今週のペトロフUPメンテナンス♪ | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:
白金台ショールームでの接客、さらに
新入荷のプレップアップをこなしつつ
お客様のメンテナンスにもご訪問…。

この一週間の記録をまとめてご紹介!

PETROF P118P1 Cherry Satin Finish
Discacciati Piano Bench Mod.105

ハンマーと弦の合わせをチェック、
正しい弦跡が付くよう心掛けます。

ユーザー様のご要望により鍵盤調整。
もしピアノに気になる症状がある場合
そこから作業工程を組み立てます。


PETROF P125 OPERA
こちらはOH済の古いペトロフピアノ。
弊社ユーザー様からのご紹介により、
今回は特別にご訪問しました。

ハンマーフェルト弦合わせを修正。
ハンマーが新品に交換されていても
調整&整音が正しく施されなくては
ピアノの性能を充分に楽しめません。

調律もあらためてリセットしました。
40年前に製造されたペトロフピアノも
独特の鉄骨フレーム、アグラフ設計は
現在も伝統的に受け継がれています。


PETROF P118P1 Beech Satin Finish
Discacciati Piano Beech Mod.105
こちらは乳白色のブナ材のペトロフ、
2年振りのメンテナンス作業でした。

まずチューニングピンをクリーニング!

続いてハンマー弦合わせをチェック。

A=442Hzにピッチ上げ調律。

鍵盤の高さ&深さもリセット。

ハンマーストップも正確に調整。

最後に針刺し整音、フェルト表面を
綺麗に処理してメンテナンス終了…

ペダルもピカピカに磨きました!

時計、温湿度計の小物やラックまで
ビーチの色合いでコーディネート、
オシャレにご愛用頂いています♪

PETROF P118P1 Mahogany High Polish
Discacciati Piano Bench Mod.105
こちらは先日ご納品したペトロフUP、
お母様とお子様でお使い頂いています。

ハンマー弦合わせチェックは基本、
新品のうちに正しく慣らします。

湿度管理が良かったためかピッチも
さほど低下せず調律もスムーズに。

アクション、鍵盤をチェックした後に
音質もしっかり点検、お部屋の響きに
あわせてバランスを整えました。

チェコフェスティバルにご家族で
遊びに来て下さったオーナー様。

ピアノ音楽&チェコへの好奇心を
育んでもらえましたら幸いです!


ペトロフピアノ専門店&輸入元

株式会社ピアノプレップ公式HP

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス