今回は以前こちらのコーナー以外で紹介させて頂いたことのある

 

Gebr.Perzina(ペルツィーナ)というメーカーのアップライトピアノピアノが

 

お求めやすい中古での入荷となりました。

 

 

“ペルツィーナ”といっても国内に輸入されるようになってからまだ歴史が浅いので

 

ご存知ない方も多いかと思いますが、

 

メーカーに関しては今回はウィキペディアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%83%84%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8A

 

にお任せするとして(失礼‼)、さっそく今回入荷の注目の1台を紹介していきたいと思います。

 

 

まず、大きな魅力の一つとして無垢材の響鳴板と

 

細部に至るまで木材パーツが採用されていることが挙げられます。

 

 

 

私個人としては素材だけでピアノの良し悪しが決まるとは思っていないので

 

魅力的なピアノとして紹介しておいて言ってることがハッキリいって矛盾してますがほっこり

 

それでも同価格帯の現行モデルと比べた場合、今やそのこと自体なかなか貴重なことですし

 

ピアノという楽器の本来の有り様により近いことは海外のメーカーならではの美点ですね。

 

 

↑“フローティング響板”(床が真っ黒でわかりにくいので左写真は別機種のものを使用してます)

 

ピアノそのものの性能については“フローティング響板”、“逆クラウン響板”など

 

じつは音に対してかなりこだわり溢れる作りになっているのですが、

 

詳しくはやはりhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%83%84%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8A

 

こちらにお任せするとして(本当にスミマセン)、

 

そこから生まれる肝心な弾き心地は高さ129㎝という大きめのサイズも相俟って、

 

ゆったりとした響きから鍵盤はずっしりとした感触を一瞬うけるものの、

 

打鍵に添って非常に滑らかに落下するため、決して物理的に重くはないのに

 

しっかりした手応えを感じることができます。

 

中古アップライトピアノ Gebr.Perzina GP-129BB お値段は店頭にて

幅150㎝ 奥行61㎝ 高さ129㎝ 2010年製造:中国煙台

 

中古ピアノではこれまでご紹介させて頂いたなかでも屈指の1台ではないでしょうかニコ