ピアノ男子ママです。

 

 

 

予約していたカデンツァの楽譜が届きました。

※カデンツァ(Wikipediaに飛びます)

 

 


 

 

モーツァルトのピアノ協奏曲

第26番ニ長調「戴冠式」は

1楽章と3楽章に

カデンツァがありまして

 

即興演奏

自分でできたら超かっこいいです

憧れます〜

 

 

まっ

小6(なりたて)ピアノ男子には

自分で作るなんて無茶なので

(↑どうせふざけるし二度と同じのは弾けまい・・・)

 

Lili Kraus 

Friedrich Gulda 

 

↑こちらのお二人のうち

どちらかのカデンツァを

 

Liliさんのは

割と弾きやすそうですが

Guldaさんのがカッコよいので

まずGuldaさんのカデンツァに

チャレンジする予定。

 

 

 

Guldaさんのカデンツァ

すごくカッコよくて

これ弾けたらいいなぁと

最初から憧れていたのですが

楽譜がなかなか見つからず

 

もうこの際

楽譜起こしてもらおうかと

楽譜作成.com

↑こんなの考えてみたり

 

 

そうしたら

売ってました!

 

ピアノ協奏曲 第26番 ニ長調 「戴冠式」

 KV 595 第1楽章のためのカデンツァ/グルダ編

 

採譜を頼むことを考えたら

輸入盤で1700円は安いなぁと

速攻でポチッ

 

 

 

 

 

 

 

届いてみたら

 

 

ぺら〜の1枚

 

 

聴いているボリュームと

楽譜ぺら1枚のイメージが

結びつかず・・・

 

えっ!これだけ?

 

 

 

 

息子

同じ時期に購入した

こちらの本↓

 

超ビジュアル! 三国志人物大事典

 

同じくらいの価格で

ページ数が多く

いっぱい読むところがあって

(厚さ3cmくらい)

 

 

ママ

カデンツァの楽譜

ぺら1枚で1700円は

高過ぎじゃないー?って

 

 

あはは

それはそうだけど

そういうものかなぁ

 

 

せっかく購入したから

1楽章は

グルダさんで頑張ってもらいましょう。

 

せっかくなら3楽章も

グルダさんのカデンツァで

弾きたいところですが

3楽章の楽譜は

どうやら出ていないもよう

 

3楽章はどう弾くか

もうちょっと考えます。

 

 

 

モーツァルトは

どう弾いたんでしょうね

 

なんかロマンを感じるわぁ

 

モーツァルトが弾いた楽譜は

残っていないそうです。

 

 

 

カデンツァの前に

3楽章は残りあと約160小節!

(長いのか短いのかわからなーい)

 

頑張っておくんなましー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

<最近の勉強>

勉強もコツコツと頑張っています。

親目線ではすごく頑張って

身につく勉強をしていると思うのですが

先日の大手塾の大型公開模試は

あまり良い結果ではありませんでした。

 

中学受験

1発の試験で結果を出さなくてはいけないって

改めて大変なことだと感じた次第です。

 

 

どんな結果になろうとも

今、身につけたこと

勉強の内容だけでなく

根気強く向き合うことや

勉強するという習慣

 

それは誰にも奪うことができない

息子自身のものになるのだから

 

それで良いと

 

あーなんか

ただの開き直りみたいだけど

 

母ちゃんは

本当にそう思うんだなぁ

 

 

 

さてどうなることでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村