音楽家・作曲家への道のり第一歩は、
まず、音楽通・音楽愛好家になることです。
好きで好きでたまらない音楽を聴き抜いて、調べ抜いて、
楽しみ尽くす心をなくして、プロにはなれません。

私は、折りに触れて、現代音楽の作曲家の仲間や知人と、
一献ご一緒することがあります。
時には、古今東西の作曲家の書いた「交響曲第#番」の中で、
最高傑作はどれだろうか・・・といった話題で、
何時間も話が尽きないこともあります。

何だかマニアックだなあと思われるかもしれまえんが、
考えてみれば、車の話題、スポーツの話題、歴史の話題、等々、
好事家が集まっての談義がそれぞれにマニアックな訳です。

このブログでは、これまでに、
「交響曲第1番ベスト・ワン!?」から
「交響曲第10~番(二ケタ番号)ベスト・ワン!?」までの
話題を提起してきました。
そして今回は、最後の、正に番外編として、
「交響曲」(番号無し等)ベスト・ワン!?」
を探訪してみましょう。

先ず、ベートーヴェンの直後の時代に
先進的な標題交響曲を数多く書いた、
ベルリオーズの作品に触れない訳にはいきません。

「幻想交響曲」は、いきなりの本命候補です。
個人的には、昨年暮のアンサンブル・ヌーボーの演奏が
まだ記憶に新しいところです。
往年の名指揮者=アンドレ・クリュイタンスのタクトで
壮絶な名演を聴かせてくれたパリ音楽院管弦楽団の
1964年の来日公演のライヴCDは、
今なお燦然と輝く名盤です。

ベルリオーズ「幻想交響曲」
アンドレ・クリュイタンス指揮
パリ音楽院管弦楽団(パリ管の前身)
1964年来日公演ライヴCD
ALTUS / ALT-003
クリュイタンス幻想交響曲ライヴ盤

交響曲「イタリアのハロルド」は、
実質的にはヴィオラ協奏曲です。私が、
自作<フォノスフェール第1番~尺八と管弦楽の為に>
と共に帯同した東京フィルハーモニー交響楽団の
"ヨーロッパ演奏旅行1994"にもプログラミングされていて、
何度も聴き重ねた想い出があります。

劇的交響曲「ロミオとジュリエット」は、
後のマーラーを想起させるような大作です。
その他、交響曲とは題されていませんが、
劇的物語「ファウストの劫罰」も、交響的な大作です。

その他、フランクの交響曲も素晴らしい傑作です。
第1楽章のソナタ形式の扱いが、ベートーヴェンの「第9」
の第1楽章の発展型と解釈できます。
3楽章構成の素晴らしい作品です。

ショーソンの「交響曲」、
ダンディの「フランスの山人の歌による交響曲」等々、
フランスの作曲家には今日の話題の対象となる
番号無し交響曲作品が目白押しです。
19世紀後半から、フランスには独自の
三楽章交響曲の伝統が根付いたと捉えられます。

チャイコフスキーには番号付の6曲以外に、
「マンフレッド交響曲」があります。
日本ではほとんど演奏されませんが、ヨーロッパでは
メジャーオーケストラのプログラムにも散見されます。
なかなかの名曲です。

20世紀に入ると、定型にあてはまらない楽曲が増えてきます。
ストラヴィンスキーの交響曲群もその典型例と言えるでしょう。
「交響曲ハ調」「三楽章の交響曲」「詩篇交響曲」と
玄人好みの名曲があります。

YouTube / ギーレン指揮:
     ストラヴィンスキー:交響曲ハ調(2006年ライヴ)


バルトークには、
交響曲というタイトルこぞ冠していないものの、
実質的には交響曲に類する名曲があります。
「弦・打・チェレスタの為の音楽」と
「管弦楽の協奏曲」です。
どちらも名曲として定番の作品です。

イギリスの作曲家=ブリテンにも
自由な構成の交響曲があります。
「鎮魂交響曲」「春の交響曲」「チェロと管弦楽の交響曲」、
どれもレパートリーの定着している名曲です。

第2次大戦以降の世代にまで視野を広げていくと、
もうそれこそ枚挙に暇がないことになってしまいそうです。
番号無しではありませんが、バーンスタインの
交響曲第2番「不安の時代」は、私の大好きな作品です。

とっておきの私の隠し球は・・・
交響曲というタイトルではありませんが、
4楽章交響曲の伝統と前衛音楽の気概と
トーンクラスターの音響が見事に融合した作品、
ルトスワフスキの「オーケストラの為の書(本)」
Livre pour Orchestre を挙げておきましょう。
素晴らしい名曲です。

YouTube / Witold Lutoslawski. Livre pour orchestre.
     (指揮=Günther Herbic 管弦楽=RTVE.)


この記事シリーズはこれにて完結となりますが、
また折りに触れてオーケストラの名曲を探訪していきましょう。
若い皆さん、是非オーケストラを聴きましょう!
AD