毎年、9月1日は


「防災の日」です。




なぜ 、9月1日が防災の日なのかというと


ご存知の方がほとんどだと思いますが、


関東大震災がきっかけで制定されました





「防災の日」は、1960年昭和35年)に、内閣の閣議了解により制定された。9月1日の日付は、1923年大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんだものである。また、例年8月31日 - 9月1日付近は、台風の襲来が多いとされる二百十日にあたり、「災害への備えを怠らないように」との戒めも込められている。制定前年の1959年(昭和34年)9月下旬には、9月26日に上陸した伊勢湾台風が史上まれにみる被害をもたらした。





地震だけでなく、このシーズンは台風も


多く 、また先日も秋雨前線が線上降水帯


なり大雨が長く続き九州北部では家屋


などへの浸水で大きな被害がでました。





過去の震災や水害などを教訓に


万全な対策を備えておきたいですね☘️