テーマ:


大人の麦茶の朗読の時間

『DAY in A SUN ~一日だけ日の目を見る日~』

2014年4月

紀伊國屋ホール







劇団「大人の麦茶」

初の朗読


並木秀介さん(介組)
和泉宗兵さん(宗組)
宮原将護さん(将組)
岩田有弘さん(有組)

劇団員四名それぞれが
二人の客演さんを迎えておくる
塩田泰造さん書き下ろしの朗読



ハルヤ
ユイコ
フジオ
3人の


同じ物語





介組(天月さん&清水ゆみさん)

ピュアで繊細で幼さの残るハルヤ
嫌みのない純粋な可愛さのユイコ
たくましくあたたかいフジオ



宗組(鮎川太陽さん&柴田あゆみさん)

オドオドなハルヤ
天真爛漫なユイコ
頼もしいザ・兄貴のフジオ



将組(井上正大さん&浦野一美さん)

まっすぐで純粋な“男の子”のハルヤ
とっても“女の子”なユイコ
まっすぐに陰が見えるフジオ



有組(伊東歌詞太郎&梅田悠さん)

“自分”という芯を持つハルヤ
けなげさと強さを併せ持つユイコ
気を上げる明るさを持つフジオ






絵本のようなやさしい空間だったり
劇場にたくさんの笑い声が響いたり

その組によって
違う景色を観させてくれる
違う空気を、感じられる



同じで違う


豊かな物語

テーマ:


 
劇団「大人の麦茶」第二十一杯目本公演

『ゆびにのこるかおり』

2013年11月

紀伊國屋ホール







楽しいことばかりじゃない

嫌なことばかりでもない

どっちもあって



毎日

違う色に染まる

今日





何もかも覚えていない


真っ白な明日は


こわい?




何もかも忘れたい


真っ黒な昨日は


いらない?





どっちも


繋がる今日と


隣り合わせ









過去が繋がらない彼は

色を持たない




毎日


何色にでも染まりそうで


何色にも染まらない




月を写す水面のように



透明




向き合った人を


そのまま写す









毎日を失くしても


自分の色を


見失わない




そんな彼への


憧れ

テーマ:


WAKUプロデュースvol.18

『手つかずの空~Little wing 2013~』

2013年11月

赤坂RED/THEATER





通じる言葉を持ってるのに

なんで伝えないの?





通じる言葉って


言語じゃない



心が


伝わる言葉





伝えたい言葉は

無数にある言葉から



たくさん考えて


たくさん悩んで


たくさん迷って




たくさんたくさん


想いを込めて




選ぶ







だったら


受け止める言葉も

もっと

想わなきゃ



込められた想いを


感じなきゃ







心が届いて


はじめて


伝わる






心が届くなら


それが


通じる言葉