イエルク・デームス先生 安らかに | ピアノクリニックヨコヤマ最新情報
2019年04月19日

イエルク・デームス先生 安らかに

テーマ:ピアノクリニックヨコヤマNEWS

 

2019年4月16日、

イエルク・デームス先生が90歳で天寿を全うされました。

 

深夜の突然の訃報でした。

例えようのない不安と喪失感が押し寄せ、受け止めるのにしばらく時間が必要でした。

 

初めてお会いしたのは20年以上も前でした。

まだ若く、調律と音楽を愛する以外に何もない、一介の調律師である私を

ウィーン自宅や、ザルツブルグ、フランスの別荘に招待してくださいました。

ピアノコレクターの異名を持つデームス先生の夢のようなピアノ屋敷で、

博物館でもお目にかかれない貴重なフォルテピアノを、

毎年何十台と修理、調整、調律する機会を与えて頂きました。

イエルク・デームス先生の存在なくして、今の私はありませんでした。

 

私の小さなピアノ店を、こよなく愛してくださいました。

毎年春と冬に、魂を揺さぶる音楽を間近に聴かせてくださいました。

彼の演奏を聴くと、いつも涙が溢れて止まらなくなりました。

車道沿いの、雑音だらけの、ホールとはほど遠い環境にもかかわらず

来日前には必ず連絡をくださいました。

「ペテロ、今年も君の素敵なショールームで演奏できると嬉しいよ」

 

朝から録音、夜までコンサートというハードなスケジュールをこなした後

どんなに疲れていても、会えばいつもピアノ談義に花が咲き、

ついつい深夜までピアノについて語り合いました。

 

音楽とピアノが何よりも大好きで、

その熱狂ぶりや度合いが、共通していました。

そのような話をするときは、世界の巨匠であることを忘れて

率直に意見を交わし合いました。

 

彼の音楽は、いつも温かく、愛に溢れていました。

彼自身も面倒見が良く、大きな愛に溢れた優しい方でした。


共に過ごさせて頂いたかけがえのない思い出と

今も耳に残る珠玉の名演奏を胸に、

今後も彼の音楽を伝えていきたいとおもいます。

 

デームス先生に心からの尊敬と感謝を捧げます。

安らかにお眠りください。

 

有限会社ピアノクリニックヨコヤマ

横山ペテロ

ピアノクリニックヨコヤマさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント