荒井千裕先生が、メルマガの中で、


「楽しんで弾く」ことについて、色々な方のお考えを紹介されているのを、


興味深く読んでいます。

 

 

楽しんで弾く。

 

何気なく使っている言葉ですが、どんなことなのだろう?

 

・・・・ということで、私も自分を振り返ってみました。

 

 

 

私にとって、「楽しんで弾く」とは、

 

まず、きれいな音に触れること。

 

 

ピアノの音が好きなので、

 

単純に、ピアノを弾くと、ピアノの音が響くのが嬉しいし、

 

好きな和音や、和音の進行、

 

きれいな旋律を聴くのは、気持ち良いです。

 

 

 

そして、手や体の気持ちよさを感じること。

 

 

これも単純に、手や指や体に、音の響きが伝わる感覚が、気持ちよいです。


 

新しい曲を弾くときは、

 

最初は、気持ち良い感覚になれないこともあるのですが、

 

指や体の動かし方を探っていく感じも、楽しいです。

 

 

 

それから、探求していく楽しさ。

 

 

文章の読解みたいに、

 

音の並びの中に、綺麗さを発見していくのが楽しいし、

 

「ここはこんな感じ」と、思っていた部分に、

 

新たな綺麗さを発見した時のうれしさは、

 

ちょっと言葉になりません。

 

 

 

それから、弾き終わったあとのすっきり感。

 

 

思い切りピアノを弾いた後には、

 

お風呂に入ったあとみたいに、すっきりした感覚になれます。

 

 

心の中をお洗濯したみたいな感じ・・・かも。

 

 

 

それに、自分の成長を実感できること。

 

 

さっき弾けなかったフレーズが、練習して少し弾けるようになったり、

 

昨日、たどたどしかった部分が、スムーズに弾けるようになったりと、

 

出来なかったことが出来るようになっていく過程を実感するのは、

 

とてもうれしいです。

 

 

大人だって、成長したいのですよね。

 

 

 

それに、

 

これは、ちょっと抽象的ですが、

 

なんだか、大きい世界とつながっている感覚になれること。

 

 

ピアノを弾いている時間って、基本的には一人でいる孤独な時間ですが、

 

なんだか、とても大きな世界の中にいる感じで、

 

豊かで広がりのある感覚を、感じます。

 

 

 

そして付け加えるとしたら、

 

子どもたちに伝えるものを、発見できること。

 

 

テクニックにしても、音楽の感じ方にしても、

 

ピアノを弾いて、感じたり気づいたりしたことがあると、

 

また生徒さんに教えてあげるものが見つかった、と嬉しくなります。

 

 

 

まだまだありそうな気もしますが、

 

とりあえず思いついたことを、書いてみました。

 

 

「楽しんで弾く」。

 

大切なことを、振りかえる機会を与えてくださった千裕先生に、感謝です!

 

 

 

ふるつかピアノ教室 ホームページはこちらです

http://www.furutsukapiano.com/

 

お電話でのお問い合わせは、こちらへどうぞ。

080-8885-3794

 

ポチッと応援していただけたら、すごく嬉しいです。

            ↓


にほんブログ