ふたりカフェ Vol.16 |  ~優しい贈りもの~ミディアムメッセンジャーJun

 ~優しい贈りもの~ミディアムメッセンジャーJun

サイキックミディアムとして、リーディング、ミディアムシップ、ヒーリングなどを行っています。
ミディアムメッセンジャーとして、ガイドからのメッセージをここに綴りお伝えします。


テーマ:

今日のゲストは、師匠こと坂田さん



仕事で、島田に行ってきました。

長い空き時間があったので、島田在住の坂田さんに声をかけたら

快く付き合ってくれました。



温かい足あとを残したくて・・・


彼女とふたりで会うのは初めて。

彼女とは職場が同じで顔見知りな関係。


でも、実際お話することは、あまりなく、今日、初めて彼女のことを知った。

温かい足あとを残したくて・・・


3歳の時から、バレエをやっているという彼女。

何かを続けるってすごいなって思う。


そして、とっても可愛らしい声の持ち主。


今日は、私が知らなかった笑顔を、いっぱい見せてくれた。


面白い写真を、嬉しそうに見せてくれる姿は

まるで小動物のように、可愛かった。




温かい足あとを残したくて・・・


ふたりで飲んだ缶コーヒー


彼女は言った。

「ブラックが飲めるのってかっこいいですよね。」

「いつかブラックコーヒーが飲める大人になりたい」と。


私は、幼い子供を見るような眼差しで彼女を見ていた。

そして、優しい気持ちになれた。

温かい足あとを残したくて・・・


彼女は、昔、コンビニの前によく座ってしたそうで・・・

今日も、そんな風に座ってもらった。

「おっ、似合うねぇ~」というと・・・

甘い甘いミルク入りコーヒー片手に、大笑いしていた。


ちょっとグレていたという彼女。

「楽しいからやっていた。」

そんな風に言っていた。

温かい足あとを残したくて・・・


楽しむことはいいことだね。


今の彼女は 楽しいからやるというより、

自ら楽しいものを創り出し

その瞬間瞬間を楽しんで生きているように見えた。


そして、最後のカット・・・

目の前にあるゴミ箱さえも、
綺麗な景色に変えてしまう

そんな素敵な笑顔を見せてくれた。

Jun(こばじゅん)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス