• 03 Sep
    • 「交響曲第2番」ベスト・ワン!?

      音楽家・作曲家への道のりは長く厳しいものですが、その第一歩は、音楽通・音楽愛好家になることです。好きで好きでたまらない音楽を聴き抜いて、調べ抜いて、楽しみ尽くす心をなくして、プロにはなれません。私は、折りに触れて、現代音楽の作曲家の仲間や知人と、一献ご一緒することがあります。時間が許して興が乗ると、様々な話題を深く深く語り合う傾向が、私たち作曲家には強いように思います。時には、古今東西の作曲家の書いた「交響曲第2番」の中で、最高傑作はどれだろうか・・・といった話題で、何時間も話が尽きないこともあります。何だかマニアックだなあと思われるかもしれまえんが、考えてみれば、車の話題、スポーツの話題、歴史の話題、等々、好事家が集まっての談義がそれぞれにマニアックな訳です。では、あらためて皆さんにも話題を提起しましょう!「貴方の交響曲第2番ベスト・ワンは誰の作品ですか?」マニアックな答えがある方は、是非メッセージをお寄せください。ご参考までに、私なりの考察を披露しておきましょう。ベートーヴェンの第2番は、第3番「英雄」の陰に隠れがちですが、第1番から飛躍した素晴らしい作品です。メンデルスゾーンの第2番「賛歌」は、合唱を導入した作品で、なかなか荘厳です。あまり演奏されないのがちょっと残念ですね。シューマンの第2番は、シューマンの交響曲の中で最も肯定的な前進力のある作品です。ブラームスの第2番も、ブラームスの交響曲の中では最も屈託の無い健康的な輝きに溢れた作品です。嘗てのカルロス・クライバー指揮の名演が忘れられません。チャイコフスキーの第2番「小ロシア」は、佳品ではありますが所謂3大交響曲(4~6番)に比べると今一歩か。マーラーの第2番「復活」は、大本命でしょうか。マーラー流ソナタ形式を確立した作品としても、ベートーヴェンの「第9」以来の声楽導入大作としても、正に記念碑的な名曲として君臨しています。エルガーの第2番も風格充分です。対抗馬としてラフマニノフの第2番を挙げましょう。かつては滅多に演奏されませんでしたが、ここ20年位で随分メジャーな作品にランクアップした作品です。歌謡性に溢れたロマンティックな名曲です。シベリウスの第2番は、この作曲家の代表作として広く認知された名曲ですね。フィンランドの大らかな自然を感じさせてくれるような楽想に心を惹かれます。ヴォーン・ウィリアムズの第2番「ロンドン」は、この作曲家独特の、そしてイギリスの風土独特の雰囲気が静かに染み入るように拡がっていく作品です。その他、ボロディンの「第2番」やオネゲルの「第2番」といった、小粒でもピリリと辛い佳曲もありますね。そして私のとっておきの第2番は・・・スクリャービンの「交響曲第2番」です。滅多に演奏されませんが、青春の息吹と言えるような若々しく輝かしい楽想が全5楽章に溢れていて、聴く者の心を締めつけるような魅力があります。もっと頻繁に演奏されて良い名曲だと私は思います。私のお勧め第2番ベストワンです。下の写真は、私の仕事場にあるCDです。ネーメ・ヤルヴィ指揮/スコティッシュ・ナショナル管弦楽団CHANDOS / CHAN-8462その他、バーンスタインの第2番「不安の時代」も素晴らしい作品だと思います。

      1
      テーマ:
    • 私鉄全駅・全車両基地19/京王電鉄1(京王線・新宿駅・京王八王子駅・調布駅 他)

      朝日新聞出版から刊行されている「週刊朝日百科シリーズ」の一環として毎週発行されている雑誌、<私鉄全駅・全車両基地>のご紹介も、早いものでもう第19号となりました。今号と次号は京王電鉄の紹介になります。###私鉄全駅・全車両基地19/京王電鉄1###京王電鉄は、東京の新宿と西郊の拠点の八王子を結ぶ本選を核として、その後の太平洋戦争期の大東急統合を経て、帝都電鉄として発展してきた井の頭線も合わせて、今日の路線網に至った私鉄です。この号では、本線である京王線と、その拠点駅である新宿駅・京王八王子駅・調布駅などが紹介されています。この頁の写真は昭和37年頃の新宿駅付近の風景です。玉川上水と京王線と甲州街道が並進しています。元々路面電車に毛が生えた位の規格から発展してきた京王線の歴史を感じさせる木造14メートル旧車両も残る4両編成が行き交う様子がわかります。かつての新宿駅は東口側に伸びていて、都電に乗り入れていた時期もあり、その名残から、軌間は1372ミリという路面電車規格=旧馬車軌間のままになっています。それにしても、今や10両編成がひっきりなしに行き交うまでに成長発展してきた京王線を考えると、今昔の感慨が深い風景です。その他の各駅の懐かしい昭和の風景も満載です。私が生まれた頃の写真が多く、懐かしさが込み上げてきます。勿論、恒例の全駅紹介や車両基地の紹介も掲載されています。その上で、深大寺などを擁する沿線の、武蔵野の風情たっぷりの風景も紹介されています。京王電鉄の紹介は次号に続きます。

      テーマ:
    • "チーム百万石"金沢公演【日本海 音の交友録Ⅱ】は9月8日(金)&9日(土)開催!

      *** 北陸の演奏家 & 現代作曲家 ***    〜日本海 音の交友録Ⅱ〜       2017年9月8日(金)19:30開演@リバーサイド2017年9月9日(土)19:00開演@もっきりや 入場料:前売り2700円 当日券3000円出演:sop./田島茂代 cl./ 松永彩子 pf./徳力清香ナビゲーター:大野由加出品作曲家:小川類 中川俊郎 橋本信 松尾祐孝 森田泰之進"チーム百万石"は、日本現代音楽協会会員作曲家有志で結成している自主グループです。メンバーは、小川類、中川俊郎、橋本信、松尾祐孝、森田泰之進、の5名です。既に一昨年から活動を開始していますが、昨年からは北陸プロジェクトも始動しています。百万石の名前は、北陸・金沢・加賀に因んで名付けられました。昨年の北陸公演は、金沢の石川県立音楽堂交流ホールと魚津の学びの森での開催でしたは、今年は趣を変えて、金沢市内の有名ライブハウスを会場として、2公演を開催します。当日券もありますので、皆様お誘い合わせの上、ご来場ください。プログラム等は、当日のお楽しみです。私の出品作品は、旧作の再演になりますが、<フォノⅢ〜クラリネット独奏の為に>と、<MIYABI〜雅>(ピアノ小品)の2曲を予定しています。その他、4名の作曲家の作品が、ソプラノ、クラリネット、ピアノの響きの乗せて鳴り響きます。どうぞご期待ください。

      テーマ:
    • リニア・鉄道館は"あおなみ線"終着駅=金城ふ頭駅の傍

      二年前の夏に「リニア・鉄道館」に初めて行ってきました。"あおなみ線"終着駅=金城ふ頭駅から徒歩2~3分というなかなか便利な立地です。夏休み中ということで、駅から家族連れの列が施設のエントランスまで続いていました。敷地に入る門には、"名古屋市モノづくり文化交流エリア" という素敵な名称が掲げられていました。斜張橋のラインとリニア・鉄道館の建物が織り成す景観が印象的でした。

      テーマ:
    • 【鈴木真希子ハープリサイタル"SALLE DE HARPE" 】9

      昨年開催された現代音楽演奏コンクール《競楽》(日本現代音楽協会主催)で見事に第一位となり朝日現代音楽賞(朝日新聞社贈賞)を受賞された気鋭のハープ奏者=鈴木真希子さんが、その受賞を記念したリサイタルを開催されます。###【朝日現代音楽賞受賞記念 SALLE DE HARPE 】###   2017年9月15日[金] 18:30開場 19:00開演ムジカーザ(小田急線・東京メトロ千代田線「代々木上原」) 露木正登/Fantasia for Harp solo [2010]橋本 信/新曲初演 [2017]松尾祐孝/ PHONO no.15 - Fantasy for Harp solo -                   新曲初演 [2017]棚田文紀/Mysterious Morning I pour Harpe solo [1995]Isang Yun/In Balance für Harfe solo [1987]Luciano Berio/Sequenza II per arpa sola [1963]R. Murray Schafer/The Crown of Ariadne for solo harp with percussion [1979]演奏:鈴木真希子(ハープ) ■チケット 全席自由 一般 3,000円 学生 500円チケット予約・問合せ・プランニングオフィスネイチャTel: 045-433-6274E-mail: info@planningoffice-nature.comWeb: www.planningoffice-nature.com・e+(イープラス)http://eplus.jp/(一般のみ取扱) 【主催】Salle de Harpe コンサート企画【後援】日本現代音楽協会・日仏現代音楽協会【マネジメント】プランニングオフィスネイチャプログラム曲目をご覧の通り、私の新作がこのリサイタルで初演されることになっています。既に作品を書き上げて、初演を楽しみにしているところです。鈴木さんのお人柄と希代の演奏能力と音楽性が相俟って、素晴らしい初演になるものと期待しています。

      1
      テーマ:

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。