ペトロフP118D1ウォルナット艶消モデル 納入調整! | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:

3月初めての投稿は昨日ご訪問しました

さいたま市のペトロフUP納入調整!

 

楽器の音色やオーディオにこだわりある

お客様、白金台ショールームはもちろん

昨秋のチェコ・フェスティバル2017にも

足を運んでくださり、プレップアップした

ペトロフのパフォーマンスをじっくりと

確認された上でお選びになりました^^

 

ペトロフP118D1ウォルナットサテン

装飾のないスマートな猫脚モデル♪

 

鍵盤の高さ、深さを正確に修正。

 

ハンマーの弦合わせ、接近、ストップ等

内部のアクションを精密に調整した後に

A=442Hzに調律、整音を入念に実施。

 

作業に要した時間はおよそ3時間...

お客様も工程を終始ご覧になられ(!)

ようやく「楽器」に仕上がりました♪

 

PETROF P118D1 Walnut Satin finish

Disacciati Piano Bench Mod.107

ペトロフ特有の優しい音色を楽しむため

加湿器を入れて湿度もしっかりとケア...

今後もご愛用頂けましたら幸いです。

 

そして本日何とお礼のメールを受信!

 

オーナー様は発表会のためカッチーニの

アベマリアを練習中、遅いテンポで音の

響きを多用するアレンジにしたために、

ユニゾンや和音の響きの微妙なズレが

気になっていたそうです。

 

それが調整を終えて音がガラッと変わり

和音の美しさ、心地良さのようなものを

感じることが出来たと嬉しいご感想...。
 

調整というものが本当に大切で弾き手の

気持ちまで変えてしまうことを再認識した

というご主人、長い時間にもかかわらず

お立合いくださり有難うございました!

 

その他の納品事例はこちら

株式会社ピアノプレップ公式HP

お客様のペトロフご紹介

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス