• 16 Jan
    • 私の初詣スポットvol.3~千足八幡神社(洗足池八幡宮)

      皆様、今年の正月は以下かお過ごしでしたか。私は、初詣を三箇所お参りしました。その三番目は、私が生まれた頃にすぐ近くに住んでいた千足八幡神社(洗足池八幡宮)でした。小高い山のような境内には、鳥居をくぐってアプローチしていきます。社殿で御参りをした後、御守りをいただいて、更におみくじを引きました。おみくじは"大吉"でした!

      テーマ:
  • 15 Jan
    • 私の初詣スポットvol.2~江島杉山神社

      皆様、今年の正月は以下かお過ごしでしたか。私は、初詣を三箇所お参りしました。その二番目は、江の島の江島神社が分詞されている江島杉山神社でした。両国駅から徒歩10分位の市街地の狭間に在る小さな境内の神社ですが、実は霊験あらたかなパワースポットです。最近改築された社務所はモダンですが、あとの建物は古刹の雰囲気満点です。お手水、池と太鼓橋など、箱庭のような境内です。太鼓橋の袂から左に進むと・・・宇賀神様が祀られている岩屋もあります。社殿で御参りをして、御守りをいただきました。しっかりパワーをいただきました。

      テーマ:
  • 13 Jan
    • 私の初詣スポットvol.1~雪ヶ谷八幡神社

      皆様、今年の正月は以下かお過ごしでしたか。私は、初詣を三箇所お参りしました。まず最初は地元の氏神様=雪ヶ谷八幡神社でした。都心から程近い東京23区内にありながら、鬱蒼とした木立の中に囲まれた境内の風情は凛としていて時おり映画やテレビドラマのロケに使われたりしてもいる素敵な神社です。正面鳥居をくぐって暫く進んだ左側には、大横綱=大鵬の直筆揮毫を彫り込んだ"出世石"があります。相撲ファン必見のスポットです。さて、木立に包まれた境内を進んでいきましょう。やがて、お手水や舞殿がある広場に出ます。そして、最後の鳥居をくぐって階段を上がると、社殿に至ります。社殿では、しっかりお参りをしてきました。そして、御守りをいただき、とおみくじをひいて、初詣で一箇所目を清々しく終了しました。おみくじは"小吉"でした。

      テーマ:
  • 10 Jan
    • 愛車の走行距離が12万キロを越えました!

      昨年の暮れ、クリスマス過ぎに、愛車の走行距離が12万キロになりました。およそ地球三周を走ったことになります。十数年を経過したモデルですが、まだまだ車体剛性もしっかりしていて、よく走ってくれます。これからもよろしくね!愛車君!

      1
      テーマ:
  • 02 Jan
    • 正月は手製の晩餐でノンビリ・・・

      正月の晩餐は、普段は多忙でなかなかできない料理に少々力を注いで、自分が納得できるものを食べることを心がけている私です。今夜は、豚生姜焼き定食をアレンジして、手製の晩餐をいただきながら、テレビや映画でカウチといった趣です。豚生姜焼き、お雑煮、数の子が、完全手製です。ハイボールをチビチビやりながら、ゆったり正月の晩餐です。

      テーマ:
    • 年頭に寄せて・・・音楽〜空間〜書〜俳句

      年頭に寄せて・・・このブログで何度も言っていることですが、私は、日本に生まれて作曲家になったことに、幸運と歓びを常に感じています。西欧音楽(クラシック音楽)は、バロック時代~古典派~ロマン派~後期ロマン派~近代と、楽器編成と楽曲規模の両面において、複雑化・拡大化の一途を辿りました。この時期は、神聖ローマ帝国が終焉に向かい、産業革命による産業構造の変化、資本主義経済の進展、それらに伴う帝国主義の台頭、という社会環境の変化期と一致します。そういった社会環境の反映として、クラシック音楽のあのような発展と拡大があったということでしょう。それらの各時代の様式や構造原理の成立や変遷を知ることは、音楽愛好家としては非常に興味深いことですし、音楽家・作曲家としては、基礎知識として大変重要なことです。一方で、日本には、簡潔に極まる文化も発展してきました。白い和紙に黒い墨で描く"書"は、モノトーンによる空間処理の芸術とも言えるでしょう。また、5・7・5の十七文字に季節感・情感・感興を込めた小宇宙を描き出す"俳句”(俳諧)は、今や言語の垣根を越えて世界中で愛好される、短詩型文学の花形として、世界に知られています。複雑化・拡大化の文化と、簡潔・単純をも極める文化、この両面を日常的に使いこなしている日本は、やはり素晴らしい国であると、私は思います。これからも、この両面を活かしながら、音楽家・作曲家として、修練を重ねていきたいと考えています。YouTubeでご覧いただける私の邦楽器作品をここでリンクしておきましょう。YouTube / 松尾祐孝 コントラストリングス第2番           ~悠久の書からの断章~      演奏:vn=水野佐知香 琵琶=田原順子YouTube / 松尾祐孝 / 糸の書

      テーマ:
  • 01 Jan
    • 今年も手製の雑煮と数の子で始動!

      毎年、正月のお雑煮と数の子は自分で拵えている私です。今年も、なかなか美味しくできました。御屠蘇のかわりに、純米酒とスパークリングワインで2018年=平成30年を始動しました。皆様のご多幸をお祈りいたします。

      テーマ:
    • 日本の存在を噛みしめる!

      あらためて、開けましておめでとうございます。今年もこのブログのご愛読をよろしくお願いいたします。今でも私は、2009年から2011年の暮れに放送されたNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」の録画を今でもよく観ます。日本海海戦の大勝利・・・そして日露戦争の(実はギリギリの)勝利・・・冷静な判断を積み上げて、国家の存亡を懸けたギリギリの舵取りを、各人が懸命に務め挙げて行ったあの時代から、やがて過信盲信の時代に陥ってしまい、遂には太平洋戦争に突入していった昭和初期の日本・・・このような歴史とその礎となった多くの人々の奮闘と犠牲の上で、今日の我々の生活があるということを心静かに振り返りつつ、各回をじっくりと観たいと思っている私です。今、日本という国が独立を保ち、世界の中で極めて恵まれた環境で生活できている事、その日本という存在が継続してきたことに、あらためて感謝したいと思います。我が国を大切に思う心、我が国の文化芸術芸能を愛する心が、真の国際交流の基盤になります。ただ外来のものをありがたがっているだけでは、全く不十分で話になりません。私が邦楽器にも心を配りながら、作曲活動を展開している事は、このような心構えみ基づくものなのです。皆様もご承知の通り、2020年にはオリンピック&パラリンピックが日本・東京で開催されます。その開催に向けて、スポーツや文化により強い光が当てられ、文化の面では特に伝統芸術や先端芸術が注目されるはずです。日本の真の文化立国を目指したいと思います。この写真は、私の邦楽器作品集(楽譜&CD)です。###「現代の日本音楽第19集ー松尾祐孝 作品」###作曲者:   松尾祐孝監修・編集: 独立行政法人 日本藝術文化振興会       国立劇場調査養成部調査資料課発行所:   春秋社装丁者:   本田 進発行日: 2007年12月20日CD音源:  国立劇場舞台技術部/コジマ録音/       有限会社ナビ/ミュージック・フロム・ジャパン英文翻訳:  スティーヴン・ネルソン/小川紀久子楽譜掲載楽曲:1)呼鼓悠遊  (1999年 国立劇場委嘱作品)2)美しの都 Ⅲ ~尺八と十七絃の為に              (1996年 北垣内秀響委嘱作品)3)新譜音悦多~邦楽合奏の為の練習曲          (1998年 現代邦楽研究所委嘱作品)4)DISTRACTION Ⅴ       for Shakuhachi and Twenty-string Koto (1998/2005年 メキシコ セルバンティノ国際芸術祭2005招待作品)5)琵琶悠遊 (2007年 ミュージック・フロム・ジャパン委嘱作品)CD収録:1)呼鼓悠遊 小鼓=藤舎呂英  大鼓=藤者円秀  打楽器=松倉利之    三味線=高田和子 十七絃=石垣清美   1999年4月15日 国立劇場小劇場  2)新譜音悦多   尺八=中村明一 三味線 Ⅰ =山本普乃  三味線 Ⅱ =上原潤一 箏 Ⅰ =石垣清美  箏 Ⅱ =野澤佐保子 十七絃箏=黒澤陽子   2001年8月 調布グリーンホール3)ディストラクション Ⅴ   尺八=三橋貴風 二十絃箏=吉村七重   2006年3月12日 みなとみらいホール 小ホール4)琵琶悠遊   琵琶=田原順子  笛=西川浩平  鼓=髙橋明邦   2007年3月4日 マーキン・コンサート・ホール           (米国/ニューヨーク)今年も、邦楽器作品を書こうと思っている私です。頑張れ日本! がんばろうニッポン!

      テーマ:
    • 霊峰富士に今年の安寧と発展を祈願!

      明けましておめでとうございます。2015年に、富士山がユネスコ精神文化遺産として登録されました。山そのものや景観も含めつつ、その存在を背景とした精神文化を総合的に認められての登録ということでしょう。富士山・・・いつ見ても、気持ちが自然に高揚すます。実におおらかで威厳があって神々しい存在です。箱根周辺をドライヴした際に私が撮ったショットを数点アップして、今年の安寧と発展を祈りたいと思います。皆さんにとっても、今年が素晴らしい1年でありますように。

      テーマ:
  • 31 Dec
    • 手製の年越し蕎麦で・・・

      今年もあと僅かとなりました。年越し蕎麦を、(流石に蕎麦打ちはしませんでしたが・・・)自分で具材から出汁まで拵えてみました。自分が納得できる物を食して年末&年始を過ごしたい私です。出汁=昆布、かつお節、鶏肉、干し椎茸戻し汁、   の合わせ出汁+醤油、酒具材=根三つ葉(湯通しして水引に結んで)   三つ葉の葉(生に厚い出汁をかけただけ)   金時人参(下ゆで済&飾り切り)   紅白蒲鉾   椎茸(干し椎茸を戻したものをそのまま使用)   鶏肉   

      テーマ:
    • 六本木ヒルズ森タワーからの眺望に新年の安寧を祈願・・・

      昨日の穏やかな快晴の中、六本木ヒルズ森タワーに行ってきました。素晴らしい眺望を満喫しました。皆様にとっても、新年がこのように大らかで優美で素晴らしいものになりますよう、お祈りいたします。注)真ん中辺りに富士山が見えますよ!  よく目を凝らしてご覧ください!

      テーマ:
  • 29 Dec
    • 冬の夕景の凛とした美しさ・・・

      生まれた頃からずっと住んでい地元の私鉄の小駅のホームから、ふと景色を眺めることがあります。小学校1年生から電車通学や通勤を重ねてきた私にとっては見慣れた景色なのですが、ときどき無性にいとおしくなってきます。晩秋から冬にかけて、空気は冷え込んで寒い中の夕景は、凛とした印象をもたらしてくれます。そんなトワイライトブルーに浸るのが大好きな私です。

      テーマ:
  • 27 Dec
    • "つるとんたん"の””ゴルゴンゾーラとトマトのおうどん""

      先日、六本木の"つるとんたん"というお店に連れて行っていただきました。何ともお洒落で高級感が漂う饂飩屋さんでした。そしてメニューを観てまたビックリ・・・!創意工夫が凝らされた数々の創作うどんの数々が並んでいたのでした。私は、チーズ好きの嗅覚を優先して””ゴルゴンゾーラとトマトのおうどん""の饂飩三玉(つまり超大盛り!但し値段は同じ!)に挑戦しました。そしていざ食べてみようとなると・・・何とこのボリュームです。一瞬ひるみかけましたが結局完食!しかし「やってしまった〜!」という後悔の念も少々・・・でも美味しかった!!!

      テーマ:
  • 26 Dec
    • <かしこい脳になる・・0歳からの「聴き流しクラシック」>CD付ブック発売中

      12月20日に、私が制作に関わったCD付ブックが発売されましたので、ご紹介しましょう。###かしこい脳になる    0歳からの「聴き流しクラシック」###価格 1300円+税ISBN 978-4-344-97944-4 C8073出版日 2017年12月20日監修 瀧 靖之選曲・監修 松尾祐孝デザイン 隈部康浩表紙イラスト 尾田瑞季編集協力 白柳龍一(アールレゾナンス)音源協力 ナクソス・ジャパン株式会社製作 図書印刷株式会社内容 CD1枚(全15曲/73分)、解説書(全24ページ)出版 幻冬舎幻冬舎のキャッチフレーズは・・・--------------------------------------------1日10分、クラシックを聴き流すだけでいい!0歳からはじめる「かしこい脳」に育てるためのクラシックCDブック。--------------------------------------------となっています。本書はクラシックの名曲15曲と解説書が入ったCDブックです。CDはベートーヴェン、バッハ、モーツァルトなど、クラシック音楽では重要な作曲家を網羅されています。数ある名曲の中でもお子さまに聴かせたい、心地よいメロディの曲を厳選して収録してあります。収録曲一覧①カノン(パッヘルベル)②「四季」より《春》第1楽章(ヴィヴァルディ)③G線上のアリア(J.S.バッハ)④アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク第1楽章               (モーツァルト)⑤エリーゼのために(ベートーヴェン) ⑥アヴェ・マリア(シューベルト)⑦舟歌(ショパン)⑧「子供の情景」より《トロイメライ》              (シューマン) ⑨愛の夢 第3番(リスト)⑩ワルツ 第15番(ブラームス)⑪「くるみ割り人形」より《花のワルツ》             (チャイコフスキー)⑫交響曲第9番「新世界より」第2楽章             (ドヴォルザーク) ⑬アラベスク 第1番(ドビュッシー)⑭愛の挨拶(エルガー) ⑮パガニーニの主題による狂詩曲(抜粋)              (ラフマニノフ)解説書には、16万人の脳画像を解析した脳医学者の瀧 靖之(東北大学 教授)による、「かしこい脳」に育てるために役立つアドバイスを掲載されています。音楽で成長する脳のメカニズムや、子どもの脳の発達過程などを丁寧に解説しています。さらに、作曲家 松尾祐孝(洗足学園音楽大学 教授)による、西洋音楽史と収録曲目の解説付きなので、クラシック音楽の世界をより深く知ることができます。その他、作曲家のプロフィール、収録曲の紹介などが分かりやすく紹介されています。小さいお子さんがいらっしゃる方、是非お手にとって、読んで、お聴きください。また、中高年の方々のクラシック音楽入門としても適性がある一冊(一枚)になっています。

      1
      テーマ:
  • 25 Dec
    • メリー・クリスマス!〜今、サンタはどのあたりかな・・・〜

      今夜はクリスマス・イヴですね。キリスト教徒でなくても一般市民にすっかり定着している日本のクリスマスです。近年ではハロウィンもかなり浸透してきましたが、クリスマスの盛り上がりにはまだまだ及びませんね。今夜は、家族でクリスマスケーキを囲んで団欒でしょうか。それとも、大切な人と二人で静かに過ごしているのでしょうか。それどころではなく、仕事に従事している方も多いでしょう。年末に、あと一週間で年が明ける時期に、心を静めて祈る時間を持つことは、宗教の如何に問わず、なかなか良い習慣ではないでしょうか。皆さんが健康でありますように!来年が良い一年になりますように!メリー・クリスマス!我が家のキャンドル&プチ・ライトの団欒です。中央のグラス(2003年にチェコはプラハでGET!)を通して、拡がる淡い色彩が思いのほか奇麗で、写真を撮ってみました。サンタクロースは、今、どのあたり・・・おやすみなさい。

      テーマ:
  • 23 Dec
    • 天皇陛下84歳の誕生日に寄せて〜あらためて日本の平和、世界の平和を考える〜

      天皇陛下は84歳の誕生日を迎えられました。歴代天皇で在位中に80歳を迎えられたのは昭和天皇に続いて2人目ということです。一昨年の宮内記者会との会見では、戦後70年の今年にあたった2015年を「様々な面で先の戦争のことを考えて過ごした1年」と振り返られておらてました。年々戦争を知らない世代が増えるなかで「先の戦争のことを十分に知り、考えを深めていくことが日本の将来にとって極めて大切なことと思います」とされました。また、ご自身の体力の衰えにも真摯に向き合われて、生前退位のご意向を表明されて、つい先頃に、2019年4月30日に退位されることが決まりました。その決定後はじめての誕生日となった今日の陛下のお言葉には、その決定に寄せての感謝と安堵のお気持ちがこもっていたように感じられました。この12月23日を天皇誕生日としてお祝いすることは、今日と来年を残すのみになったということです。2019年5月1日に、現在の皇太子殿下が即位されます。そして、2020年オリンピック&パラリンピック東京大会に向けての文化スポーツ立国に発展が期待されます。スポーツも文化も、日本の平和、世界の平和があってこそです。日本全体を互いを思いやりながら、暖かい未来の社会を築いていきましょう。音楽や境域を通じての文化立国から日本の元気を創出していこうと願っている私です。来年もこのブログを書き続けていきますので、どうぞお時間の許す時にご覧ください。暖かなクリスマスと・・・健やかな年の瀬と・・・素敵な新年をお迎えください。

      1
      テーマ:
  • 19 Dec
    • 音楽〜空間〜書〜俳句

      このブログで何度も言っていることですが、私は、日本に生まれて作曲家になったことに、幸運と歓びを常に感じています。西欧音楽(クラシック音楽)は、バロック時代~古典派~ロマン派~後期ロマン派~近代と、楽器編成と楽曲規模の両面において、複雑化・拡大化の一途を辿りました。この時期は、神聖ローマ帝国が終焉に向かい、産業革命による産業構造の変化、資本主義経済の進展、それらに伴う帝国主義の台頭、という社会環境の変化期と一致します。そういった社会環境の反映として、クラシック音楽のあのような発展と拡大があったということでしょう。それらの各時代の様式や構造原理の成立や変遷を知ることは、音楽愛好家としては非常に興味深いことですし、音楽家・作曲家としては、基礎知識として大変重要なことです。一方で、日本には、簡潔に極まる文化も発展してきました。白い和紙に黒い墨で描く"書"は、モノトーンによる空間処理の芸術とも言えるでしょう。また、5・7・5の十七文字に季節感・情感・感興を込めた小宇宙を描き出す"俳句”(俳諧)は、今や言語の垣根を越えて世界中で愛好される、短詩型文学の花形として、世界に知られています。複雑化・拡大化の文化と、簡潔・単純をも極める文化、この両面を日常的に使いこなしている日本は、やはり素晴らしい国であると、私は思います。これからも、この両面を活かしながら、音楽家・作曲家として、修練を重ねていきたいと考えています。YouTubeでご覧いただける私の邦楽器作品をここでリンクしておきましょう。YouTube / 松尾祐孝 コントラストリングス第2番           ~悠久の書からの断章~      演奏:vn=水野佐知香 琵琶=田原順子YouTube / 松尾祐孝 / 糸の書

      テーマ:
  • 12 Oct
    • 「玉電110周年記念 幸福の招き猫電車」発進!

      東急電鉄の世田谷線の前身で、「玉電」の名で親しまれた玉川線が開通してから今年で110周年になります。池上電気鉄道や目黒蒲田電鉄等の東急のルーツの中でも最も古い歴史を誇っているのが、実は軌道線規格の玉川線の元祖、玉川電気鉄道なのでした。残念ながら、本線と砧支線は1969年に廃止されましたが、今でも三軒茶屋と下高井戸を結ぶ世田谷線は、通勤通学客や地元買物客の足として頻繁運転されています。1907年の渋谷~玉川駅(現在の二子玉川)間の開通から110周年を迎えたことを記念して、<玉電開通110周年記念イベント>が展開されるということです。世田谷線の沿線に在る「豪徳寺は、招き猫発祥の地と言われています。それに因んで、「豪徳寺」のご協力を得て、豪徳寺の招き猫をデザインした車体ラッピングと、吊革には招き猫型の吊り手、床面にはねこの足跡を施した「玉電110周年記念 幸福の招き猫電車」が走るというキャンペーンです。来年の3月末まで走るそうです。何だか可愛らしい電車なので、早く乗ってみたいですね!東急電鉄の公式HPにアップされているデータのURLはこちらです。http://www.tokyu.co.jp/file/170831.pdf

      テーマ:
  • 09 Oct
    • 池上線フリーパス〜今日は路線内無料ですよ!!!

      今日=10月9日は、東急・池上線がフリーパスです!池上線の各駅の改札口で、スタッフからフリーパス乗車券を受け取ることができます。併せて、"池上線生活名所"という興味深いキャンペーンも始まりました。東急電鉄と言うと、一般の方にとっては東横線と田園都市線の二枚看板本線が有名だと思われますが、実は、1912年(明治45年)に免許申請が行われ、1914年(大正3年)4月8日に認可され、1917年に会社が設立された池上電気鉄道(現・池上線)の方が古い歴史を有しています。当初は目黒から本門寺のある池上を経由して大森に至る路線を想定していましたが、用地買収等の紆余曲折を経て、現在の五反田〜池上〜蒲田の路線になったそうです。先ず、1922年(大正11年)10月6日に池上 - 蒲田間が開業しました。ですから、今年は池上線創業95周年にあたります。更に全線が開通したのは1928年6月17日で、来年が全線開通90周年になります。その記念施策の一環として、明日(もはや今日?)10月9日(月祝)は、池上線が無料で乗り放題になります。大手私鉄では始めてとなる一路線丸ごと無料キャンペーンということで、鉄道ファンならずとも注目のイベントとして、報道も熱を帯びてきました。「東洋経済」サイトには冷静な分析記事が掲載されています。http://toyokeizai.net/articles/-/187951東急電鉄からのお知らせの URLはこちらです。http://www.tokyu.co.jp/information/list/Pid=post_1.html品川区から大田区の主に閑静な住宅街をぬって走る池上線には、目黒川沿いの風景、戸越銀座商店街、洗足池公園(勝海舟夫妻の墓・西郷南洲の歌碑、等)、池上・本門寺、など、歴史や昭和を感じさせてくれるプチ観光スポットもあります。是非、この機会にお訪ねください。

      1
      テーマ:
    • いよいよ本日!〜東急・池上線 全線開通90周年記念 無料フリーパスDAY

      今日=10月9日は、東急・池上線がフリーパスです!東急電鉄と言うと、一般の方にとっては東横線と田園都市線の二枚看板本線が有名だと思われますが、実は、1912年(明治45年)に免許申請が行われ、1914年(大正3年)4月8日に認可され、1917年に会社が設立された池上電気鉄道(現・池上線)の方が古い歴史を有しています。当初は目黒から本門寺のある池上を経由して大森に至る路線を想定していましたが、用地買収等の紆余曲折を経て、現在の五反田〜池上〜蒲田の路線になったそうです。先ず、1922年(大正11年)10月6日に池上 - 蒲田間が開業しました。ですから、今年は池上線創業95周年にあたります。更に全線が開通したのは1928年6月17日で、来年が全線開通90周年になります。その記念施策の一環として、明日(もはや今日?)10月9日(月祝)は、池上線が無料で乗り放題になります。大手私鉄では始めてとなる一路線丸ごと無料キャンペーンということで、鉄道ファンならずとも注目のイベントとして、報道も熱を帯びてきました。「東洋経済」サイトには冷静な分析記事が掲載されています。http://toyokeizai.net/articles/-/187951東急電鉄からのお知らせの URLはこちらです。http://www.tokyu.co.jp/information/list/Pid=post_1.html品川区から大田区の主に閑静な住宅街をぬって走る池上線には、目黒川沿いの風景、戸越銀座商店街、洗足池公園(勝海舟夫妻の墓・西郷南洲の歌碑、等)、池上・本門寺、など、歴史や昭和を感じさせてくれるプチ観光スポットもあります。是非、この機会にお訪ねください。

      1
      テーマ:

プロフィール

マリオ

性別:
男性
誕生日:
猛初夏日
自己紹介:
松尾祐孝(まつお・まさたか) 1959年 東京生まれ 1982年 東京藝術大学音楽学部作曲科...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

このブログの読者

読者数: 100

読者になる

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。