防音も様々ですが… | ピアノ百貨名古屋店 Blog♪ 【入荷情報やラインナップ、近況など】

ピアノ百貨名古屋店 Blog♪ 【入荷情報やラインナップ、近況など】

お店の最新ニュースを、アナログなスタッフができる限りお伝えしていきます。


テーマ:

通常、アップライトピアノの上前板を外しますと中はこんな感じ↓になっております。

 

しかし、先日買取をさせて頂きました、あるピアノ、何かが違う…↓

 

思わず「おっ!」となって嬉しくなってしまったのですが、

 

私も我が家のピアノで同じことをしてあるからなのです。ニコ

 

そう、ご覧の通り弱音フェルトが2重にしてあるわけですが、

 

そもそも弱音フェルトとは、通常ハンマーが弦を↓このように直接叩くのを

3本のペダルのうち真ん中のペダルを踏むことによって

 

↓のようにハンマーと弦の間にフェルトが入り、音が小さくなるという役割を担っています。

 

防音方法も様々で、最も簡単な方法がこの弱音ペダルをつかっての練習で、

 

音がなんだか“モコモコ”しますし、

 

普通に音出すのに比べて、あんまりまり気持ちよいものではありませんので、

 

使用は夜間の練習に限らせてもらいたいところなんですが、

 

それでも「音が大きいな」と感じるので、もっと何とかしたい!でも、

 

サイレント機能をとりつけるのは予算がかかるし、防音グッズもどこまで効果があることやら…

 

そこで、奥の手としてやってみたのがこの“2重フェルト”なわけですにやり

 

確かに!!音量は“蚊の鳴くように”か細くなり、防音効果は完璧なんですが、

 

そもそも自分の弾いてることのニュアンスがほとんどわかりませんし、

 

通常時に比べ、タッチが信じられないくらいおかしくなるので、

 

絶っ対に!人様には勧められないな、と思いました真顔

 

結局何が申し上げたいのかといいますと、今回のこのピアノの持ち主さん

 

当時はそうまでして生ピアノにこだわられたんだな、と。

 

以前、デジタルピアノを手放して、

 

予算もないのに親戚の家からアップライトピアノを譲り受けた時の自分を思い出して

 

懐かしく思った次第でございますほっこり

 

 

 


 

 

じむちょーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス