こんにちは

チェンバロ・ピアノ奏者の水野直子です。

ご訪問ありがとうございます。

 

今日のメルマガは
先月開催させていただいた
「チェンバロを弾こう」のアンケートです。


=====

1/27、30に、
目白の古楽器センターにて
少人数(4〜5人)限定で
チェンバロを弾く機会を設けさせていただきました。

 

過去の記事ですダウン

https://ameblo.jp/pianolesson-baroque/entry-12435762949.html

https://ameblo.jp/pianolesson-baroque/entry-12435880904.html

 

 


使用したのはバロック白楽譜1巻でした。




バロックといえば、
きっとまず最初にバッハを思い浮かべると思いますが
バッハはバロック時代の
最後の最後〜〜〜〜の作曲家です。


バロックと呼ばれる約150年は
大まかに初期、中期、後期、と別れ
それぞれスタイルが違います。



今回は、ピアノではなくチェンバロを使うので
いきなり後期の、
しかもバッハのような難しい曲を弾くよりも
音も少なく
かつ
生徒さんのレッスンにも役に立ってくれそうな曲が
たくさん入っている
バロック白楽譜を選びました。
この楽譜は余計な(誤った)
アーティキュレーションがないのが嬉しいです♪





開始前、
ご参加くださった先生にアンケートさせていただきました。

 

■本日のセミナーではどんなことを期待されますか ・いつもイメージでバロックを演奏しているので
チェンバロでの演奏に慣れてみたい
・チェンバロを弾きまくる!
・チェンバロの音色とバロックの雰囲気を味わいたい
・舞曲の捉え方、弾き方を学び、伝えられるようになりたい
・チェンバロのタッチを知りたい など




こうして見てみると
「ザ・チェンバロを弾きたい先生の集まり」でしたね!



当日は、事前にそれぞれ担当曲を決めて
「こんなにチェンバロが弾けることってないです!」
と仰ってくださるほど
とにかく弾きまくりました。

少人数にして本当に良かったです!

 

■内容はいかがでしたか ・とても良かったです。簡単な楽譜なのに知らないことがたくさんありました。
・曲数をたくさんこなしていくうちに、
みなさんがチェンバロに慣れていくのがよくわかりました。
・とても素晴らしい学びの場でした。
・今まではコンペ曲中心のセミナーに行っていましたが、今回は白楽譜の小品をたくさん弾いたり聞いたりでき、とても充実した気持ちになりました。
・チェンバロの音色の豊富さに感動しました。
・2時間、あっという間でした。
・フレンチ、フレミッシュの2台のチェンバロが弾けて幸せでした。
・曲の雰囲気、装飾の入れ方がよくわかりました。




など
たくさんのポジティブなご意見をいただきました。


ありがとうございました!

 

次回のチェンバロの弾き合い会は

メルマガで先行予約させていただいたところ、

4/7の会は満員御礼となりました。

 

 

4/10 満員御礼です。

4/10(水)の会はまだ募集しています。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5a869416600743

お気軽にお問い合わせくださいませ。

初めてチェンバロに触れる方、大歓迎です。

 

私のセミナーは少人数で、楽しい雰囲気です。

お集まり下さる先生に恵まれていると感謝しています。