして最終仕上げの「整音」作業。
音を聞きながら、そして打鍵時の指先の
感触をもとにハンマーフェルトに針を刺し
ppp~fffまで奏でられる弾力性に調整を。
 
針刺しの痕跡を綺麗に処理をして...
 
ハンマー先端と3弦が同時に接するように
ファイラーで調整してプレップアップ完了!
 
丁寧にプレップされたアクション&鍵盤は
整然として見た目にも美しいものです^^
 
 
おなじみ?店主のテスト演奏動画をアップ、
軽快なタッチ、トリルも入り易いです♪
 
ペトロフピアノ艶消モデル独特の音色...
コロコロと乾いた「木の響き」が印象的、
ほろっとレトロな気分に誘われますね。
 
パネル、鍵盤蓋など外装を組みました。
日本のピアノとは異なるヨーロッパの趣き...
洗練されたセンスが光る中欧の逸品です。
 
PETROF P118C1 Walnut Satin Finish
Discacciati Piano Bench Mod.110
ペトロフ仕様でオーダーしたイタリア製の
猫脚ピアノ椅子と一緒にコーディネート♪
輸入元&専門店として付属品にもこだわり。
 
プレップアップした楽器で古き佳きチェコの
職人技と情感ある音色を愉しみませんか?
 
皆様のご試弾を心よりお待ちしています^^
 
 
ペトロフピアノ専門店&輸入元