学びの日々

テーマ:
脱力して弾く事ってどういう事?
身体を知り、ピアノを弾くために最適な身体の使い方を学びたい。常日頃からの課題。

今日はアレクサンダーテクニークの先生のセミナーに行ってきました。

今日のセミナー、なんと私以外の全員が趣味でピアノをされている社会人でした。
習い始めて間もない方も学びに来られていたのに、びっくり‼️  なんというか、いい意味でマニアック爆笑

最初からピアノを弾くための身体の使い方を知っておきたいという理由だったり
身体に無理なく歳をとっても長く弾いていたいという理由だったり

曲が難しくなってきて上手く弾けない、無理に弾こうとすると腕が痛くなってしまうからなどの理由も共通するところでした。


セミナーは本当に導入部分のみでしたが、脱力出来ていることがどういう事かを先生から直接ご指導頂けて確認することができて良かったです。


脱力するという事は分かった。
身体の造りを理解していることが、身体をもっと自由に解放出来ることも理解できました。
それをどう演奏に活かせるかはこれからも勉強を続けて行きたいと思います。

人間てやっぱりすごい。
自分を知ること、向き合う事、
まだまだ足りない事がたくさんで、でもそれだけ可能性があるわけで

学べることに感謝したいです。






AD

2歳ちゃんの願い

9月からレッスンが始まったFちゃん。

Fちゃんはとっても記憶力がいいのです!
先週使ったパズルの教具が気に入ってくれた様子で、教具棚から自分で取り出して並べ始めました。

そして、私がフープをパズルの囲いに使った事もちゃんと覚えていてフープも引っ張り出して来てパズルの囲いにしていました爆笑

Fちゃんは教室の教具や絵本棚が大好き。

レッスンの前後には棚から楽器を取り出してみたり、レッスンで使った絵本や、自分が好きなキャラクターの教材を引っ張り出してきます。

その中にミッフィーちゃんの教材があるのですが、もうこの教材が気になってやりたくて仕方がない様子です。

 「もう少ししたら使えるからね」とお話しているのですが、、

お母様からも
「もう少しお姉さんになったらねー」
となだめられても
「いやー、お姉さんにならない」(今やりたいのだと)
言い張ります。

やりたい!時が始めどき
それならば、次回から少しずつできることをミッフィーちゃんの教材で取り入れてみよう。

Fちゃん用にミッフィーちゃんの教本も親子リトミック仕様にしちゃいます!

Fちゃんの願いが叶うように、先生も頑張るねおねがい
{DA47D372-4A19-45C7-ADEF-AA5937AF6BC0}




AD

テーブルリトミックの本

テーマ:
リトミックフォーラムで宮城第一支局のみなさんが紹介して下さったテーブルリトミック音譜音譜

その美しい四季のリトミックにすっかり魅せられてしまい、テーブルリトミックについて調べていたところ仙台のリズム遊び教室の先生のブログに辿り着きました。そこで宮城第一支局長の大河原聖子先生と真歩先生の著書が出版されていることが分かりました。

仙台のリズム遊び教室の先生のブログから問い合わせをさせて頂くと、とても素早く親切なご対応をして下さり3日ほどで手元に届きましたおねがいおねがい

大河原聖子先生からの手紙も同封されており、暖かいお人柄を感じました。

{57C91786-6106-43CC-A773-BAC47C3F4EEF}

教室の子どもたちと一緒にレッスンのなかでテーブルリトミックを楽しみながら心を育て、大きな世界感が育つよう、教材研究を重ねて行きたいと思います。

AD