ふたりカフェ Vol.27 |  ~優しい贈りもの~ミディアムメッセンジャーJun

 ~優しい贈りもの~ミディアムメッセンジャーJun

サイキックミディアムとして、リーディング、ミディアムシップ、ヒーリングなどを行っています。
ミディアムメッセンジャーとして、ガイドからのメッセージをここに綴りお伝えします。


テーマ:
{4C0F9CD8-EA0B-41CF-8248-226518BE9170:01}

愛された犬がいた。

その子の名前はもも。

13才8ヶ月で旅立った、コーギー。
あなたがこの世を去って、今日で一週間になるね。

近所で、彼女のことを知らない人はいなかった。

人間の話をとっても理解する子で、新聞などをくわえさせて、だれだれに持ってって!というと、カツカツ足音をたてて、持って行ってくれる。

餌を食べ終わると、一緒に暮らしていた他の3匹の餌の器も、くわえて、回収してきてくれる。

本当にお利口さんなんだぁ。

ももは、旅立つ1ヶ月前に、寝たきりになり、もう今夜ですね。という状態になり、私は一晩、ももを抱きしめ、ヒーリングしながら眠りにつきました。

すると、意識のなかったももが、歩き出し、日に日に元気になりました。

この1ヶ月は、走り回るようになりました。
ももは、私に最後の時間をくれたんですね。

そして、また、私が留守の間に、突然、動けなくなり、病院で点滴のため1日入院をしました。

もう、ももの旅立ちを知った私は、母に連れて帰ってきて。と頼みました。
私はその日、朝から夕方まで仕事で、私が帰宅する1時間前に、ももも帰宅したみたく、母から電話で「何時に帰ってくるの?もも、目をつぶったら死んじゃいそう」と。
私は仕事を終え、急いで帰宅しました。

ももは、自力で身体を起こしていた。
あたりを最後に見渡していたそうです。

そして、帰宅した私は離れたとこから「もも」と呼んだ。

ももは、私の方を向いた。

それから、ずっとももの隣から離れずにいたよ。

そのうち、ももの意識は遠のいた。

いっぱいの人が会いにきてくれた。

両親も寝て、私は、ももを触りながら横になった。

あ、もう旅立つ。と感じたので、私はももにいっぱい話しかけた。

「約束守れたかな?」
「幸せだった?」
「愛してるよ」
「ありがとう」と…

私は意識がないであろうももだけど、最後に壁を見て、旅立たせるのがいやで、ずっとももの目に映り込んでいたんだぁ。

あと、数回の呼吸で、この子が旅立つと感じた時、両親を大声で呼び、起こした。

そして、私たち三人に抱きしめられた中で、ももは、最後のひと呼吸をして、安らかに眠った。

彼女のもとには、多くのひとが集まる。

{2C8BD1E1-4A34-4A45-BB5B-9D0C9FDD1840:01}

それは、亡くなったあとも。

いっぱいの人が来てくれて、おやつやお花をお供えしてくれたり、涙をながしてくれる。

今日は珍しく朝、他の子の散歩に行ったら、犬の散歩をしている、おばちゃんから声をかけられた。

「ももちゃん、残念だったね。でも、普通、あれだけしてあげられないから、ももちゃんは幸せだね。そうそう、この前手を合わせに行かせてもらった時、びっくりしたの。ももちゃんのお骨の前で、うちの子が、ちゃんとお座りしたの。そしたら、お宅の3匹のわんちゃんも並んで、みんなももちゃんの方をむいて、お座りしたの。」と言われた。

母に聞いたら「そうなの!あれはすごかった。」といっていました。

犬なりの何かがあるのかもしれないね。

どこへいっても「もも」は声をかけられ、今もなお「ももちゃん」って、毎日どこかで、誰かに思い出してもらえてる、ももの偉大さを感じています。

ももに報告があるよ!
あなたの息子の「元気」は、強くなりました。

あなたがその身体から離れてからの数日、元気はちょっぴりさみし気でした。

いつも、お母さんである、あなたが守ってあげてたね。

いつも、耳や身体を舐めて、綺麗にしてくれるお母さんがいないことが、さみしかったんでしょう。

でも、姿を変えて、そばにいることに今は気づいたみたいです。

いつも颯太にやられっぱなしだったけど、最近では、向かっていくようになったよ。

散歩のときも、少し怒ると、顔色を見ていた彼が、今日は言うこと、あんまりきかなくて、困ったけど、なんだか嬉しかったよ。

これからは、私があなたの代わりに、他の子たちに、いい子いい子して、毎日キスするからね。

私はこれだけ愛され続ける、あなたの人生のほとんどを共に過ごせたことを嬉しく思ってます。

もも、ありがとう!
これからも、よろしくね。

愛するももへ…
これからも、 あなたと共に、愛を伝え続けていくからね。

By   愛犬 もも    &     Jun




Jun(こばじゅん)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス