松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~

創造芸術は人間の根源的な表現欲求と知的好奇心の発露の最も崇高な形。音楽家・作曲家を目指す貴方、自分の信じる道(未知)を進んでいきましょう。芸術・音楽・文化と共に東日本大震災を乗り越えよう~頑張れ日本!〜がんばろうニッポン!


テーマ:
今日はこのシリーズの初演済の中の最新作、
《フォノ ⅩⅣ》~チェロ独奏の為の断章~の紹介です。

深新會第34回作品展で発表する作品を書くにあたって、
このPHONOシリーズのヴァイオリン(第7番)と
ヴィオラ(第13番)に続く弦楽器のための独奏曲として、
チェロを選びました。

初演を託した演奏家は、以前から拙作の演奏を
お願いしたかった気鋭の俊英=多井智紀氏でした。
私の期待を超えるような、正に鬼神といった様相の
壮絶な初演となりました。

曲は、弓を使わずに打楽器のような導入部が続く中で、
やおら両手に弓を持って演奏する部分が交錯するようになり、
次第に楽音らしき音も散見されるようになります。
やがて琵琶を思わせる楽想に入っていきます。
そしてチェロの音色をたっぷり聴かせる"歌"が紡がれますが、
何度も凶暴なピチカートによる和音で中断されながら
クライマックスに向かっていきます。
そして、超新星爆発の後の時空に漂うような
残映のような音楽が微かに続いて全曲を閉じます。

深新會第34回作品展

### PHONO XIV
       - Movement for Violoncello solo ###
    フォノ第14番~チェロ独奏の為の断章~
             (2016)   

       <深新會第34回作品展出品作品>

演奏時間:約12分

初演:2016年12月7日 
   東京オペラシティ リサイタルホール
    <深新會第34回作品展>
      (主催:深新會)
               
演奏:多井智紀

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この私のPHONOシリーズは未出版のものが多いので、
楽譜をお求めの方は、直接ご連絡をいただくか・・・
「マザーアース株式会社」(Tel:03-3455-6881)
を通してお問い合わせください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

そして、まだ私が独奏作品を書いていない多くの楽器の為に、
このフォノ・シリーズを書き重ねていきたいと考えています。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はこのシリーズの最新作、《フォノ Ⅻi》
~ヴィオラ独奏の為の瞑想曲~の紹介です。

私が高校生で氏が某大学在学中の頃から知己を得ていて、
共通の恩師に薫陶を受けながら音楽家への道を歩んできた
小野富士さんに初演していただくために、
この夏から秋にかけて書き下ろした作品です。

小野富士さんは、N響の副主席ヴィオラ奏者として、
また日本で最も熱い活動を展開している弦楽四重奏団
モルゴーア・クァルテットのヴィオラ奏者として、
著名な方ですので、ご存知の方も多いことでしょう。

もう40年に及ぶ知人ですので、
以前から氏のために作品を書こうと思っていたのですが、
今般ようやく実現することができます。

曲は、前半部が形而上的な音楽で、冷徹に推移しますが、
やがてカデンツ様のブリッジを経て、
静かに、しかし心熱く歌う、瞑想曲に入っていきます。
ヴィオラの持つ深みのある熟音とでも言うべき音色と
音楽そのものに籠った情念を感じ取っていただければ幸いです。

アンデパンダン展第2夜

### PHONO Ⅻl
       - Meditation for Viola solo ###
    フォノ第13番~ヴィオラ独奏の為の瞑想曲~
            (2015)   

       <小野富士氏協働制作作品>

演奏時間:約13分

初演:2015年11月19日 
   東京オペラシティ リサイタルホール
    <現音・秋に音楽展2015>
    ~アンデパンダン展 第2夜~
    (主催:日本現代音楽協会)
               
演奏:小野富士


曲は、前半部が形而上的な音楽で、冷徹に推移しますが、
やがてカデンツ様のブリッジを経て、
静かに、しかし心熱く歌う、瞑想曲に入っていきます。
ヴィオラの持つ深みのある熟音とでも言うべき音色と
音楽そのものに籠った情念を感じ取っていただければ幸いです。

尚、この作品の初演の演奏のライヴ録音が、
このほどナクソス・ミュージック・ライブラリーで
お聴きいただけることになりました。
URL:http://ml.naxos.jp/label/GON

そして、まだ私が独奏作品を書いていない多くの楽器の為に、
このフォノ・シリーズを書き重ねていきたいと考えています。
  
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この私のPHONOシリーズは未出版のものが多いので、
楽譜をお求めの方は、直接ご連絡をいただくか・・・
「マザーアース株式会社」(Tel:03-3455-6881)
を通してお問い合わせください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はこのシリーズの中では特に珍しい楽器に焦点を当てた
《フォノ Ⅻ》~バンドネオン独奏の為に~の紹介です。

2013年11月に開催された洗足学園音楽大学
シルバーマウンテン・オープニング・シリーズ公演
<平田耕治凱旋公演@シルバーマウンテン
     ~バンドネオンの伝統・現在・未来>
の為に作曲して初演された作品です。

SMC11/17バンドネオン公演

### PHONO Ⅻ
       - for Bandoneon solo ###
    フォノ第12番~バンドネオン独奏の為に~
            (2013)   

       <平田耕治氏協働制作作品>

演奏時間:約6分

初演:2013年11月17日 
   洗足学園音楽大学シルバーマウンテン1F
   <平田耕治凱旋公演@シルバーマウンテン
     ~バンドネオンの伝統・現在・未来>
    (主催:洗足学園音楽大学・大学院)
               
演奏:平田耕治

再演:2013年12月18日(水)/ 公園通りクラシックス
 <DEEP&NEWインパクト・ライヴ@公園通りクラシックス>
        ~深新會音楽番外地vol.1~
          (主催:深新會)

DEEP@NEWチラシ更新版

曲は、レチタティーヴォ風の前半部と
ゴリゴリと前進するプログレッションの後半部という
二つの要素が対照される構成になっています。

気鋭の若手奏者=平田耕治さんを現代音楽の世界に誘うこと、
そして現代音楽ファンにもバンドネオンの魅力を伝えること
の両面を念頭に置いて書いた作品です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この私のPHONOシリーズは未出版のものが多いので、
楽譜をお求めの方は、直接ご連絡をいただくか・・・
「マザーアース株式会社」(Tel:03-3455-6881)
を通してお問い合わせください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

・・・初演コンサート当日のディスプレイ・・・
松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-SMC11/17ディスプレイ

・・・平田耕治クァルテートの演奏風景・・・
松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-平田耕治クァルテート演奏風景

・・・シルバーマウンテン夜景・・・
松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-SMC11/17ディスプレイ
$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-シルバーマウンテンとe-cubeの夜景
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、このシリーズ初の邦楽器独奏作品、
《フォノ Ⅺ 》~二十絃箏独奏の為に~の紹介です。

高尾山上の紅葉

私の《フォノ》シリーズについて、今月の記事の中で
既に第1番から第10番までご紹介してきました。
そしていよいよ第11作の紹介です。

### PHONO ⅩⅠ
       - for Twenty-stringed Koto solo ###
    フォノ第11番~二十絃箏独奏の為に~
            (2012)   

<吉村七重氏協働制作作品~
  日本現代音楽協会「朝日現代音楽賞受賞記念演奏会」
      &深新會作品展発表の協働プロジェクト作品>

演奏時間:約13分

初演:2012年10月26日 
   東京オペラシフィ・リサイタルホール
   <深新會第32回作品展>(主催:深新會)
               
演奏:吉村七重

再演:2013年2月24日(日)/ JTアートホール
 <吉村七重リサイタル
   ~朝日現代音楽賞受賞記念演奏会>
         (主催:日本現代音楽協会)

############################

曲は、イントロダクション~アリア~プログレッション~
エピローグという性格の異なる4つの部分が
切れ目無しに演奏される音楽になっています。

吉村七重さんの見事な演奏によって、
拙作に息吹が副込まれた瞬間は、
正に作曲家冥利につきるものでした。
再演は更に見事な演奏でした。

そして、まだ私が独奏作品を書いていない多くの楽器の為に、
西洋楽器にも邦楽器にも、このフォノ・シリーズを
書き重ねていきたいと考えています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この私のPHONOシリーズは未出版のものが多いので、
楽譜をお求めの方は、直接ご連絡をいただくか・・・
「マザーアース株式会社」(Tel:03-3455-6881)
を通してお問い合わせください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


今日の写真は、楽譜をイメージしたスウィーツ、
遊び心満点の一皿のカットにしましょう。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-ソースの五線紙とパイのト音記号
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2011年2月17日(金)に京都芸術センターで開催された
<宮本妥子パーカッション・リサイタル>で
初演された作品です。
そして、マザーアースから楽譜が出版されています。
また、昨年の3月10日に上野信一氏によって
これまた素晴らしい演奏に恵まれました。

現代2015第4夜

フォノⅩ~打楽器独奏の為の狂詩曲<π>(2011)

この作品は、随分前に作曲した打楽器独奏作品=
<パルサー>を解体・再構成して作曲したものです。
この先作があまりに難曲かつ長大であるために、
委嘱者である上野信一氏によって
折りに触れて内外で演奏されている以外には
滅多に演奏されないのです。
そこで、もう少し現実的に演奏可能な範疇の
難易度の作品を書きたいと考えていたのです。

そのような想いを胸中に抱えていたときに、
折しも日本現代音楽協会の関西企画で
気鋭の打楽器奏者=宮本妥子さんをフィーチャーした
京都での演奏会の開催が決定して、
私にも作品発表の場をいただけることになりました。
この新作を書く絶好のチャンスが到来したのです。

作品のタイトルは、
私の独奏作品シリーズに加えようと考えて
<フォノ>の第10作ということになりました。

この作品は一応五線紙上の記譜されていますが、
時間の進行のマネージは奏者に一任されています。
曲の終盤の畳掛けるようなフィナーレを除いて、
何分音符といった定量的な記譜にはしていないのです。

曲の大部分を占める前半は、
脈動(パルス)が繰り返される中で、
完全な乱数である超絶数になっている円周率=πを活用した
乱数によって決定された打撃がひたすら繰り返されます。
しかも楽器は前後左右4組に配置され、
演奏者にはどの向きの楽器群でその場面を演奏すべきか
ということは全て楽譜に記載・指定されています。
膨大な(厳密な意味での反復ではない)繰り返しの中で、
次第に演奏者も聴衆も陶酔状態になり、
そのピークで楽想の位相が転換して、
一定の高速ビートに乗って熱狂的な後半部に突入して、
一気呵成に全曲を閉じます。

このような経緯から~打楽器独奏の為の狂詩曲<π>~
という副題が付されたタイトルになっています。

### PHONO Ⅹ
      - Rhapsody for Percussion solo <π> ###
   フォノ第10番~打楽器独奏の為の狂詩曲<π>
            (2011)   

 <宮本妥子パーカッションリサイタル~閾を越えて~>
           出品作品

演奏時間:約12分

初演:2012年2月 京都芸術センター・フリースペース
   <宮本妥子パーカッションリサイタル~閾を越えて~>
   (主催:日本現代音楽協会 共催:京都芸術センター)
               
演奏:宮本妥子

############################

この宮本さんによる初演は、正に神懸かり的な名演でした。
今想い出しても鳥肌が立つような、凄い演奏でした。

YouTube / フォノⅩ percussion solo



今日の写真は星野洞そのものではなく、
星野洞の在る南大東島の青い海と蒼い空の絶景!
といきましょう。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-南大東島の青い海と空
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
この作品は、上野の森ブラス(金管五重奏団)の
コンサート・マスターとしての活躍から、
現代音楽界での縦横無尽の活躍まで、
多彩な活動を精力的に展開されているトランペット奏者=
曽我部清典氏との交流の中から誕生した協創作品です。

曽我部さんにはそれまでにも何曲もの
室内楽作品や室内オーケストラ作品の初演等で
お世話になってきていたのですが、
トランペット独奏作品は
まだ氏の為に書いてはいなかったので、
この作品で遂にそれが実現したという訳です。

日本のみならず、韓国や香港等、世界各地で
演奏会やワークショップを行なっておられる
曽我部さんからのリクエストに応える形で、
背景電子音楽を伴うヴァージョン=
<RESONANT SOLITUDE Ⅱ for Trumpet
with Back-ground Electronic Sound>
と同時進行で作曲しました。

その他、二重奏作品シリーズの一環として誕生した
<DISTRACTION Ⅳ for Trumpet and Piano>
も含めて、曽我部さんには、折りに触れて、
これらの作品を各地で演奏していただいています。

##### PHONO Ⅸ for Trumpet solo #####
    フォノ第9番~トランペット独奏の為に
          (2003)   
     曽我部清典氏との共同制作作品

演奏時間:約9分

初演:2003年11月 韓国・ソウル
Kookmin university, college of music
<PAN MUSIC FESTIVAL 2003>
   Brass Extreme Tokyo / Workshop           
演奏:トランペット=曽我部清典

#########################

このブログの右側BOOKMARKから曽我部清典さんの
HPにジャンプできますので、一度訪ねてみてください。
素晴らしい情報の宝庫です。
このような演奏家に居ていただけることに、
心から感謝したいと思います。

<PHONO>シリーズは、2013年12月現在、
この第12作まで発表しています。
来たる11月19日には第13作が初演されます。
今までのリストに無い楽器の為に今後も書き続けて、
主要楽器を網羅できればと考えています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この私のPHONOシリーズは未出版のものが多いので、
楽譜をお求めの方は、直接ご連絡をいただくか・・・
「マザーアース株式会社」(Tel:03-3455-6881)
を通してお問い合わせください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この記事シリーズの写真はほぼ一貫して
南大東島の星野洞の鍾乳石の不思議、
自然の造形の驚異をご紹介してきました。
これで一先ず見納めといたしましょう。
ブルーのに照らされた幻想的なコーナーのカットです。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-ブルーにライトアップ~星野洞
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
この作品は、気鋭のトロンボーン奏者=村田厚生氏との
交流の中から誕生した協創作品です。
<RESONANT SOLITUDE Ⅰ for Trombone
with Back-ground Electronic Sound>
を、村田氏の委嘱で作曲した際に、
背景電子音楽を伴わない状況でも演奏可能な
2way作品にしようと考えて作曲にあたり、
この作品も同時に誕生したという訳です。

この独奏版の初演では、最後の部分をピアノという楽器を
反響物体として活用するという
その場の判断での演出も加味したものとなりました。

##### PHONO Ⅷ for Trombone solo #####
    フォノ第8番~トロンボーン独奏の為に
          (2001)   
     深新會第27回作品展 出品作品

演奏時間:約10分

初演:2001年11月 すにだトリフォニーホール(小)
   深新會第17回作品展            
演奏:トロンボーン=村田厚生

#########################

トロンボーンの持つ美点と個性、
クセのない伸びやかな音色、広範な音域、
スライド機構による自在なグリッサンド、
等といった点をフル活用して、私は作曲にあたりました。

この第8作(トロンボーン版)と
次回に紹介する予定の第9作(トランペット版)は、
現代音楽作品への積極的なアプローチを続けておられる
気鋭の奏者の存在があればこそ誕生した作品です。

このブログの右側BOOKMARKから村田厚生さんのHPに
ジャンプできますので、一度訪ねてみてください。
素晴らしい情報の宝庫です。
このような演奏家に居ていただけることに、
心から感謝したいと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この私のPHONOシリーズは未出版のものが多いので、
楽譜をお求めの方は、直接ご連絡をいただくか・・・
「マザーアース株式会社」(Tel:03-3455-6881)
を通してお問い合わせください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


今回も、南大東島の星野洞の鍾乳石の不思議、
自然の造形の驚異の写真です。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-鍾乳石の不思議な造形
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
この<フォノ>シリーズは、主要な楽器全てを網羅するまで、
ライフワークとして書き続けようと考えています。

この第7作は、そういった趣旨の下に、
初演が決まる前の段階から、
ヴァイオリンとピアノの為の作品<DISTRACTION Ⅲ>を
作曲した際に、同時に書き始めて暖めていたものでした。
結局、初演の機会は、日本現代音楽協会と朝日生命ホールの
共同企画<日本の現代室内楽の夕べ>が浮上して、
ようやく設定されることになり ました。

この演奏会では、武満徹・湯浅譲二・松平頼曉・
中川俊郎・松尾祐孝・三善晃、という顔ぶれの作曲家の
室内楽作品がプログラミングされました。
当時、日本現代音楽協会の事務局長であった私が、
企画担当を務めてコーディネイトしました。

大企業が文化的なメセナとして少々の資金と会場を
提供して行なっているから(有り難く思え)・・・
というようなホール企画室側の高慢な姿勢が
折々に見え隠れしていたので、
準備の段階でかなり難渋した記憶があります。

####### PHONO Ⅶ for Violin solo #######
     フォノ第7番~ヴァイオリン独奏の為に
           (1999)
  日本の現代室内楽の夕べ 出品作品

演奏時間:約8分
初演:1999年6月 朝日生命ホール(東京・新宿)
   朝日生命ホールのひととき
   日本の現代室内楽の夕べ PART59            
演奏:ヴァイオリン=松原勝也

##########################

初演の演奏を担当していただいた松原勝也氏は、
日本のオーケストラ界ではコンサートマスターとして
若くから著名であったと同時に、
ハレー・ストリング・カルテットで颯爽とデビューを
果たして、室内楽の分野にも新風を吹き込み、
更には現代音楽界にも非常に大きな貢献を果たしている
頼もしく素晴らしい音楽家です。
この作品の初演も、数列を応用した複雑な構成を持ち
左手のピチカートを駆使する難曲であるにも関らず、
飄々とした演奏で、この曲の持つメカニカルでありそうで
実は素朴な楽想を有するという作品像を、
一気に浮かび上がらせてくれました。感謝!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この私のPHONOシリーズは未出版のものが多いので、
楽譜をお求めの方は、直接ご連絡をいただくか・・・
「マザーアース株式会社」(Tel:03-3455-6881)
を通してお問い合わせください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


今回の写真も南大東島は星野洞の自然の造形ですが、
このカーテン状の鍾乳石は、非常に珍しく美しいものです。
西表島に自生する"サキシマスオウ"という
熱帯植物があるのですが、
その板状の根の形状に実によく似ているように
私には思われてならないのです。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-珍しいカーテン状の鍾乳石
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
1987年から1990年にかけて、私は、
日仏現代音楽作曲コンクール特別賞受賞(1985年)と
その副賞としての個展開催(1986年)の縁を契機として、
<PHONOSPHERE MUSICALE CONCERT SERIES>を、
東京日仏学院ホールを拠点として、主催していました。

その最後の第4回演奏会(1990年)で初演となったのが、
この<フォノ>シリーズの第6作です。

####### PHONO Ⅵ for Flute solo #######
     フォノ第6番~フルート独奏の為に
           (1990)
 PHONOSPHERE MUSICALE CONCERT SERIRS vol.4    
          出品作品

演奏時間:約10分

初演:1990年3月 東京日仏学院ホール
PHONOSPHERE MUSICALE CONCERT SERIRS vol.4             
演奏:フルート=田中隆英

再演:1995年2月 東京
小泉 浩 現代日本のフルート作品連続演奏会 vol.5
演奏:フルート=小泉浩

##########################

初演の演奏を担当していただいた田中隆英氏は、
日本の現代音楽界に室内オーケストラを
あらためて定着させる事に大きな貢献を果たしている
アールレスピランを、
作曲家メンバー代表の安良岡章夫氏と共に
演奏家代表として切り盛りしておられる方です。

田中さんにお願いすると、必要に応じた楽器編成を
若手俊英でコーディネイトしていただけるので、
これまでに私も様々な公演や企画で、
随分とお世話になってきました。

勿論、ご自身の演奏や現代作品への取り組みの姿勢も
素晴らしいものがあります。
この作品の初演も、気迫に満ちた好演で飾っていただいた。
感謝!

その後、日本の現代音楽界の重鎮であられる
小泉浩氏が敢行された今や伝説とさえ言える
「現代日本のフルート作品連続演奏会」に
プログラミングしていただきました。
小泉氏に演奏していただいた上にご助言をいただいた経験は、
若き日の私にとって宝物のように貴重なものとなりました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この私のPHONOシリーズは未出版のものが多いので、
楽譜をお求めの方は、直接ご連絡をいただくか・・・
「マザーアース株式会社」(Tel:03-3455-6881)
を通してお問い合わせください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


今回も写真は南大東島は星野洞の造形の不思議です!
下から上の成長する石筍・・・本当に不思議です。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-星野洞の石筍の様々な表情
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
この<フォノ>シリーズ誕生に関りのあった
演奏家=藤井むつ子さんの為に、
いつかは必ずマリンバ独奏曲を書かなくてはと
考えていた私は、ようやく1989年になって、
それを実現することができたのでした。

打楽器としてのエネルギッシュな打撃性のみならず、
柔らかいマレットやトレモロが織りなす柔軟で繊細な
響きの彩にも焦点を当てて、この作品を書き上げました。

初演は、深新會作品展でしたが、何と、
作曲者自身としても凄く楽しみにしていた初演を、
聴くことができないという事態が発生。
当日同時刻に他のイベントで、
自作の合唱曲を指揮しなくてはならなくなっなのでした。
勿論それでも、藤井むつ子さんに初演によって、
この作品はしっかり船出を飾れたのですが・・・
藤井さんに素敵なパフォーマンスを聴き逃した
(見逃した)ことはやはりとても残念でした。

その後、折りに触れて、藤井さんやそのお弟子さんに
この作品を演奏していただいていますが、
初演当時に若手注目株であった高田亮氏が
この作品に注目してくださり、
リサイタルでの上演とCD収録をしてくださいました。

##### PHONO Ⅴ for Marinba solo #####
    フォノ第3番~マリンバ独奏の為に
          (1989)   
     深新會第17回作品展 出品作品

演奏時間:約12分

初演:1989年4月 こまばエミナース
   深新會第17回作品展            
演奏:マリンバ=藤井むつ子

再演:1993年10月 北沢タウンホール
   高田 亮 マリンバ・リサイタル
   ~マリンバの楽しみ Vol.2~
演奏:高田 亮

CD:「高田 亮 Rush Out」
   CAFUA / CACG-0014

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-高田亮CD「Rash Out」

更に、気鋭の若手奏者=関聡さんのリサイタルで
2012年の春に久しぶりに演奏されました。

松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-関聡チラシ表面

<関聡ソロ・パーカッション・デビュー・リサイタル>
2012年3月6日(火)19:00開演
横浜みなとみらいホール(小ホール)
入場料:2500円(全指定席)

石井真木 / Thirteen Drums ~打楽器独奏のための
松尾祐孝 / PHONO Ⅴ ~for Marimba solo
John Psathas / Matre's Dance
福士則夫 / グラウンド~ソロ・パーカッションのための
A.Jolivet / Concerto pour Percussion 他

YouTube / PHONO Ⅴ for solo Marimba
       /Masataka Matsuo



関連情報をここで・・・
このシリーズ第10作の打楽器独奏曲
<PHONO Ⅹ>~打楽器独奏の為の狂詩曲<π>(2011)の
楽譜が、マザーアースから出版されています。

その他のPHONOシリーズは未出版のものが多いので、
楽譜をお求めの方は、直接ご連絡をいただくか・・・
「マザーアース株式会社」(Tel:03-3455-6881)
を通してお問い合わせください。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。