世界屈指の美しい駅『アムステルダム中央駅』 | ピアノ百貨名古屋店 Blog♪ 【入荷情報やラインナップ、近況など】

ピアノ百貨名古屋店 Blog♪ 【入荷情報やラインナップ、近況など】

お店の最新ニュースを、アナログなスタッフができる限りお伝えしていきます。


テーマ:

“ストリートピアノ”っていう

 

街角などにピアノが置いてあって、誰でも自由に弾くことが出来て

 

演奏を聴いたり、一緒に歌ったり、仲良くなったりとetc.

 

私はまだ実物は見たことはないんですが、日本でも様々な場所に浸透しているようで、

 

ニュースなんかでも取り上げられているのを見たことがあります。

 

 

先日、「美の巨人たち」というテレビ番組で

 

オランダの「アムステルダム中央駅」が極めて稀なシチュエーションに建てられた

 

とても美しい建造物として取り上げられておりましたが、

 

内容としては、

 

運河に囲まれ水に浮かんでいるような、美しいデザインが施された駅舎は、

 

人工の砂の島の上に建っており、松の木で出来た杭を何本も地盤に打ち込み

 

基礎工事を行ったというようなことを、

 

駅構内に設けられたストリートピアノを通じて、

 

ある老紳士が若かった頃の恋人に再会するという心温まるストーリーを絡めて

(コレがなかなか良かったです)

 

丁寧に紹介されたもので、私のような建築や美術の素人でもとても楽しめました。

 

 

で、「お!?」となったのが駅構内のそのストリートピアノで、

 

鍵盤蓋に書かれたネームををみると、私もこのブログで紹介したことのある

 

“Perzina”のロゴが…「へえ~珍しいピアノが置いてあるんだなあ」と思ったのですが、

 

よくよく考えたらオランダの駅の話ですから

 

「そうか、ここでは自国のピアノはこれだもんねぇ」と妙に納得。

 

 

テレビ番組なのでこちらで紹介できないのが残念ですが、

 

やっぱり向こうのピアノはヨーロッパの街並みや建物に馴染みますね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じむちょーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス