ペトロフP118D1チェリー艶消 プレップアップ! | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。

新入荷のオーダー品ペトロフUP3台、
次はスマートな猫脚モデルのP118D1
こちらもお洒落なチェリー材の外装♪
 
アクションを外してクリーニングから...
 
チューニングピンもピカピカに...
 
あらためて弦もクリーニングしました。
 
鍵盤の力をアクションに伝達する部品
キャプスタンスクリューも磨きました。
 
キーピン176本も丁寧に磨きます。
 
キーホールのブラッシング、鍵盤遊びを
調整後にバランスブッシングをチェック。
 
ハンマーと弦の合わせ作業。
 
ご覧の通りハンマーの間隔、角度も美しく。
 
続いて鍵盤均し、店主が昔に勤務していた
工房の後輩が今回もサポートに...。
 
バランスキーピンを小突いて鍵盤の
傾きを修正、地道に整えていきます。
 
image
精密調整を行うには使う道具も大事!
以前スタインウェイのディーラー時代に
本社の技術者から頂いた定規を支給。
 
1000万円を超えるような高級ピアノこそ
基本に忠実、調整も徹底されています。
 
ピアノプレップでは、その経験を活かして
チェコの名器PETROFに対しても同等の
クオリティで輸入後プレップアップします。
 
ここから店主が作業を引き継ぎました。
鍵盤あがき(深さ)を10mmでリセット。
 
アクションパーツの各ポジションを調整。
 
ハンマー接近調整もひとつずつ点検...
 
ハンマーストップ、ダンパー調整を行い
これで快適な弾き心地に整いました。
 
新品のためA=443Hzで調律を実施。
 
ハンマーの弾力性を整える針刺し整音。
 
最後に3弦合わせを行いプレップ完了!
 
アクションパーツ&鍵盤が整然にそろうと
美しいもの....楽器に「魂」が宿りました。
 
イタリア製&猫脚のピアノ椅子も開梱、
店主の好みの「空色」でご用意を...
 
PETROF P118D1 Cherry Satin Finish
Discacciati Piano Bench Mod.107
朴訥とした木の温もりを感じる音色、
指にフィットするような弾き心地に♪
 
日本のピアノ、他の欧米製ピアノとも
異なる「中欧チェコ」らしいデザイン、
猫脚も洗練されたフォルムです^^
 
あとはお客様のご試弾を待つばかり...
どうか出来栄えをお楽しみに!
 

ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ公式HP

納品事例はこちらから♪

お客様のペトロフご紹介