先日、久しぶりに4輪で出掛けました...

秋の西伊豆を満喫 sei

 

 

 

( 静岡県賀茂郡松崎町 石部の棚田 ) 

 

 

下田経由での帰り道、空気圧センサーの警告灯が点灯w

 

お出掛けの最後に嫌な感じの光景です。

取り敢えず、コンビニの駐車場に停めてタイヤを確認。

4輪ともパンクしている様な減り方をしている状況ではありません。

 

ランフラットだからかな? それとも自然減?

このまま帰る訳にもいかないので、最寄りのガソリンスタンドへ。

 

ガソリンを給油した後...

 

 

私:「警告灯点いちゃったんでコンプ借ります。」

従業員:「どうぞ~ 」

 

 

一通り充填してエンジンを再始動すると、警告ランプは消えました。

季節の変わり目に多いんですよね、反省汗

車から降りて、エアホースを巻き直そうと思ったら...

 

 

従業員:「消えました? 釘とか刺さってるか診ましょうか~?」

 

 

リフトアップして、状況を診てくれるとの事。

時間は10分位、費用はサービスというのでお願いしましたキラ

ありがたい事であります 感謝

 

 

 

 

 

 

しばらくすると...

 

従業員:「センサーが ”壊れてた” みたいっすね!」

私:「壊れてた? え~? なんで? 」

従業員:「説明しますので、よろしいっすかぁ~」

私:「ふ~ん、そーなんだー(棒)」

 

 

エアを充填した後、ディスプレイの空気圧警告灯が消えた事をしっかり確認済みの私...グラサン

 

 

もし、空気圧センサーが ”壊れていた or 電池が切れていた” のなら、エアを充填した後に、空気圧警告灯が消える事はありませんw

どんな説明をしてくるのかと思いながらピットへ...

 

 

ひらめき 県外ナンバーに仕掛ける新手の商法か?

 

 

 

 

 

 

奥に案内されると、作業中のタイヤ君が居ました。

しかも、タイヤに圧を掛けっぱなしで放置されてる...

 

”中途半端な仕事だなぁ~怒

 

バルブをよく見てみると...

必死で回したのでしょう、バルブコア側はナメ気味になってるw

これでは再使用できません...

 

ペンチで必死に抑えたのでしょう...

センサー側の付け根は、傷だらけになっちゃってますw

 

 

 

 

 

 

 

限りなく黒に近いグレー... オフホワイトではありませんw

これは証拠保全の必要あり、と判断w

スマホで撮影していると、動揺し始める従業員...

 

店長がやって来ると、目が泳ぎまくってるw

シドロモドロになりながらも 「空気圧センサーが ”壊れていて” 上手く外れず、このままではエアの充填が出来ない」 と主張し続けていますw

 

ランフラットなので、スペアタイヤは積んでいません。

 

乗って帰れないじゃん汗

こりゃ、外すしかない...

 

バルブ外しに参戦w

 

 

 

 

 

 

センサーを外し終えた時、”決定的証拠” を発見!

バルブコアがくっ付いたままのキャップとセンサーのツーショット↓

 

 

 

 

 

 

 

↑ ”キャップに虫が張り付いて抜けた状態” です。

 

最初にこの状態になってしまったとしても、エアバルブ自体からの空気漏れが発生していなければ、バルブコア(虫)だけの交換で済むはずですw

タイヤを剥いて、センサーまで外す必要は無い!(…と思うぞw)

 

 

不信感、MAXレベル グラサン

 

 

”ワザとやったのか? 単純ミスなのか? 工賃を稼ごうと思ったのか? それとも私が無知なのか?”

 

 

勇気を出して、店長さんに疑問をぶつけてみました。

”あくまで冷静に紳士的” にw

”クレーマーの類に思われたくない” ですからね...

 

 

  1. 自分で充填した後、警告ランプは消えた事。
  2. エアバルブ自体からの漏れは確認したのか?
  3. そもそも、虫の交換だけの話ではないのか?
  4. センサーを外すなら、一声掛けるべきでは?
  5. 作業判断は店長が認めた事なのか?

 

 

明らかに狼狽した顔をする従業員...

それを見て、怪訝な表情を隠そうともしない店長...

 

 

私 : 「空気圧センサーが ”壊れてしまっていた” のなら、充填した後に警告灯が消える事はないよね。 私さ、エアホースを片付ける前に、消えた確認しているんだけど... 君も、消えました? って私に聞いてくれたよね?」

 

従業員:「あ、あの、はい...」

所長さん:「防犯カメラを確認してきてもいいですか?」

 

私:「どうぞ。」

 

 

事務所へ入っていく2人。

暫くすると、恐縮顔で戻って来た所長さん...

 

「大変申し訳ありませんでした。 お客様のおっしゃる通りです。 店側の落ち度ですのでお詫びしますm(__)m

 

所長さんは名刺を出しながら...

誤解を与える対応だった事、親切心が仇になってしまったと思って欲しい事、部品代と交換工賃は店に負担させて欲しい旨を丁重にお話しくださいました。

 

 

どうやら、店ぐるみでは無さそうです。

不信感レベルが急速に下がった私w

 

 

”銭金の問題ではなく、ミスしたかもしれない事を部品に責任転嫁する様な言動が、とっても気になっただけ” という事を所長さんに伝えると、”今回の事は従業員教育に役立てる” との返答をいただきました

 

従業員が対応を間違えると、”会社の信用が吹っ飛ぶ” という事を所長さんはしっかり理解なさっていました。

 

その後、センサーなしのエアバルブを付けてもらい自宅へ...

しかし、警告灯が点きっぱなしの状態で高速道路を走るのは、精神衛生上とても良くないですねw

 

 

 

 

 

 

”ディーラーで空気圧センサーの交換” & ”ガソリンスタンドに部品工賃の請求” をしなければなりません...

休日が丸々潰れます... むかっ

 

 

あぁ、俺の休日を返せ~怒

 

 

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-

 

 

 

それでは、また来週 sei
↓気が向いたら、ポチッとな (笑)

 

 

AD

コメント(2)