大相撲秋場所=九月場所が始まっています。
待望久しかった稀勢の里の横綱昇進によって
四横綱の豪華番付になった大相撲ですが、
4人ともに力士生命の円熟期から晩年期にあたるため、
なかなか元気に揃って優勝争いとは行かないようです。
特に今場所は、白鵬、鶴竜、稀勢の里の三横綱が
初日から休場ということで、寂しさを感じます。

そこで期待したいのが、
大関昇進間も無いながら地力の進歩が著しい
高安の活躍・・・と思いきや、
二日目の取り組みの対玉鷲戦で
右太もも肉離れを起こしてしまい、
残念ながら三日目から休場となってしまいました。

ただ一人土俵を務める横綱となった日馬富士は、
三日目に早くも土がつきました。
高安が離脱した大関陣は、豪栄道と照ノ富士は共にカド番、
しかも両者とも初日に土がついてしまい、
今場所の優勝争いは渾沌となっていきそうです。

お参り

休場力士の怪我や故障からの快癒を祈念しましょう。
AD