ペトロフP118C1ウォルナット艶消モデル プレップアップ①下準備 | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:
一昨日、昨日とペトロフご試弾が相次ぎ、
 
 
店主のスケージュールもタイトだったため
久しぶりのブログ更新♪
 
プレップ済みペトロフGPが近頃人気ですが
忘れてはならない、アップライトピアノ。
 
先日入荷したペトロフP118C1ウォルナット
艶消モデルのプレップアップを開始!
 
チュー二ングピンを1本ずつ綺麗に
 
アクションを外して弦の汚れ、ベトツキを
クリーニング
 
真鍮棒で駒打ち、弦の振動が駒に
余すところなく伝わるように
 
打鍵したエネルギーをアクションに伝える
鍵盤後部のキャプスタンスクリュー。
接面を磨きます(ビフォー右、アフター左)
 
鍵盤を外して棚板に散乱する木屑を掃除、
欧米製高級ブランド、国産ピアノに関係なく
新品ピアノは1台1台入念なチェックが必要...
 
鍵盤筬と棚板のネジ締めを確認
 
バランス・フロントキーピン合計176本を
綺麗に磨くことでタッチ感を作ります。
 
フロントキーピンの角度を修正
 
バランスピンが収まるキーホールも
ブラッシング、エプロン上に散らばる
小さな木屑がお分かりでしょうか。
 
乱れている調律のピッチをおよそ整えて
精密な調整は明日から...。料理でいえば
ようやく下ごしらえが済んだ段階です。

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス