24日はカンマーコアの練習日でした。

今回も牧野先生からとても濃いお話しを聞かせて頂きました。



本当に、ピアノの事を言われているのかと思うことが多かったのですが




ふと、これはやはり音楽そのものなのだと思いました。




モーツァルトのミサ
教会で歌われるような合唱は、響きで作る。



倍音による響き。




響かせ方を、牧野先生が分かりやすく実演してくださいます。



ヨーロッパ言語と日本語のなど
発音によるベストなタイミングを指揮で合図して下さるんです、、これは実はものすごい事ですよびっくり




aからo に母音が変わる時
どうしても音程が保てず下がってしまったり

同じ母音が続くと音が劣化していったり


なんと難しい…つくづく自分が音痴だと思い知らされる瞬間。


音の新鮮さを保つ耳を作る訓練は生きた音楽には欠かせません!

声の出し方も、余分な力をかけずに歌わないと最後まで持たないですね。ピアノも一緒で(・_・;

姿勢一つで声が変わる事に最近ようやくコツを掴んで来たので、力まない姿勢にも気をつけています。


歌を歌うって、身体で身体を鳴らすこと。
それが今とても自分の中でピアノともリンクしていて、楽しいですニコニコ



次回の練習日は  
12月22日 19:00〜21:30です!


那須カンマーコアでは団員を募集しております音譜