チェコフェスティバル出展ピアノを訪ねて@浅草 | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:

チェコフェスティバルでの活躍が記憶に

新しいP118C1ウォルナット艶出モデル、

本日そのサービスの納入調整でした♪

チェコフェスティバル2017のレポート

 

訪問先は浅草、朝から観光客で賑わう

雷門&スカイツリーを尻目に現場直行。

 

PETROF P118C1 Walnut High Polish

Discacciati Piano Bench Mod.110

久しぶりのご対面、この乾燥シーズンに

湿度50%をキープ、音律も弾き心地も

快適な状態を保っていました。

 

ピッチはそのままA-442Hzで調律。

 

ハンマーに続き、鍵盤高さを微調整。

 

鍵盤の深さも微調整でOK。

 

ハンマーストップ作業、タッチを整えます。

 

ふたりのお嬢様がいらっしゃるファミリー、

ご来店時に「弾きやすい!」と驚いていた

お姉ちゃんの印象が今も残っています。

どうか末永く大切にご愛用ください^^

 

さて、ホっと安心して浅草駅に戻る途中

目に入ってきたのが「どぜう」の文字。

 

よし、久々に食べてみるか、と思い立ち

昔ながらの佇まいの店に突入...。

 

明治創業の老舗、どぜう飯田屋!

 

名物のどぜう定食、柔らかく煮込まれて

頭から骨まで食べられる状態で提供...

ねぎとごぼうをトッピング、七味山椒を

かけて美味しく頂戴いたしました♪

 

その土地ならではの味覚を楽しむのが

店主の心掛け、江戸の庶民に愛された

下町の郷土料理で元気を養った後に...

 

浅草といえば「チェドックザッカストア」

チェコフェスでもご一緒に出展した同士、

そして白金台ショールームにいる弊社の

貴重なスタッフを採用したのもこちら。

http://www.cedok.org/

 

場所は都営浅草線「浅草」駅からすぐ。

店は路地を入ったところにあるのですが

「駒形どぜう」の看板が目印となります。

(ここで食べられたことに後で気付く...汗)

 

店内はクルテク関連のグッズがいっぱい。

 

棚には「チェコの絵本」がたくさん陳列!

 

2階には新しいスタッフの姿が(笑)

 

3階にはチェコのヴィンテージチェアが...

東欧的などこか懐かしいデザインです。

 

お世話になっている社長は丁度チェコに

買い付けに行っている最中ということで

お会いできず残念...。

 

でもピアノが好きなスタッフさんに弊社と

サーラマサカのチラシを託しました^^ゞ

 

今回訪ねたときも女性客が多数ご来店、

チェコの魅力を知りたい方は浅草にある

チェドックさんにぜひ行ってみて下さい♪

 

その土地の味覚とチェコ共和国の文化を

探訪する店主の旅はまだまだ続く...

 

その他の納品事例はこちら

株式会社ピアノプレップ公式HP

お客様のペトロフご紹介

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス