ペトロフP118P1ビーチ艶消モデル 納入調整 | ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノ&チェコを愛する店主ブログ

ペトロフピアノとチェコ共和国の魅力を発信する専門店ピアノプレップ店主のblog。
ピアノ、音楽、カフェ、雑貨、文化...。港区白金台から自由気ままに綴ります。


テーマ:

昨日はピアニストのレコーディング調律、

そして首都圏にも雪がちらついた今日は

昨年末に納めたP118P1の納入調整!

 

こだわりのお客様が選ばれた外装木材は

乳白色が美しいビーチ(ブナ材)

洗練された音色&ヨーロッパ・デザイン、

デスクのカラーと良くマッチしています♪

 

低下したピッチを再びA=442Hzに。

 

鍵盤ならし(高さ)、あがき(深さ)も

良好な状態をキープしていました。

 

ハンマーストップも微調整。

 

音質が硬いところには丹念に針刺し。

 

そして針の痕跡を綺麗に処理。

 

出荷前の状態にリセットが完了です!

お嬢様が毎日楽しく使用しているとのこと、

どうぞ今後も宜しくお願いいたします♪

 

プロの音楽家もお子様も使用するピアノに

変わりなく、手間をかけて最適な状態まで

リセットすることを毎回心掛けています。

 

むしろ音に対して敏感な幼い子供達にこそ

倍音を含んだ本場のピアノの音色を聴いて

育って欲しいもの...。人工的なモノではなく

自然の素材を味わって貰いたい、そうした

親心は音楽も料理も同じかもしれません。

pianoprepさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス