松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~

創造芸術は人間の根源的な表現欲求と知的好奇心の発露の最も崇高な形。音楽家・作曲家を目指す貴方、自分の信じる道(未知)を進んでいきましょう。芸術・音楽・文化と共に東日本大震災を乗り越えよう~頑張れ日本!〜がんばろうニッポン!


テーマ:
音楽家・作曲家への道のり第一歩は、
まず、音楽通・音楽愛好家になることです。
好きで好きでたまらない音楽を聴き抜いて、調べ抜いて、
楽しみ尽くす心をなくして、プロにはなれません。

私は、折りに触れて、現代音楽の作曲家の仲間や知人と、
一献ご一緒することがあります。
時には、古今東西の作曲家の書いた「交響曲第#番」の中で、
最高傑作はどれだろうか・・・といった話題で、
何時間も話が尽きないこともあります。

何だかマニアックだなあと思われるかもしれまえんが、
考えてみれば、車の話題、スポーツの話題、歴史の話題、等々、
好事家が集まっての談義がそれぞれにマニアックな訳です。

このブログでは、これまでに、
「交響曲第1番ベスト・ワン!?」から
「交響曲第10~番(二ケタ番号)ベスト・ワン!?」までの
話題を提起してきました。
そして今回は、最後の、正に番外編として、
「交響曲」(番号無し等)ベスト・ワン!?」
を探訪してみましょう。

先ず、ベートーヴェンの直後の時代に
先進的な標題交響曲を数多く書いた、
ベルリオーズの作品に触れない訳にはいきません。

「幻想交響曲」は、いきなりの本命候補です。
個人的には、昨年暮のアンサンブル・ヌーボーの演奏が
まだ記憶に新しいところです。
往年の名指揮者=アンドレ・クリュイタンスのタクトで
壮絶な名演を聴かせてくれたパリ音楽院管弦楽団の
1964年の来日公演のライヴCDは、
今なお燦然と輝く名盤です。

ベルリオーズ「幻想交響曲」
アンドレ・クリュイタンス指揮
パリ音楽院管弦楽団(パリ管の前身)
1964年来日公演ライヴCD
ALTUS / ALT-003
クリュイタンス幻想交響曲ライヴ盤

交響曲「イタリアのハロルド」は、
実質的にはヴィオラ協奏曲です。私が、
自作<フォノスフェール第1番~尺八と管弦楽の為に>
と共に帯同した東京フィルハーモニー交響楽団の
"ヨーロッパ演奏旅行1994"にもプログラミングされていて、
何度も聴き重ねた想い出があります。

劇的交響曲「ロミオとジュリエット」は、
後のマーラーを想起させるような大作です。
その他、交響曲とは題されていませんが、
劇的物語「ファウストの劫罰」も、交響的な大作です。

その他、フランクの交響曲も素晴らしい傑作です。
第1楽章のソナタ形式の扱いが、ベートーヴェンの「第9」
の第1楽章の発展型と解釈できます。
3楽章構成の素晴らしい作品です。

ショーソンの「交響曲」、
ダンディの「フランスの山人の歌による交響曲」等々、
フランスの作曲家には今日の話題の対象となる
番号無し交響曲作品が目白押しです。
19世紀後半から、フランスには独自の
三楽章交響曲の伝統が根付いたと捉えられます。

チャイコフスキーには番号付の6曲以外に、
「マンフレッド交響曲」があります。
日本ではほとんど演奏されませんが、ヨーロッパでは
メジャーオーケストラのプログラムにも散見されます。
なかなかの名曲です。

20世紀に入ると、定型にあてはまらない楽曲が増えてきます。
ストラヴィンスキーの交響曲群もその典型例と言えるでしょう。
「交響曲ハ調」「三楽章の交響曲」「詩篇交響曲」と
玄人好みの名曲があります。

YouTube / ギーレン指揮:
     ストラヴィンスキー:交響曲ハ調(2006年ライヴ)


バルトークには、
交響曲というタイトルこぞ冠していないものの、
実質的には交響曲に類する名曲があります。
「弦・打・チェレスタの為の音楽」と
「管弦楽の協奏曲」です。
どちらも名曲として定番の作品です。

イギリスの作曲家=ブリテンにも
自由な構成の交響曲があります。
「鎮魂交響曲」「春の交響曲」「チェロと管弦楽の交響曲」、
どれもレパートリーの定着している名曲です。

第2次大戦以降の世代にまで視野を広げていくと、
もうそれこそ枚挙に暇がないことになってしまいそうです。
番号無しではありませんが、バーンスタインの
交響曲第2番「不安の時代」は、私の大好きな作品です。

とっておきの私の隠し球は・・・
交響曲というタイトルではありませんが、
4楽章交響曲の伝統と前衛音楽の気概と
トーンクラスターの音響が見事に融合した作品、
ルトスワフスキの「オーケストラの為の書(本)」
Livre pour Orchestre を挙げておきましょう。
素晴らしい名曲です。

YouTube / Witold Lutoslawski. Livre pour orchestre.
     (指揮=Günther Herbic 管弦楽=RTVE.)


この記事シリーズはこれにて完結となりますが、
また折りに触れてオーケストラの名曲を探訪していきましょう。
若い皆さん、是非オーケストラを聴きましょう!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
前号と前々号で紹介された東京メトロ(東京地下鉄)
と共に、東京の地下鉄網を構成する都営地下鉄が
この第30号で紹介されています。

毎週日曜日の夜にアップしてきた
「私鉄全駅全車両基地シリーズ」も、
全国の大手私鉄を一巡して、いよいよ終盤になり、
東京と大阪と名古屋の地下鉄を残すのみとなっています。

私鉄全駅シリーズ30/東京都交通局

###私鉄全駅・全車両基地30/東京都交通局###

本号では、浅草線・三田線・新宿線・大江戸線の地下鉄路線と、
旧都電の生き残りとして有名な荒川線、
そして嘗ては陸の孤島と言われた足立区エリアに開通した
新交通システム=日暮里舎人ライナー等が紹介されています。

今昔の地上と地下

現在の都営地下鉄のイメージは、東京メトロに比べると、
やや地味な存在に感じられます。
どちらかと言うと不採算路線が、
都営に任されているような感じがします。
実際、一時期は累積赤字が問題になっていたようですが、
近年の経営努力や各種施策によって、改善されてきているようです。

実は、私鉄との相互乗り入れの初のケースは、
都営1号線(浅草線)と京成電鉄が達成しました。
それに際して、京成電鉄は突貫工事で馬車軌道規格から
標準軌に改軌して、近代化に向けて飛躍しました。

舎人ライナーや荒川線も

東京都交通局という括りにすると、
日暮里舎人ライナーや、荒川線も話題に入ってきます。
その他、懐かしい写真や多彩な車両の紹介も満載です。

懐かしの写真と多彩な車両

普段な見る機会の無い車両基地の中の様子が見られる事も、
この冊子シリーズの特徴で、様々な写真が掲載されています。

車両基地の紹介

東京の地下鉄は、建設ラッシュが一段落して、
これからは成熟期になるものと思われます。
私鉄各社との相互乗り入れや、
首都圏各県の新しい鉄道網との連系による
更に広範で便利な鉄道ネットワークが
構築されていくことでしょう。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2014年9月に開催した<松尾祐孝邦楽器作品個展>の
各曲のステージを、ここ数日にわたって回想しています。
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
また、演奏者の皆様やスタッフの方々の
絶大なるご協力とご尽力に厚く御礼申し上げます。

個展プログラム冊子表紙

今日は、5番目=最後のステージとなった<糸の書>
について綴ってみようと思います。

♪♪♪ <糸の書>~二十絃箏と邦楽器合奏の為の協奏曲 ♪♪♪
(2010 / 日本音楽集団委嘱作品 / 二十絃箏誕生40年記念作品)

 演奏編成:笛 2尺八 三味線 琵琶 打楽器
      2箏 十七絃箏  二十絃箏独奏  指揮
 演奏時間:約13分
 初演:2010年1月<日本音楽集団定期演奏会>
    2010年3月<箏フェスタ>(日本現代音楽協会主催)

今回の個展演奏会でプログラムの最後を飾った作品が、
この<糸の書~二十絃箏と邦楽器合奏の為の協奏曲>です。

箏の現代化に相応しい表現領域と運動性能の拡張を目指して、
二十絃箏が開発されてから40周年にあたる2009年度を記念した
日本音楽集団と日本現代音楽協会の共同企画の一環として、
私が作曲する機会を得て誕生したものです。

実は、この年度には以前から時間をかけて作曲を進めていた大作
<フォノスフェール第4番-a~二十絃箏と管弦楽の為に>も
完成していて、言わば姉妹作となったこの二つの協奏曲が、
2009年度の終盤である2010年の1月から3月にかけて、
相次いで初演され、<糸の書>は再演もされました。

先ず、1月の《日本音楽集団定期演奏会》の
"二十絃箏誕生40年記念プログラム"の中で<糸の書>が初演と
3月の日本現代音楽協会《現代の音楽展2010》
第3夜〘箏フェスタ〙での再演が、
宮越圭子さんの独奏を得て行われました。
そして、同月の第4夜〘コンチェルトの夕べ〙で、
<フォノスフェール第4番-a~二十絃箏と管弦楽の為に>が
吉村七重さんの独奏を得て初演されました。

現代の音楽展2010
(日本現代音楽協会《現代の音楽展2010》プログラム冊子)

二十絃誕生40周年を記念して作曲した二つの二十絃箏協奏曲、
<糸の書>と<フォノスフェール第4番-a>は、
独奏パートの一部に共通の楽想を持つ姉妹作となっています。
但し、片や邦楽器のみの大合奏との協演となる音世界、
片や西欧オーケストラと協演する音世界と、
その印象はかなり異なるものになっています。

今回の<個展>では、
邦楽器の大合奏(概ね室内オーケストラ相当)
のアンサンブルと二十絃箏独奏が協演する<糸の書>を、
演奏会の最後=トリに配しました。

独奏者には、二つの協奏曲の作曲にあたって
様々なアドヴァイスをいただいた現在の二十絃箏の第一人者、
吉村七重さんにお願いをしました。
<糸の書>の独奏は吉村さんにとっても初めてということで、
自ら指揮をして協演する私自身としても、
何重もの意味においてとても意義深い協演となりました。

音楽は、二十絃箏の持つ幅広い表現力を、
個性豊かな楽器の集合体である邦楽器合奏との
対照や融合の下に際立たせ、
糸を紡ぐ空間の書のような時空を生成していきました。
私の渾身の邦楽器協奏曲を舞台とした
吉村七重さんの二十絃箏の演奏の深淵を、
たっぷりと堪能していただくことができたと思います。
私自身の指揮による演奏は二度目でしたが、
新たに自分の中にもこの作品に対する確信を
持つことができた、貴重な機会となりました。

松尾祐孝邦楽器作品個展

尚、今回の個展は大学公式の映像を記録してあります。
今夜ご案内した<糸の書>の映像が、
洗足学園音楽大学HPの私の紹介ページに
アップされています。
お時間の許す時にご覧(お聴き)ください。

http://www.senzoku.ac.jp/music/school/
teachers/composition/id_14/

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
"リニア・鉄道館"の展示車両のバリエーションは
実に楽しめるものとなっています。
中でも異彩を放っている車両が、このホジ6005でしょう。

ホジ6005運転席

蒸気機関車からディーゼルカーに以降する過渡期を
象徴するような存在の、蒸気動車です。
つかり蒸気機関で動く単行客車なのです。
客室のスペースは小さくなりますから、
ローカル線閑散区間での普及を目指して
開発されたものと考えられます。

車内

全体を眺めるとなかなかの貫録です。

ホジ6005全体

説明盤を良く読まないとなかなか解らない車両です。

説明盤
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年開催された現代音楽演奏コンクール《競楽》
(日本現代音楽協会主催)で見事に第一位となり
朝日現代音楽賞(朝日新聞社贈賞)を受賞された
気鋭のハープ奏者=鈴木真希子さんが、
その受賞を記念したリサイタルが、
いよいよ明日=9月15日に開催されます。

鈴木真希子リサイタル表

###【朝日現代音楽賞受賞記念 SALLE DE HARPE 】###
   2017年9月15日[金] 18:30開場 19:00開演
ムジカーザ(小田急線・東京メトロ千代田線「代々木上原」)

露木正登/Fantasia for Harp solo [2010]
橋本 信/新曲初演 [2017]
松尾祐孝/ PHONO no.15 - Fantasy for Harp solo -
                  新曲初演 [2017]
棚田文紀/Mysterious Morning I pour Harpe solo [1995]
Isang Yun/In Balance für Harfe solo [1987]
Luciano Berio/Sequenza II per arpa sola [1963]
R. Murray Schafer/The Crown of Ariadne for solo harp with percussion [1979]

演奏:鈴木真希子(ハープ)

■チケット 全席自由 一般 3,000円 学生 500円
チケット予約・問合せ
・プランニングオフィスネイチャ
Tel: 045-433-6274
E-mail: info@planningoffice-nature.com
Web: www.planningoffice-nature.com
・e+(イープラス)
http://eplus.jp/(一般のみ取扱)

【主催】Salle de Harpe コンサート企画
【後援】日本現代音楽協会・日仏現代音楽協会
【マネジメント】プランニングオフィスネイチャ

鈴木真希子リサイタル裏

プログラム曲目をご覧の通り、私の新作が
このリサイタルで初演されることになっています。
既に作品を書き上げて、リハーサルにも立ち合っています。
初演の演奏の仕上がりを楽しみにしているところです。

鈴木さんのお人柄と希代の演奏能力と音楽性が相俟って、
素晴らしい初演になるものと期待しています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。