6/2 ピアノの先生のための【チェンバロでバロックを弾こう】セミナー終了

 

こんにちは!

チェンバロ奏者 ピアニストの水野直子です。

 

 

6/2(日)ピアノの先生のための【チェンバロでバロックを弾こう】セミナーが終了しました。

 

 

時計回りから

 

ピンク薔薇西玲子先生

赤薔薇仙波千穂先生

   水野

赤薔薇津崎由紀子先生

ピンク薔薇大野由利子先生

 

 

今回はバロック白楽譜オンリーで

1巻よりバッハの左右まったく逆に作曲された

2曲のメヌエットから始まり、

名曲揃いの2巻を中心に計12曲行いました。

 

 

この会は、

1 会の1週間ほど前に、お一人につき3曲ほどを選択

2 実際にチェンバロを弾いてみる

3 そのあと、チェンバロならではの習慣を水野からお伝えする

という流れです。

 

その後の受け取り方は自由です。

4 チェンバロとピアノの違いを感じて、「ほぉ」と感心するのもいいし

5 ピアノでも弾いてみたり

6 ご自身のレッスンに役立てる

など。

 

この会は、実践型なので絶対に

少人数!!

 

バロックは可愛らしい曲が多いですが

楽譜の中には音符のみ、という

少ない情報量は、

逆に私たちを混乱させます。

 

バロックは1590年代に

フィレンツェのカメラータたちを中心に

萌芽したと言われていますが

 

そんな昔の異国のことって

想像つきませんよね。

 

では日本のことはどうでしょう。

私は、「昔」という言葉からは

 

お歯黒

ちょんまげ

十二単

 

を、なんとなく想像するだけで、

お歯黒は、いつからいつまでやっていたのかは知らないし、

ちょんまげの型も知らなければ

十二単は、着物を12枚着ちゃうのかな、重そうだな、

くらいの感想しか持てないのですが

 

 

 

では当時の音楽・・・

例えば世界最古のオーケストラと言われる

雅楽の演奏法って

どうだったのでしょうか、、、?

 

 

日本人だからといって、

全く想像すらつきません・・・

 

 

それは・・

 

だって・・

 

知らないから(悲)

 

 

そういえば30年前近い音大生の頃に

確か「日本音楽概論」という名の授業があって

日本の楽譜を見たこともありますが、

専門的な知識がないので

読めないんですよね。

 

 

ああ、私って、知らないことだらけ・・・

 

 

だからこれからも

好きを専門にした責任を取って

少しでも近づけるように

自分でわからないことを調べていきたいな、と思います!

 

 

さてさて、真面目な話はここまでといたしまして、

感想をいただきましたので、ご紹介します。

 

 

今日も楽しい時間をありがとうございました! なかなかチェンバロで思ったような演奏をするのには程遠いのですが、雰囲気を味わう事ができました。 ポロネーズやブレ、その時代の色々な曲に触れていきたいです!

 

本日はとても勉強になり、楽しく学ばせて頂きまして誠にありがとうございました。 国別や作曲家の特徴が分かるようになりたいです。 今後ともよろしくお願い致します♬

 

毎回、へえ〜〜と思うことがたくさんあり、今回も古典運指と指ペダルが、衝撃的でした! 自分のものにするには、まだまだ修行が足りませんが、勉強になりました。 真面目なバロックのお勉強のあとのランチ会のギャップも笑えました。またよろしくお願いします。

 

今日も、チェンバロの音の豊かさに、感激致しました。指使いから、アーティキュレーションが導かれたり、弦楽器の弓の動きがフレージングと関係していたり、舞踏の性質など、学ぶことは沢山ですが、揺れとか、ずらしとか、装飾とか、素敵ですね。 これからもよろしくお願い致します。

 

指づかい、とても勉強になります。古典運指、深いですね! 弦楽器を意識したフレーズの考え方は分かりやすいですね。 フランス式、イギリス式、ドイツ式、などのそれぞれ違いも意識できるようになりたいと思いました。

 

今回は18世紀(バロック後期)の作品が多かったので

立体的な和声作りが必要なところが多々ありました。

 

バロックは和声進行が要!

その和声を響かせるためのちょっとしたコツ・・「指ペダル」をお伝えしました。

 

指ペダルは

足ペダルのように

全てを開放弦にすることなく

和声を感じながら

打鍵で楽器をシンプルに響かせることができるので

もし「ロマン派と同じような曲想になってしまう」、と

悩まれていたら

一度ぜひ試していただきたいです。

 

私も練習してみました。

 

 

次回は7/28(日)です。

お申し込みはこちらのフォームからお願いします。

ピアノの先生限定です。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/51cfd404619168

 

 

8月はお休みをして

秋からは、いよいよインヴェンションへと入ろうと思っています。

 

 

それではまた!

 


無料メルマガで一足先に記事をお知らせしています。

 

 

水野の活動や教室は↓でご紹介しています