センター試験「物理」平成31年 | 高校物理発想法ーここが知りたかった!

高校物理発想法ーここが知りたかった!

「運動量保存の法則を使うときには、まず、働く力を内力と外力に区別し、外力がすべて一方向を向いていないか調べる」など、ここだけの高校物理のポイントをズバリ本音で指摘します。これで物理の得点UP!!


テーマ:

平成31年1月19,20日に大学入試センター試験が行われました。

 

今年は例年のような気象や交通機関のトラブルも聞かれずよかったんじゃないでしょうか。

 

定規使用の不正認定があった模様ですね。

 

当ブログで定規使用は禁止ですよとお知らせしましたが...

 

「物理」(「物理基礎」じゃないほう)ですが、今年は難易度は低かったと思います。

 

しいて言えば、ダイオードの問題(第2問A)ってどう解くんだあ~、という人がいたかも。

 

 

他、そうですねえ

 

レンズの倒立像は、上下だけじゃなく左右も反転する(第1問、問3)

 

光の屈折は、屈折率の大きい媒質側に引かれるように曲がる(光は大きい屈折率が好き、と覚える)(第3問A問2)

 

X線の問題は選択しなければいい(第6問)

 

・・・

 

 

それで、毎年注目している、ディメンションの異なる選択肢

 

選択肢の単位に注目するんですね

 

第1問の問4

 

長さを求める問題だから、答えの単位はメートル[m]じゃないといけない

 

で、選択肢を見ると

 

①~③の単位は[1/m]

④~⑥の単位は[m]

 

ということで、はじめから①~③は正解の候補から外れるわけです。

答えがわからなくて当てずっぽうで答える場合④~⑥を選ばないといけませんね。

 

もし選択肢の単位がすべて異なれば、

問題を解かなくても、単位をあわせるだけで正解が分かるのですが、

今年はそういう問題はありませんでした。

 

今年の選択肢の単位が異なる問題は3問

 

第1問の問4

 

第2問のBの問4

速さ[m/s]に合う選択肢は①⑤⑥のみ

 

第6問の問1のイ

選択肢が「E/h]と「h/E]に分かれています。振動数[1/s]に合うのは「E/h」ですね

プランク定数hの単位はジュール・セコンド[J・s]です。

 

 

皆さん、できはどうでしたか。

 

出来が悪かった人も

もう済んでしまったことは悔やんでも仕方がないので

前向きに切り替えて

出願なり、2次試験なりに向かって下さい

 

あと少し!最後まで走り抜けましょう!

 

(「化学」のレポートは後ほど)

 

 

大阪の高校物理家庭教師さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス