100点でした♪

音楽科のある高校に進学したAちゃん。

毎朝始発の電車で朝練に通い、夜も遅くまで練習室に残って練習に励んでいるそうですウインク エライ!

夏休みに入り、期末試験の結果を報告してくれました合格

なんとビックリマーク楽典の試験で100点を取れたそうですクラッカークラッカー素晴らしい!!高校に入る前の3ヶ月、楽典の予習をしておいて良かった〜ラブラブ


授業でいきなり習うより、知識が少しあるのとないのとでは理解度が違いますからねてへぺろ


流石に音楽科。進路がはっきりしているので今から音大受験に向けて、大学見学ツアーなんかもあるそうで憧れの音大を見つけたら、とにかく邁進するのみアップアップ

私は高校1年の頃はまだ、天文学には物理だのなんだのって音楽のおの字も勉強してなかった…戻れるものなら戻ってもっとピアノに真剣に向き合いたい気もするショボーン
音楽科のAちゃんがちょっとうらやましくもあります。


さて、課題はソルフェージュの強化!
毎回レッスンで新曲視唱の特訓をしていきますよ!!





AD
バスティンピアノパーティBに進んでいる年長さんのEちゃん。

ピアノを習い始めて1年になりましたウインク

最近はお気に入りにの曲も出てきて、発表会前は朝起きて1番に弾いていたそうですラブラブ

これまで、まん中Cポジションに始まり、Cポジション、Gポジションと習って来ました。
バスティンではドレミを英語読みでもお勉強するので、少しずつ覚えてきています音譜

レッスンでは移調奏をCポジションとGポジションでしていましたが、あるレッスンで突然FやDポジションでも弾き始めましたえっ

家でも色んなポジションでも弾ける事を楽しんでいる様子に、お母様も驚いていらっしゃいました。


現在は固定五指ですが、色んな調の響きに早くから触れ合って、どんな調でも苦手意識なく弾けるようになれるといいね!
豊かな調性感覚で音楽も豊かにおねがい

まもなく#や♭も出てきます音譜
Eちゃんならきっとワクワクしながら進めていけると思います!




 
AD

昨日に引き続き、3歳さんのレッスンでの可愛らしい一面をご紹介しますおねがい


今日の3歳さんは男の子のUくんです。


Uくんは、おんぷの学校という教本を使用しています。

これは絵音符を使った教本です。


絵音符に合わせて、ドレミの音階を覚える為に毎回ドレミファソラシド体操をします。

ドレミファソラシド体操では、音の高さに合わせてハンドサインを交えて身体を上下させていきます。

始めの頃はお母様と一緒にハンドサインをしていましたが、徐々に1人でするようになった時、ファのところになると泣きそうな顔で不安を訴えていました。


小さいお子さんの場合、十分に使えていない身体の部位が認識できていない時があります。


保育士さんからも、身体を使った活動が十分に出来ると子どもたちも手や足、胴体がある絵を描けるようになると聞いたことがあります。


Uくんは当初、胸の位置が分からなかったんですね。だけどこの事がきっかけとなって、胴体を意識できる遊び…食いしん坊のゴリラなどの手遊びでドンドコドンとゴリラが胸を叩く仕草など、お母様もサッとアイディアを出して下さって翌週にはファのハンドサインも不安になりながらも1人でできるようになっていました。


そして現在ではニコニコ顔で1人でハンドサインを行っています。


そんなUくん、絵音符をしっかり目で追いながら少しずつメロディーのある曲を弾くようになりました。

2〜4小説程の曲ですが、ある日、新しい曲に入った時にいよいよUくんも絵音符を見ながら1人でピアノを弾くと、突然涙が溢れました。


嬉し泣きです。

よっぽど集中して頑張ったのでしょう。

気持ちが一気に溢れ出るように、弾き終わった瞬間泣いたのです。


頑張ったね、嬉しいねおねがいおねがい

思わず私も目頭が熱くなってしまいました。


3歳さんの成長はじんわりじんわり、栄養が身体の中に染み渡るように目には見えません。

それが、1年から2年後に開花する。


開花する瞬間を楽しみに、丁寧に丁寧にお水や栄養を愛情たっぷり注いでいきたいです。


那須塩原市ピアノガーデン音楽教室




AD