小さな音楽家とペトロフピアノ♪ | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:

ヴァイオリンを習い始めて3か月の男の子と演奏活動をされていたお母様、ペトロフUPメンテナンス後に親子で試し弾き...。

 

許可を頂いたので動画をご紹介します♪

 

 

幼稚園に通う小さな音楽家はメンテナンスの間もじっと観察、「早くピアノと合わせたい」とウズウズ。やはりPETROFの表情豊かなサウンドはお子様の繊細な耳に伝わるようですね^^

 

今日は一昨年納めたペトロフ社最上位機種P131M1ウォルナット艶出モデル、少々湿気の影響を受けていたので、時間をかけてリセット作業を行いました。

 

ハンマーの進行方向、走りを修正。

 

間隔を整えて弦合わせをチェック。

 

湿気の影響で突き上げ気味のため

キャプスタンで上下調整。

 

A=442Hzで調律をリセット!

 

鍵盤を外して内部清掃。

 

キーピンのべとつきもクリーニング、

滑らかな弾き心地を取り戻します。

 

鍵盤の遊びを再度調整。

 

鍵盤の高さ、僅かに凹凸あり。

 

こちらも綺麗に均しました。

 

鍵盤の深さを調整後にハンマーストップ、

狭まっていた距離を13~15mmに設定。

 

最後に気になる音質を針刺し「整音」

 

こうしてメンテナンスが完了しました♪

 

くすんでいたペダルもピカピカに♪

 

チェコの木製玩具もお子様お気に入り♪

 

PETROF P131M1 Walnut High Polish

Discacciati Piano Bench Mod.105

当初の瑞々しいトーンから温かみを帯びた深い音へと進化中...。

お子様がヴァイオリンを習い始めてピッチの狂いが気になっていたお母様も「生まれ変わったみたい!」と満足なご様子。

 

子供のピアノが長続きする秘訣は?とよくある質問に関して、「子供から弾きたくなるような、音が心地良いピアノを選ぶ」ことがひとつの答え。ご自身が音楽家であるお客様とそんな話に至りました。

 

「弾き方を習うことは大事だけど、音が素敵なピアノはそれ以上に色々なことを教えてくれる」とお母様、チェコ製ピアノのオーケストラを想わせる芳醇なサウンドをとても気に入って頂いています^^

 

ぜひ次回また親子デュオを聴かせて下さい♪

 

その他の納品事例はこちら

株式会社ピアノプレップ公式HP

お客様のペトロフご紹介

 

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス