"リニア・鉄道館"探訪記を続けています。
電車と機関車と客車が多い展示車両の中で、
ディーゼル特急車両キハ181の展示は、
やや地味ながら、静かな存在感を発散していました。

キハ181

ボンネット型の先頭形状を持つ通称はつかり型、
キハ80系で国鉄のディーゼル特急が幕開けとなった後、
運用の柔軟性を加味して貫通型先頭車に以降した
キハ82系は、編成全体の優美さもあって、
鉄道ファンから高く評価され愛され続けました。

この"リニア・鉄道館"のメインホールの奥の
バックヤード展示エリアに、
そのキハ82先頭車の姿を見ることができます。

バックヤード展示車両群1

しかし、更に出力を増強して、勾配が大きい線区での運用や
スピードアップを果たして、全国の非電化幹線の特急網整備の
主力として大活躍したのが、このキハ181系だったのです。
屋根上に大型のラジエターが並ぶ姿は、
鉄道ファンからはあまり好まれなかったのですが・・・

"リニア・鉄道館"に展示されている車両は、
トップナンバーの181-1で、中央西線の名特急"しなの"の
ヘッドマークが誇らしげです。

「しなの」ヘッドマーク

尚、このキハ181-1の直ぐ後ろには、
車輪の種類を説明する展示が置かれていました。

車輪説明展示1


車輪説明展示2
AD