5度上に跳んだ、2分音符の音で、

 

手首をちょっと上げて、力を抜いたのは、

 

年長さんの女の子です。

 

 

わ、すごい・・・とびっくりして、

 

「ここ、上手に弾けたね~」、と言ってみたら、

 

にっこり笑いました。

 

 

偶然にそうなったのではなく、

 

お家で、練習したのだそうです。

 

 

確かに、弾き方の説明は、したと思いますが、

 

それにしても、よくできたなぁと思っていたら、

 

「先生の弾き方の真似をしているのです」、とお母様がおっしゃいました。

 

 

なるほど。

 

 

 

この子は、私が弾いている様子を、

 

ものすごく、よく見ている子なのです。

 

 

こんなに見られていたら、

 

適当は弾き方は出来ないなと、いつも思います。

 

 

 

この子に限らず、

 

子どもの前で弾くときは、

 

短いフレーズでも、心を込めて弾かなければいけないのだなと、

 

改めて、感じさせられます。

 

 

 

ふるつかピアノ教室 ホームページはこちらです

http://www.furutsukapiano.com/

 

お電話でのお問い合わせは、こちらへどうぞ。

080-8885-3794

 

ポチッと応援していただけたら、すごく嬉しいです。

            ↓

 


にほんブログ村

 

AD

リブログ(1)

  • どんな時も、心を込めて

    ● どんな時も、心を込めて20081218 Denpark 04 (Heart's night) by BONGURIいつも、どんな時でも、たとえ練習でも、練習じゃなくて、ふと目の前の、短いフレーズを弾いてみる時も、心を込めて触れる心を込めて紡ぐ心を込めて送り出す、と言う事を、忘れたくない、忘れては…

    香港在住ピアニスト/ピアノ講師*ちひろ

    2017-09-24 20:00:00

リブログ一覧を見る