松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~

創造芸術は人間の根源的な表現欲求と知的好奇心の発露の最も崇高な形。音楽家・作曲家を目指す貴方、自分の信じる道(未知)を進んでいきましょう。芸術・音楽・文化と共に東日本大震災を乗り越えよう~頑張れ日本!〜がんばろうニッポン!


テーマ:
デフレーションが長く続いた
世界的にも異例な近年の日本の経済状況の中にあって、
市井の人々の一般的な感覚として、
ともすると「何でも安ければ良い!」という考え方が
蔓延しているような気がするのは、
私だけではないでしょう。

確かに、誰にとっても、同じ物を購入するのに、
安い方が好都合に決まっています。
しかし、安さを競い価格競争に陥ると、
最後にはその分野全体の衰退を招きかねないという事を、
私たちは今一度認識する必要があるのではないでしょうか。

例えば、食文化の例を引いて考えてみるならば、
個人営業の手作りの豆腐店が
かつては商店街に1軒は在ったものでした。
しかし、スーパーやコンビニで販売される
大規模工場で生産される安価な商品が出回るようになって、
多くの豆腐店は立ち行かなくなってきています。
確かな仕事をしている個人店の豆腐の美味しさを知りながら、
安価な商品をついつい買ってしまうという消費者の行為が、
日本の貴重な伝統文化である豆腐造りの業界を
すっかり疲弊させてしまったのです。

主皿

芸術文化に関しても、経済とは無縁ではありません。
現代社会に在っては、インターネットの発展によって
無料で享受できる音楽や映像が大量に出回っています。
芸術や文化や鑑賞娯楽に対価を支払うことに対して、
消極的な人が残念ながら多いことは事実でしょう。
しかし、それが、最終的には回り回って、日本全体の
文化力を低下させてしまうことに繋がってしまうのです。

芸術音楽の分野の演奏面の基盤は、オーケストラです。
古典派の時代からヨーロッパの芸術音楽の
演奏面での核として大いに発展してきたオーケストラは、
20世紀後半になると世界中に普及していきました。
現在では、大抵の国家の首都には
必ずオーケストラが在りますし、
ヨーロッパに限らず世界中の先進国や主要国ならば
大都市には必ずオーケストラが在ります。

私には、南米はエクアドルの国立ユース・オーケストラを
自ら指揮して、「日本=エクアドル友好演奏会」で
自作のピアノ協奏曲作品を演奏した経験がありますが、
なかなか優秀な団体でした。

そういった中でも、やはりこれはという国のオーケストラは、
演奏の水準が高く、また意識の高いプログラム内容をもって
その国の文化の要となるような活動を展開しています。
ドイツ、フランス、イギリス、アメリカ、等が
その代表的な国として挙げられるでしょうか。

日本も、アジアの国でありながら、
その仲間に入っていると私は考えています。
しかしながら・・・
現状はかなり厳しいということもまた事実でしょう。
例えば、日本で最も有名なオーケストラと目される
NHK交響楽団(通称N響)の
定期演奏会に行ってみてください。
客席の年齢層の高いことといったら、
最早半端ではありません。
50歳台の私が行っても、私より若い人を見つけるのに
多少は苦労を伴うほどなのです。
あと5年~10年と経っていった時に、
果たして聴衆はどのくらい居るのだろうかと、
考えさせられてしまいます。

###NHK交響楽団のCDの一例###
プロコフィエフ/交響曲第6番
      バレエ音楽「ロメオとジュリエット」(抜粋)
指揮=シャルル・デュトワ 管弦楽=NHK交響楽団
LONDON / POCL-1826
N響&デュトワCD

しかしながら・・・
オーケストラの音楽は、本当に素晴らしいものです。
若い皆さんも、是非ともオーケストラを聴きに
コンサートホールに足を運んでください。
きっと、心と人生を豊かにしてくれます。
クラシック音楽の要となるオーケストラという文化を
皆さんの力で守り立てていってください。

日本が世界に誇る伝統音楽や伝統芸能と
インターナショナル・スタンダードとしての
オーケストラを核としたクラシック音楽が
どちらも極めて盛んであるところが、
日本が世界的に見ても断然特有の輝きを放つ、
文化立国・文化大国への要なのです。

このブログでも、オーケストラの情報や、
交響曲等のオーケストラ作品の紹介を、
断続的にアップしていきます。

若い皆さん!オーケストラを聴きましょう!

2013年5月のウクライナでの私が指揮した演奏会の写真を
最後にアップしておきましょう。

・・・<Donbas Modern Music Art 2013>
  ファイナル・コンサートのプログラム全てを指揮・・・
Vadim&Olgaの二人と共に

・・拙作<PHONOSPHERE Ⅳ-b for Guitar and Orchestra>
   を含むホール現代作品6曲(うち協奏曲5曲)という
    極めてハードなプログラムの指揮は大変でした・・・
Phonosphere4-b演奏直後

・・・結果としては会場総立ちの大喝采となり、
    ドネツク・フィルハーモニックも大満足の
     素晴らしいコンサートになり安堵しました・・・
終演直後の興奮

生身の人間が何十人も力を合わせて
一つの音楽を演奏するという行為は、
実に貴重で意義がある営みであると思います。
一人でも多くの方が、その想いと音楽を
聴き手として共有されることを願ってやみません。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
朝日新聞出版から刊行されている「週刊朝日百科シリーズ」
の一環として毎週発行されている雑誌、
<私鉄全駅・全車両記事>のご紹介が、
回を重ねて第17号となりました。
今号は西武鉄道の紹介です。

私鉄全駅・全車両基地17/西武鉄道1

###私鉄全駅・全車両基地17/西武鉄道1###

西武鉄道は、東京の西郊、JR中央線の北のエリアを主体に
路線網を伸ばしてきた私鉄です。
武蔵野鉄道や川越鉄道等、多くの鉄道会社の合併を経て
今日に至っているという経緯から、
国分寺から川越にかけての複雑な路線網が形成されたようです。

この号では、西武鉄道一番の本線にあたる池袋線・西武秩父線、
その支線にあたる豊島線と狭山線、
東京メトロとの相互乗り入れのために建設された西武有楽町線、
そしてポツンと離れたところに在る多摩川線、
更には新交通システムの山口線が、紹介されています。

有料特急電車から西武所沢工場独特の3ドア車両、
そして近年の最新型通勤車両まで、
更には新交通システムの山口線の車両までが登場する他、
恒例の全駅紹介も掲載されています。

様々な車両と全駅紹介

今でこそ新宿や渋谷と並ぶ巨大ターミナルとして
一大繁華街となっている池袋駅とその周辺ですが、
昭和28年頃の風景はこのようなものだったそうです。
まだ旧塗色であった都電(17系統/池袋-数寄屋橋)が、
都心への大動脈になっていた時代です。

昭和28年の池袋駅東口の風景

その他、池袋線沿線の懐かしい風景や、
西武ライオンズの本拠地の最寄り駅=西武球場前の紹介等、
様々な記事が掲載されています。
東京都区内の城南地域に生まれ育った私にはあまり馴染が深くない
西武池袋線ですが、このところの東京メトロ副都心線を介しての
東急・東横線との相互乗り入れ直通運転の開始によって、
かなり身近な感じがしてきました。

池袋線の懐かしい風景など

この秋は、秩父線を利用して・・・
長瀞や三峰山の紅葉を見に行こうかな・・・
などと考えている私です。

西武鉄道の紹介は次号に続きます。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はこのシリーズの初演済の中の最新作、
《フォノ ⅩⅣ》~チェロ独奏の為の断章~の紹介です。

深新會第34回作品展で発表する作品を書くにあたって、
このPHONOシリーズのヴァイオリン(第7番)と
ヴィオラ(第13番)に続く弦楽器のための独奏曲として、
チェロを選びました。

初演を託した演奏家は、以前から拙作の演奏を
お願いしたかった気鋭の俊英=多井智紀氏でした。
私の期待を超えるような、正に鬼神といった様相の
壮絶な初演となりました。

曲は、弓を使わずに打楽器のような導入部が続く中で、
やおら両手に弓を持って演奏する部分が交錯するようになり、
次第に楽音らしき音も散見されるようになります。
やがて琵琶を思わせる楽想に入っていきます。
そしてチェロの音色をたっぷり聴かせる"歌"が紡がれますが、
何度も凶暴なピチカートによる和音で中断されながら
クライマックスに向かっていきます。
そして、超新星爆発の後の時空に漂うような
残映のような音楽が微かに続いて全曲を閉じます。

深新會第34回作品展

### PHONO XIV
       - Movement for Violoncello solo ###
    フォノ第14番~チェロ独奏の為の断章~
             (2016)   

       <深新會第34回作品展出品作品>

演奏時間:約12分

初演:2016年12月7日 
   東京オペラシティ リサイタルホール
    <深新會第34回作品展>
      (主催:深新會)
               
演奏:多井智紀

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この私のPHONOシリーズは未出版のものが多いので、
楽譜をお求めの方は、直接ご連絡をいただくか・・・
「マザーアース株式会社」(Tel:03-3455-6881)
を通してお問い合わせください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

そして、まだ私が独奏作品を書いていない多くの楽器の為に、
このフォノ・シリーズを書き重ねていきたいと考えています。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は「防災の日」です。
大正12年の9月1日は、関東大震災が起きた日付です。

東日本大地震・大津波(東北地方太平洋沖地震)
が起きてから約5年半が経ちました。
また、熊本大地震からも半年余りが経過しました。
謹んで犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。

更には、1日も早い復旧・復興を目指して、
自身の危険を賭して諸作業に従事しておられる方々に、
エールを送るものです。

また、8月30日から9月5日は
「防災週間」とされています。

2013年の「防災週間」から適用が開始された
気象庁が発令する「特別警報」についても
情報を確認しておきたいところです。
今までの「注意報」と「警報」に加えて、
更に「命を守る行動を直ちにとるように!」という
その地域にとって数十年に一度の災害が予測される場合に
発令される警報ということです。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-夕暮れの富士2(鮎沢PAより)

さて・・・話題を変えて・・・

私が師事して作曲の手ほどきを受けた
故・池内友次郎先生の著書に、
「父 高濱虚子~わが半世紀」(永田書房刊)があります。
その中の45ページに関東大震災の経験が綴られています。
当時、鎌倉にお住まいだったご一家でしたが、
在宅中の出来事だったようです。

関東大震災(大正12年)がマグニチュード7.9で、
今回の大震災がマグニチュード9.0ですから、
一昨日の地震の大きさにあらためて愕然とします。
(マグニチュードは地震のエネルギー規模を表わす単位で、
1上がると約32倍、2上がると1000倍になります。)

池内友次郎先生は、日本人として初めて
パリ国立高等音楽院(コンセールヴァトワール)の
正式な学徒となられた作曲家です。
現在の藝大をはじめとする日本の音楽大学の基礎教育、
和声・対位法・ソルフェージュ等のフランス式教育メソードを、
持ち替えって普及・定着させた功績は計り知れません。

その父君が高濱虚子先生です。
正岡子規の一番弟子格として、晩年の子規の傍に常に居て、
「ホトトギス」を引き継ぎ運営した、
近代日本の短詩型文学界の偉人の一人です。
司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」にも登場する人物です。

私が現在代表を務めている作曲家同人 ”深新會" は、
もともと池内友次郎先生の門下生の団体として発足した會です。
「深いことは新しいこと」という虚子先生の言葉から命名された、
由緒有る會の名称です。

そして今日の写真は、記事の中で紹介した書籍=
「父 高濱虚子~わが半世紀」(池内友次郎/永田書房刊)
の表紙です。ご一読をお勧めしておきます。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-池内友次郎著「父 高濱虚子


偉大な先人の必死の、そして真摯な業績の積み上げによって、
今日の日本や世界があることを思い起こして、
「防災の日」を過ごしたいと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
作曲家グループ邦楽<2010>では、毎年、新作を中心に
「音のカタログ」コンサートを開催しています。
来たる9月13日(水)には、その7回目となる
【音のカタログ vol.7】が開催されます。
8作品のうち5作品は初演、または改作初演となります。
当日は出品者、出演者関連の楽譜を会場のロビーに
展示され、購入することが出来ます。

私=松尾祐孝は、旧作ではありますが、
<フォノ第11番~二十絃箏独奏の為に~>を出品します。
吉村七重氏のために2012年に書いた作品ですが、
今回は内藤美和さんに二十五絃箏で演奏していただく
という新機軸の提示となります。

この"音のカタログ"は、毎回、様々な志向と個性を持つ
作曲家達が、様々な邦楽器を含む楽器編成の作品を出品して、
質量共に充実した演奏会になっています。
皆様のご来場をお待ちしております。

音のカタログvol.7表

#####【音のカタログVol.7】#####
 作曲家グループ<邦楽2010>コンサート

2017年9月13日(水) 6時半開演(6時開場)
    杉並公会堂 小ホール(荻窪)
  チケット:¥3000 (当日前売りとも)

program(演奏順未定)

●神坂真理子:
  「桜吹雪」?尺八・箏・十七絃のために? (2016)
尺八:金子朋沐枝、箏:野田美香、十七絃:合田真貴子

●川越道子:
   Shakuhachi & SYNTAL No.4 [初演]
尺八:大山貴善、SYNTAL: 川越道子

●眼龍義治:
   すいふようー二面の箏のためのー[初演]
箏:身崎有希子、松澤佑紗

●田丸彩和子:
   雙蝶のわかれ〜北村透谷の詩による〜 [初演]
筑前琵琶:尾方蝶嘉、薩摩琵琶:川嶋信子

●橋本 信:
   EtamineⅢ(エタミーヌⅢ)[初演]
尺八:大河内淳矢、琵琶:榎本百香、十七絃:吉澤延隆

●前田智子:「阿頼耶」
  ~~尺八とヴァイオリンのために~~(2016)[改作初演]
尺八:田嶋謙一、ヴァイオリン:河村典子

●松尾祐孝:
   フォノ第11番~二十絃箏独奏の為に~(2012)
二十五絃箏:内藤美和

●溝入敬三:
  “マイクロトーンズ・スタディ” 十三絃箏のための (2016)
箏:神囿歌世子

●(司会)田中隆文(邦楽ジャーナル編集長)

チケット販売開始 6月13日より
●申込み・問合せ:作曲家グループ<邦楽2010>事務局
            邦楽アソシエーション

 Tel.03-5338-9530 Fax.03-5389-7690
 info@asoshi.com

●後援:邦楽ジャーナル
    公益財団法人
    日本伝統文化振興財団
    日本現代音楽協会/
協力:おことの店 谷川

デザイン:田中茉莉

杉並公会堂
東京都杉並区上荻1-23-15?TEL:03-3220-0401
JR中央線・東京メトロ丸ノ内線 荻窪駅北口から徒歩7分

音のカタログvol.7裏

【作曲家グループ<邦楽2010>参加作曲家(2017.6.1現在)】

石井由希子/神坂真理子/川越道子/川崎絵都夫/菅野由弘/眼龍義治/北方寛丈/吉川和夫/
橘川 琢/慶野由利子/ シュムコー、コリーン・クリスティナ/近藤春恵/佐藤容子/篠田大介/
高橋久美子/高橋雅光/たかの舞俐/田口和行/田中修一/田中範康/田丸彩和子/ダリル・ゼミソン/
壺井一歩/中澤道子/橋本信/尾藤弥生/藤原典子/マーティン・リーガン/前田智子/松尾祐孝
/松村百合/三村磨紀予/溝入敬三/三輪眞弘/森亜紀/山口淳
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。