松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~

創造芸術は人間の根源的な表現欲求と知的好奇心の発露の最も崇高な形。音楽家・作曲家を目指す貴方、自分の信じる道(未知)を進んでいきましょう。芸術・音楽・文化と共に東日本大震災を乗り越えよう~頑張れ日本!〜がんばろうニッポン!


テーマ:
前号と前々号で紹介された東京メトロ(東京地下鉄)
と共に、東京の地下鉄網を構成する都営地下鉄が
この第30号で紹介されています。

毎週日曜日の夜にアップしてきた
「私鉄全駅全車両基地シリーズ」も、
全国の大手私鉄を一巡して、いよいよ終盤になり、
東京と大阪と名古屋の地下鉄を残すのみとなっています。

私鉄全駅シリーズ30/東京都交通局

###私鉄全駅・全車両基地30/東京都交通局###

本号では、浅草線・三田線・新宿線・大江戸線の地下鉄路線と、
旧都電の生き残りとして有名な荒川線、
そして嘗ては陸の孤島と言われた足立区エリアに開通した
新交通システム=日暮里舎人ライナー等が紹介されています。

今昔の地上と地下

現在の都営地下鉄のイメージは、東京メトロに比べると、
やや地味な存在に感じられます。
どちらかと言うと不採算路線が、
都営に任されているような感じがします。
実際、一時期は累積赤字が問題になっていたようですが、
近年の経営努力や各種施策によって、改善されてきているようです。

実は、私鉄との相互乗り入れの初のケースは、
都営1号線(浅草線)と京成電鉄が達成しました。
それに際して、京成電鉄は突貫工事で馬車軌道規格から
標準軌に改軌して、近代化に向けて飛躍しました。

舎人ライナーや荒川線も

東京都交通局という括りにすると、
日暮里舎人ライナーや、荒川線も話題に入ってきます。
その他、懐かしい写真や多彩な車両の紹介も満載です。

懐かしの写真と多彩な車両

普段な見る機会の無い車両基地の中の様子が見られる事も、
この冊子シリーズの特徴で、様々な写真が掲載されています。

車両基地の紹介

東京の地下鉄は、建設ラッシュが一段落して、
これからは成熟期になるものと思われます。
私鉄各社との相互乗り入れや、
首都圏各県の新しい鉄道網との連系による
更に広範で便利な鉄道ネットワークが
構築されていくことでしょう。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

マリオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。