松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~

創造芸術は人間の根源的な表現欲求と知的好奇心の発露の最も崇高な形。音楽家・作曲家を目指す貴方、自分の信じる道(未知)を進んでいきましょう。芸術・音楽・文化と共に東日本大震災を乗り越えよう~頑張れ日本!〜がんばろうニッポン!


テーマ:
ロシア(旧ソ連圏)の作曲家=プロコフィエフの
交響曲を探訪しています。
今日は、最も有名な第5番の紹介です。

セルゲイ・セルゲーエヴィチ・プロコフィエフ
(Sergei Sergeevich Prokofiev)は、
1891年生まれで1953年没の
ロシアの作曲家・ピアニスト・指揮者です。

あらためて、交響曲作品を列挙してきましょう。
<交響曲 ホ短調>(1908年)
<古典交響曲 ニ長調(交響曲第1番) 作品25>(1917年)
<交響曲第2番 ニ短調 作品40>(1925年)
<交響曲第3番 ハ短調 作品.44>(1928年)
<交響曲第4番 ハ長調 作品47>(第1版:1930年)
<交響曲第4番 ハ長調 作品112>(第2版:1947年)
<交響曲第5番 変ロ長調 作品100>(1944年)
<交響曲第6番 変ホ短調 作品111>(1947年)
<交響曲第7番 嬰ハ短調「青春」作品131>(1952年)

ご覧の通り、第4番を書いた後にかなりの空白期間があります。
歌劇やバレエ音楽の作曲を抱えていたことや、
ヨーロッパ全体がナチスの台頭によって
不穏な空気に包まれていく中で、
なかなか交響曲の発表は難しかったのかもしれません。

しかし、ナチスが遂にソ連に侵攻を開始した1941年辺りから
プロコフィエフは祖国愛に目覚め、その発露としての交響曲、
そして作品100となる記念碑的作品として、
一段と強い意気込みをもってこの<交響曲第5番>を
1944年に書き上げたのでした。

初演は作曲家自身の指揮によって1945年に行われました。
<古典交響曲><ピーターと狼><交響曲第5番>という
プロコフィエフ・プログラム演奏会での初演でした。

私の仕事場のライブラリーには、このCDが在ります。

プロコフィエフ/交響曲第1番「古典交響曲」
        交響曲第5番
 アンドレ・プレヴィン指揮
 ロスアンジェルス・フィルハーモニック
 PHILIPS / PHCP 9231
プレヴィン盤CD

###<交響曲第5番 変ロ長調 作品100>###

{第1楽章} 
ソナタ形式による冒頭楽章です。
序奏かと思わせるようなどっしりとした立ち上がりから
第一主題が発展的に提示された後に、
対照的な第二主題に移行します。
展開部の筆致も実に高度なもので、
この作曲家の代表作であることを
最初の楽章から充分に納得させてくれます。

[第2楽章] 
プロコフィエフの近代的な楽想と
軽妙なオーケストレーションが相俟った、
充実したスケルツォ楽章です。
主部はニ短調、トリオはニ長調を基盤としています。

[第3楽章]
叙情的でありまた歌謡性も包括した緩徐楽章です。
構成は、ロンド形式を敷延したものと考えられます。
ラフマニノフとはまた一味違った連綿とした旋律が
独特の美しさを湛えています。

[第4楽章]
ロンド形式による快速・快活な終楽章です。
ほぼABACABAの基本的なロンド形式に沿って
分析が可能な明快な音楽ですが、創意に満ちています。
最後の部分(コーダ)では、
ロンド主要主題を核としつつも、
他の主題も絡めて目まぐるしい展開となり、
一瞬室内楽的な合奏に収縮した後に
突然の強奏で終わるというユニークな結尾です。

YouTube / Prokofiev: Symphony No. 5 in B flat major
       (Yannick Nézet-Séguin, Proms 2013)


世界のメジャー・オーケストラでも
しばしばプログラムに登場しているようです。
プロコフィエフの代表作としてすっかり定着しています。
ポピュラーな名曲として広く親しまれています。

しかし、滅多に聴く機会が無い第2番・第3番・第4番
そして第6番の緊張感と冷徹な楽想や時に難解な音楽と
聴き比べると、プロコフィエフの交響曲の中では、
この第5番がむしろ例外的な存在であるようにも
考えられます。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
4月25日~27日にアップした記事、
<ISCM世界音楽の日々'92ワルシャワ大会>の
体験記を書いた後で過去の資料を掘り起こしてみると、
想い出深い写真が出てきたので、
追伸として幾つかアップしましょう。

1枚目は、モスクワの赤の広場の風景です。
私の欧州初体験は、ここから始りました。
$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-モスクワ・赤の広場

2枚目は、Diego Luzuriaga 氏と語らう私です。
この出会いが、後年の日本とエクアドルの間の
音楽文化国際交流に繋がっていったのです。
$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-Diego Luzuriaga氏との出会い

3枚目は、拙作の演奏直後のカーテンコールのシーンです。
(<飛来>Ⅳ~独奏ピアノを伴う室内オーケストラの為に~)
ピアノ独奏のLouise Beaaetteさんと握手のシーンです。
この時、客席にWitold Lutoslawski氏が居られたのです。
$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-ワルシャワでのカーテンコール

4枚目は、終演後に地元の放送局からインタビューを
受けて、必死で英語で応対している私です。
「東欧の犠牲者へのレクイエムとして書いた作品が、
 このワルシャワの地で欧州初演されて非常に嬉しい。」
という内容を説明したつもりでしたが、
上手く伝わったかどうか。
$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-ワルシャワでのインタビュー

最後は、当時のISCM事務局長のHenk Heuvelmans氏と
Louise Bessetteさんと、私のショットです。
$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-ISCM事務局長とベセットさんと

これらの写真のシャッターを切ってくれた
地元紙の若いカメラマン氏とも、随分と親しく話をしました。
私の初ヨーロッパ体験は、様々な出会いで彩られています。
この年から、私の国際的な活動が本格化していきました。
約20年前の想い出です。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
『サンダーバード』讃!~にせ者にご注意~は、
日本では第21話、英国本国では第16話
として放送されました。

タイトルから推察される通り、
国際救助隊のニセモノが登場するのです。
そして救助活動とみせかけている中で
まんまと新型戦闘機の設計図を盗み出してしまうのです。
アメリカ軍に犯人と思い込まれた国際救助隊は、
うかつに出動すると基地の場所が判ってしまい
攻撃を受けかねないという窮地に追い込まれます。

そのような状況の中で、宇宙観測ステーションの隊員が
宇宙空間に投げ出されてしまう事故が発生、
ジェフ(パパ)が苦渋の選択を迫られる・・・
という物語です。

偽物の居所を察知すべく、
全世界に秘密のネットワークを敷く秘密諜報員の中で、
とぼけた味が微笑ましい47号が大活躍を見せて、
ペネロープ嬢(ロンドン・エージェント)と
パーカー(ペネロープの執事)の協力によって、
何とか事件は解決していきます。

ちなみにその秘密諜報員47号ですが、
ジェフ・トレイシーのアメリカ空軍時代の同僚で、
現在は南部の田舎で静かな余生を送っているという
人物設定です。
ボロボロのクラシックカーで疾走するシーンも登場しますが、
何とチューンナップ仕様でブーストアップして、
最新型スポーツカーをぶち抜いてしまします。
シリアスなストーリーではありますが、
非常にコミカルな演出が利いています。

このような人間模様の描写も、
人形劇であることを忘れてしまうような出来栄えで、
ただただこの時代の物づくりの素晴らしさに感服します。


写真は、様々な装備を搭載したコンテナが並ぶ、
サンダーバード2号の格納庫の光景です。
「今日は何番装備で出動するのだろう!」とワクワクしながら、
こどもの時分はブラウン管の前にかじりついていたのです。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-装備のバリエーションを誇る2号の格納庫
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
田園調布駅の近くの線路を見下ろす高台に、
桜並木が続いている素敵な場所があります。

田園調布線路脇の桜1

東横戦と目黒線が行き交う複々線を見下ろす場所に
在るために、相互乗り入れ各社の車両も含めて、
様々な電車と桜のコンビネーションを楽しむことができる、
鉄道ファンにも密に有名なスポットです。

田園調布線路脇の桜2

線路の向こう側、嘗て田園コロシアムが在った辺りにも
ソメイヨシノが見られるようです。

田園調布線路脇の桜3
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
井岡一翔が世界タイトル戦勝利数で
具志堅用高の持つ日本記録=14勝に並びました。

世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチが
去る4月23日にエディオンアリーナ大阪で行われました。
チャンピオンの井岡一翔が、
同級2位のノクノイ・シットプラサート(タイ)を
3-0の判定で下して、同級で5度目の防衛に成功して、
これまでのタイトル奪取や防衛と併せて
世界戦14勝目となりました。

対戦相手のシットプラサートは無敗61連勝中の強豪でしたが、
手数と有効打で終始圧倒した内容で、
KOこそ逃したものの、完勝でした。

YouTube / 井岡一翔VSノクノイ
      WBA世界フライ級タイトルマッチ 
     王者が12年無敗の挑戦者に貫録の完封勝ち


同日同会場で行われた
世界ボクシング機構(WBO)バンタム級タイトルマッチ
では、挑戦者=同級6位の大森将平が
マーロン・タパレス(フィリピン)に挑みました。
序盤こそ有効打を浴びせてタレパスを揺がせましたが、
次第にスタミナを失い、11回16秒TKOで敗れました。
残念ながら王座奪取とはいきませんでした。

尚、チャンピオンだったタパレスは前日計量で
体重超過のため失格となってしまったため、
王座は空位のままとなっています。

日本のジム所属の世界王者は、9人のまま変動ありません。

富士山写真3
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
プロコフィエフの交響曲の探訪を続けています。
今日は第4番をご紹介しましょう。

この<交響曲第4番>には新旧二つの版が存在します。
1930年版(作品47)と1947年版(作品112)です。

ボストン交響楽団創立50周年を記念委嘱作品として
クーセヴェッキーの依頼によって作曲された
1930年版は、演奏時間約25分の規模で
軽妙な作品であったそうです。
この時期に作曲していたバレエ音楽「放蕩息子」
の素材を転用しながら作曲された音楽です。
第3番が歌劇「炎の天使」から着想を得て作曲された
ケースと酷似しています。

しかし、交響曲第6番の作曲後に、
作曲者はこの作品を大幅に見直して、
初版の幾つかの素材を破棄した上で
より綿密な展開を施した新版を、
新たな作品番号も与えた形で発表しました。
今日の紹介はその新版、1947年版です。

一方で、旧版の軽妙な魅力を惜しむ向きも多く、
ジャン・マルティノンが全集に新旧両版を収録して以来、
数多くの両版収録の全集やディスクが誕生しています。
本ブログでも、近い内に、その両版に対する
私なりの見解を掲載したいと考えています。

私の仕事場のライブラリーには、このCDが在ります。
前述の通り密接な関係を持つバレエ音楽「放蕩息子」
とのカップリングになっています。

プロコフィエフ/交響曲第4番
        バレエ音楽「放蕩息子」
 マリン・オールソップ指揮 サンパウロ交響楽団
 NAXOS / 8.573186

プロコフィエフ/交響曲第4番CD

###<交響曲第4番 ハ長調 作品44 / 112>###

[第1楽章]
穏やかに始まる楽章ですが、
次第にヴォルテージが上がっていきます。
最終的には、ティンパニや大太鼓等
打楽器の強打が印象的な力感に溢れる冒頭楽章となります。
ソナタ形式に沿って分析できる構造を持っています。
ところどころの諧謔的な印象がある楽想は、
プロコフィエフならではの個性です。

[第二楽章]
第3番の第2楽章と同様に、
第一次と第二次の両大戦に挟まれたこの時代の
陰鬱な雰囲気も暗示しているな緩徐楽章です。
憧れのような感じと諦念が同居しているように、
私には感じられます。

[第3楽章]
プロコフィエフが得意とする通常のスケルツォ楽章
ではなく、メヌエット的な中庸なテンポ感の中で奏される
舞曲楽章の雰囲気を漂わせる間奏曲といった
独特の佇まいの楽章です。
トリオは、近代的なカボットといった雰囲気です。

[第4楽章]
ロンド形式を自由に活用した構成による終楽章です。
闊達な主部と中間部の悠然とした楽想が対照的です。
モダニズムも感じられる音楽です。

音楽そのものが持つ濃密な求心力としては、
<第3番>の迫力に及びませんが、なかなかの力作です。

YouTube / Prokofiev Symphony No. 4


<第2番><第3番><第4番>と
聴き進めてくると、なかなか聴き応えのある
重量級の作品群であることが判ってきます。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の<ISCM世界音楽の日々'93メキシコ大会>
の話題を続けます。

この年のISCM総会は、
前年のワルシャワ大会の総会に続いて、
重要な決議がなされました。
ワルシャワで準会員制度
(各国1正支部の従来の原則に加えて、
異なる団体の準会員としての加盟を認めるというもの)
が承認され、
このメキシコ大会では、その適用第1号として、
(社)日本作曲家協議会(JFC)の準会員としての加入
が承認されたのです。

当時、世界に冠たる経済大国でありながら
ISCM世界大会を一度も招致できずにいた
日本に対する風当たりは、相当に強いものでした。
既に、アジア作曲家連盟(ACL)の音楽祭を
1990年に東京と仙台で開催し、
大成功を収めていたJFCの加盟は、総じて歓迎されました。
日本正支部の日本現代音楽協会と
準会員の(社)日本作曲家協議会が
一致協力して、日本大会を開催してくれるのではないか
という期待がかかっていたように思われました。

実際、以後にそのような準備活動も始ったのですが、
なかなか思うようには事は運ばず、最終的には、
日本現代音楽協会が単独での開催を模索していき、
遂に2001年に日本大会を実現し、成功させたのです。
その顛末については、既にこのブログで長期連載済ですが、
いずれまた再アップして詳しくご紹介するつもりです。

話は戻って・・・このメキシコ大会あたりから、
ISCMに於けるアジアの加盟国の存在感が、
大きなものになっていきました。
1988年大会を主催した香港支部の要人は、
この頃から本部役員の常連になっていきました。

下は、私が記事を執筆した「音楽現代」誌面の一部です。
上段の写真は、会期中にアジア諸国のメンバー多数が
偶然に集まった時に撮影したショットです。
下段は、タマヨの大作が並ぶ博物館の荘厳な空間です。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-ISCMメキシコ大会アジア系作曲家集合写真
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
1938年にアメリカで起きた“ラジオドラマ「宇宙戦争」事件”
で有名は、SF小説「宇宙戦争」をご存知でしょうか。
イギリスの作家H・G・ウェルズが
1898年に発表したSF小説です。

「宇宙戦争」というタイトルで有名な映画が、
1953年と2005年の2回、アメリカで制作されています。

1953年の映画は、当時SF映画制作者として名高かった
ジョージ・パルとパラマウント映画の制作です。
監督はバイロン・ハスキン、脚本はバー・リンドンでした。
主なキャストは、フォレスター博士:ジーン・バリー、
シルビア:アン・ロビンソン、マン将軍:レス・トレメイン、
ナレーター/ラジオレポーター:ポール・フリーズ、他
といった陣容でした。

今から見るとコミカルでさえあるエイ型の宇宙船等が登場する
特殊撮影による映像ですが、ストーリーは緊迫を極めます。
約60年前の古い作品ですが、今でもDVDが販売されています。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-宇宙戦争(1953)DVD
コスミック CCP-156


この1953年制作の映画を観てから、2005年に公開された
スピルバーグ監督による「宇宙戦争」を観てみると、
忠実なリバイバルであると同時に、最新の技術を駆使した
独自の表現も盛り込んだ意欲作であることがよく判ります。

2005年制作の映画は、
監督はスティーヴン・スピルバーグ、
脚本はジョシュ・フリードマンとデヴィッド・コープ、
主なキャストは、レイ・フェリエ:トム・クルーズ、
レイチェル・フェリエ:ダコタ・ファニング、
ハーラン・オグルビー:ティ厶・ロビンス、
ナレーター:モーガン・フリーマン、他
という陣容でした。

「未知との遭遇」や「E.T.」で宇宙人(異星人)との交流を
ヒューマンに描いてきたスピルバーグ監督が、
非常に痛ましいシーンが続出するこの作品を発表したことは、
公開当時はいささか不自然にも思われましたが、
その後に前述の1953年制作の映画を知って、納得がいった次第です。

そしてまたこの映画には、2001年の同時多発テロに対する警鐘
も込められているように、感じられます。

ファンの間で有名なセリフが出てくるシーンのYouTubeです。


どちらの作品も、同じ結末を迎えますので、
ここではストーリーには触れないでおきましょう。
是非、自分の目と耳で確かめてください。

映画は楽し! 音楽もまた楽し!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
<サウンドクリエイター大賞>こと
<サウンド・クリエイター・オブ・ザ・イヤー>
が、今年で第5回の開催を迎えています。
いよいよ作品応募期間が始まりました。

SCY

今回=2017年 第5回の課題(テーマ)は、
「架空のアニメ・ゲームのための音楽」です。
テーマソング・キャラクターソング・ゲームなど
背景音楽等、任意の設定の作品を制作して応募してください。
添付資料に応募作品の設定も記述してください。
※映像付作品は対象外とします。

昨年に続いてサイキックラバーのYOFFYさんと
声優業界・アニメ制作業界の要人、
南沢道義氏(81プロデュース代表取締役)にも
審査員に加わってただく予定です。

≪審査員≫(予定)

渡辺 俊幸 (作曲家・編曲家)
YOFFY (作曲家・歌手)
山下 康介 (作曲家・編曲家)
南沢 道義 (株式会社81プロデュース代表取締役)
松尾 祐孝 (作曲家・指揮者・音楽プランナー)

結果発表エキシビションは、
6月28日に東京ビッグサイトで開催されます。
<第6回クリエイターEXPO>と連系しての実施です。
4月10日から作品応募の受付期間は、
4月10日から5月11日の間となります。
皆様の奮ってのご参加をお待ちしています。

詳しくは、主催者公式HPをご覧ください。

http://www.jmecps.or.jp/webscc5

第5回サウンドクリエイター大賞
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。