ペトロフP118P1ウォルナット艶出 プレップアップ! | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。

納品したペトロフピアノのメンテナンス、
ショールームにて接客対応をしながら
新たに入荷したP118P1のプレップにも
着手&無事に作業が完了しました^^

同じ中欧、ショパンの曲想にもよく合う
チェコ・ボヘミアが育んだ優しい音色...
この個性をぜひお愉しみ頂きたいです。
 
店主が以前に勤めていたピアノ工房の
後輩の調律師が今回はサポートに...。
 

各作業工程をチェック&助言をしながら
弊社の求めている基準精度でペトロフを

1台の「楽器」へと仕上げていきます。

 

チューニングピン&弦をクリーニング。

 

アクション&鍵盤を外して棚板の清掃、

各キーピンのクリーニング、鍵盤遊びの

調整、キャプスタン磨き、駒打ち作業...

 

プレップアップの担当者が代わっても

店主が普段行っている工程を実施。

 

ハンマーの走り、ねじれを修正した後

弦合わせ、角度、間隔も綺麗に...。

 

定規をあてバランスキーピンの位置調整。

 

鍵盤の高さも厳しい目線でチェックを....

徹底して均してもらいました。

 

続きは店主が引き継ぎ、鍵盤深さを調整。

 

キャプスタン上下の位置を調整。

 

バックチェック&ブライドルワイヤー調整。

 

ハンマー接近調整、繊細なpppの発音、

トリル、連打性能に関わる工程です。

 

ハンマーストップで弾き心地を調整。

 

ダンパー調整を行った後で調律を実施、

新品のためA=443Hzで行いました。

 

ハンマーフェルトに針を入れて整音、

弾力性、音質をムラなく整えます。

 

最後に3弦合わせ&フェルト表面を整形、

朗らかながら輪郭のある艶々しい音に♪

 

数日にわたって行ったプレップアップ完了、
同じ個体でも手の入れ方によってガラリと
魅力が変わってくるのがピアノという楽器。
 
ペトロフピアノの真の価値を知りたい方は
ぜひショールームでお試し頂きたいです。
 
素敵な木目のウォルナット艶出塗装、
ワックスでさらに艶々に仕上げました♪
 
お洒落なイタリア製ピアノ椅子とコーデ、
ペトロフ仕様に色をオーダーしています。
 
image
PETROF P118P1 Walnut High Polish
Discacciati Piano Bench Mod.105
人気のウォルナットモデルが試弾可能に、
チェコの古き佳き音色&上質なタッチ感を
白金台で遠慮なく体感してみて下さい!
 
皆様のご来店をお待ちしています♪
 

ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ公式HP

納品事例はこちらから!

お客様のペトロフご紹介