松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~

創造芸術は人間の根源的な表現欲求と知的好奇心の発露の最も崇高な形。音楽家・作曲家を目指す貴方、自分の信じる道(未知)を進んでいきましょう。芸術・音楽・文化と共に東日本大震災を乗り越えよう~頑張れ日本!〜がんばろうニッポン!


テーマ:
ブラームスの4曲の交響曲、それぞれに個性の豊かな
出来の良い4兄弟といった趣です。
4月7日の記事での4曲をまとめた音楽談義に続いて、
ポツポツと、各曲の魅力について
私なりの寸評を披露していますが、
今回が最後の<交響曲第4番ホ短調>になります。

この作品の特徴は、まず何と言っても終楽章の構造に
シャコンヌ(パッサカリア)を採用したことでしょう。
バロック時代に盛んに用いられた様式を、
ロマン派の時代に終盤に見事に復活させた名曲
といって良いでしょうか。
すでに、<ハイドンの主題による変奏曲>の終曲で
シャコンヌ(パッサカリア)をロマン派の時代に復活
させていたブラームスですが、
この<第4番>の終楽章の神々しいまでの存在感こそが、
真のブラームスの代表作としての輝きを
燦然と放っていると思います。

このの交響曲は、1885年に作曲家自身の指揮による
マイニンゲン宮廷管弦楽団によって初演されました。
初演前の友人・知人のこの曲に対する反応は、
必ずしも捗々しくはなかったようですが、
実際の初演では、楽章毎に拍手が起こるほどの好評で、
翌週にはハンス・フォン・ビューロー指揮での
再演も行われ、一気に名曲として認知されたようです。

さて、楽章毎に音楽を追っていきましょう。

第1楽章は、ソナタ形式による冒頭楽章です。
叙情性たっぷりの主題が柔らかにしかし熱い情念を
内包しつつジワリと始動するような、
独特の出だしが先ず印象的です。
この冒頭楽章は基本的には力強く前進するように
随所で発展を見せますが、結局のところ聴き終わると、
ロマンを湛えた悲劇性を感じさせる音楽になっています。

第2楽章は、緩徐楽章です。
子供の頃に初めてこの楽章を聴いた時(妙な感想ですが)、
「エジプトのピラミッドの前で昼寝をしているような感じ」
と思ったものでした。
その種明かしは、音楽・作曲の勉強を進めていくうちに
次第に判ってきました。
冒頭の主題がフリギア旋法で書かれているために、
古代的(オーセンティック)な感興をもたらすのです。

第3楽章は、本来ならば舞曲楽章(メヌエットやスケルツォ)
が置かれるところですが、ブラームスは交響曲の第3楽章に、
典型的なスケルツォ(或いはメヌエット)を
一環して置きませんでした。
特にこの<第4番>の第3楽章は
行進曲的なスケルツォといった趣になっています。
ソナタ形式を上手く活用して、舞曲楽章の標準である
(複合)三部形式を感じさせるようなフェイクも織り込み、
まるで終楽章のように力強い音楽が構築されています。

第4楽章は、ブラームスの最高傑作と言う人も居る
シャコンヌ(パッサカリア)構造を採用した終楽章です。
テーマ+30変奏+コーダという構成は、バッハの
<無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番>の
終曲=有名なパッサカリア楽章や、
同じくバッハの<ゴルトベルグ変奏曲>の構成に通じる
伝統的な規模となっています。
しかし、ソナタ形式の洗礼を受けているロマン派の作曲家
としての独自性が盛り込まれています。
テーマ+9変奏(計10サイクル)が主要主題部、
続く6変奏(6サイクル)が緩徐部(副主題部)、
続く8変奏(8サイクル)が展開部、
更に続く7変奏曲(7サイクル)が再現部、
そしてテーマからなだれ込むコーダという構成によって、
シャコンヌ(パッサカリア)とソナタ形式が
見事に融合を果たしているのです。

このブラームス<交響曲第4番>の他、
チャイコフスキー<交響曲第6番「悲愴」>や
マーラー<交響曲第9番>にも見られる
“4楽章構成の第3楽章に終楽章のような力強い音楽を置く”
という共通点は、単なる偶然ではないように思われます。
ロマン派の終盤という時代・社会状況が
芸術家の心理に与えた影響がきっとあるのだと考えられます。

YouTubeにカルロス・クライバー指揮/
バイエルン国立歌劇場管弦楽団の演奏が
アップされているので、リンクを貼り付けておきましょう。
かつて私も、この組み合わせの演奏を
FMラジオ放送をエアチェックして
カセットテープに録音してよく聴いたものでした。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
<AO入試徹底指導&相談会>
今年度の二回目の開催のお知らせです。

AOという言葉は、アドミッション・オフィスの略称です。
従来からある一般的な入試での一発勝負による選抜方法以外に、
各教育機関のニーズに応じた推薦や自己アピール等の要素を
取り入れた選抜方法を工夫して実施する傾向が、
ここ10年で随分と浸透してきているのです。

私の勤務先でもある洗足学園音楽大学は、
その「AO入試」を最も有効に活用している
教育機関の一つと言えると思います。
受験希望者を継続的に指導・支援して最終受験に導きながら、
単なる選抜の域を超えて個々のレベルアップを図りながら
少しでも高い水準で入学を迎えられるように考えられた、
導入教育一体型といえるような実施内容を推進しています。

特に<音楽・音響デザインコース>の実技試験に代表される
「自己アピール」での人物評価を大きくクローズアップした
選抜方法は、卒業生の動向に照らしてみても
充分な成果を挙げていると言えるでしょう。

一昨年度から新展開を開始している<音楽教育コース>も、
「自己アピール」方式の実技試験を導入しています。
音楽に寄り添いながら、学校教育や生涯学習の世界で
働いていきたい貴方、どのような音楽指向の方でも
大歓迎ですので、是非アプローチをしてみてください。

そして、来年4月から新設となる
<声優アニメソングコース>の実技試験への
アプローチについての指導コーナーも始まります。

新校舎&新コース予告

今年度2回目の<AO入試徹底指導&相談会>が
6月7日(日)12:30~17:00に開催されます。
詳しくは洗足学園音楽大学HP
または上記のサイトにアクセスするか、
同大学入試センターにお問い合わせください。
当日の飛び込みでも何とか参加できると思いますが、
事前の申し込みをお勧めします。
http://www.senzoku.ac.jp/music/
examination/event/ao_150506.php


大学入試の事情、特に音楽大学の入試の事情は、
ここ10年で大きく様変わりをしました。
しかし、人間にとって音楽は欠くべからざる大切なもの、
音楽を音楽と認識できるという素晴らしい能力は
地球上で人間だけが持つものという事は、
変わりがありません。
音楽と伴に在る豊かな人生を・・・
受験生の皆さんの念願成就をお祈りしています。

春陽に輝くキャンパス
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
<サウンドクリエイター大賞>こと
<サウンド・クリエイター・オブ・ザ・イヤー>
が、今年で第3回の開催を迎えています。

今回はサイキックラバーのYOFFYさんに
特別審査員に加わってただくことになりました。

結果発表エキシビションは、
7月1日に東京ビッグサイトで開催されます。
<コンテンツ東京2015>で開催される
<第4回クリエイターEXPO>と連系しての実施です。

4月20日から始まった作品応募受付の締切が、
いよいよ明日=6月1日の夕方17時に迫ってきました。
まだ間に合います。
皆様の奮ってのご参加をお待ちしています。

第3回SCY表面

【クリエイターEXPO東京】を包括する
【コンテンツ東京2015】と連携して設定された
テーマが要求する方向性(クライアントの要望に相当)
に沿った作品を公募して、提出された作品の
音楽性・技術力・テーマへの対応力等の様々な側面から
総合的な判断の下に人材を発掘するコンクールです。
音楽コンテンツ制作の実際の現場に近い状況を設定した
コンクールにするために、テーマ(課題)を
公式ホームページやYouTubeやフライヤー等で告知をして、
それが要求する方向性にマッチした音楽作品の制作を
要求するというユニークなスタイルの
コンクールを実現していきます。

今年のテーマは「音・魂」です。
このテーマをイメージした作品コンテンツであれば、
どんなコンテンツでも大歓迎です。
生演奏を録音した作品、DAWで制作した作品、
インストゥルメンタル、歌もの、先端芸術的電子音楽、
等々、分野を問いません。
新鮮な作品コンテンツの誕生を期待しています。

第3回SCY裏面

##<第3回サウンド・クリエイター・オブ・ザ・イヤー>##
      ~略称:サウンドクリエイター大賞~

   ***第3回の課題(テーマ)=「音・魂」***
       (映像付作品での応募も大歓迎)

 募集作品=30秒~5分の範囲の音源・または映像付音源の
      オリジナル作品コンテンツ
 応募受付期間=2015年4月20日(月)~
        2014年6月1日(月) 午後5時まで
 参加料=1作品につき10,000円(複数作品の応募も可能)
 
 音楽クリエイターと映像クリエイターがタッグを組んで
 応募することも可能。参加料は1作品につき10,000円。

 表彰内容
 【グランプリ】=1名(組)/賞状・賞金25万円授与
         第4回(または第5回)
         クリエイターEXPO東京 個人ブース無料提供
 【ファイナリスト(入選)】=数名(組)/賞状を授与。

 表彰式=エキシビション:
     <クリエイターEXPO東京>会場内で開催
      2015年7月1日(水)/ 東京ビッグサイト
      第4回クリエイターEXPO会場にて実施

● 運営委員会
 顧   問 :赤松 昌代
     (公益財団法人日本音楽教育文化振興会理事長)
 運営委員長 :佐々木 隆一
 実行委員長 :松尾 祐孝
 実行副委員長:松井 朋巳
 実行委員  :川端 清明

● 審査委員会(審査取纏め:実行委員長)
 渡辺 俊幸 (特別審査員/作曲家・編曲家)
  YOFFY  (特別審査員/シンガーソングライター)
 山下 康介 (審査員/作曲家・編曲家)
 宮木 朝子 (審査員/作曲家・サウンドクリエイター)
 小阪  淳  (審査員/美術家・映像クリエイター)

● コンクール事務局(JMECPS事務局内に設置)
 公益財団法人日本音楽教育文化振興会

公式HP:http://www.jmecps.or.jp/webscc3
facebook:https://www.facebook.com/web.s.c.c01

エキシビジョン会場=東京ビッグサイト
東京ビッグサイト外観
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
洗足学園音楽大学では、来年4月に新コース、
声優アニメソングコースを開設します。
7月から9月にかけて、開設プレイベントを
断続的に展開することにしていますが、
先ずは先行情報がネット上で発表されました。

##洗足学園音楽大学HP
         「声優アニメソングコース」紹介##
http://www.senzoku.ac.jp/music/school/course/anime/

今後の情報詳細は、主に下記の
公式特設サイトから発信していきます。
##声優アニメソングコース公式特設サイト
                  [AS Campus] ##
http://www.sgas2016.com

7月と8月の研修会&オーディションを行い、
9月にファイナル・ラウンドで成果発表ができる
高校生限定イベントの情報はこちらのページです。
応募・参加の申込み受付は6月15日に開始となる予定です。
ネット上にアップされる予定のフォームから
各種イベントにエントリーしてください。

###「高校生イベント参加型オーディション」###
         先行情報ページ
http://www.sgas2016.com/
asイベント情報/高校生オーディション/

その成果発表コーナーも含めたフェスティバル、
〖声優アニメソング"秋の陣"@洗足〗は、
9月21日(月祝)22日(火祝) 23日(水祝) の開催です。
こちらは各種の無料公演が多彩に繰り広げられます。
皆様お誘い合わせの上、お気軽にご来場ください。

###〖声優アニメソング"秋の陣"@洗足〗###
          先行情報ページ
http://www.sgas2016.com/
asイベント情報/アニソン秋の陣/

春陽に輝くキャンパス

皆様のご注目、高校生の積極的なエントリー、
多くの皆様のご来場、等々・・・
お待ちしております。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
京都プチ散策のシリーズも今朝のアップでお開きです。

ローム境地駅前ビルの背後に、
高いクレーンを大屋根が見えました。

ローム社ビル

京都夕景3

ますます陽が傾いて景色が紅く染まっていく中、
目を凝らしてみると・・・
大屋根の中には大きな社があるようでした。
どうやら、東本願寺阿弥陀堂修復工事のようです。

東本願寺阿弥陀堂修復工事

約3年前から今年一杯までかけて、
大規模な修復を行っているそうです。
最先端の現代建築である京都駅ビルから、
歴史的建造物の恒久的保存のための修復工事を眺める
ことも、京都ならでは経験でした。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ブラームスの4曲の交響曲、それぞれに個性の豊かな
出来の良い4兄弟といった趣です。
4月7日の記事での4曲をまとめた音楽談義に続いて、
ポツポツと、各曲の魅力について
私なりの寸評を披露しています。

今日の記事は<交響曲第3番へ長調>です。

もっとも演奏時間が短い小振りな佇まい・・・
全部の楽章が弱奏で閉じられるという珍しい構成・・・
半音階的な和声運用を駆使した新鮮なロマン性の表出と
ブラームス独特の叙情性や憂愁の深化・・・というように、
比較的地味なイメージがあるこの<第3番>ですが、
一方では終楽章の前進的・肯定的な音楽前進もあって、
かつての名指揮者=ハンス・リヒターは、
『ブラームスの「英雄」だ!』という言葉を残しています。

この三番目の交響曲は、1883年に交響曲に温泉地として名高い
バーデン・バーデンに滞在して作曲され、
同年12月にハンス・リヒター指揮による
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によって初演されました。
<第2番>も同じ演奏陣による初演でした。
どちらも大成功だったということです。

さて、楽章毎に音楽を追っていきましょう。

第1楽章は、ソナタ形式による冒頭楽章です。
冒頭の印象的な和音進行の中に潜む動機=
Fa-La♭-Fa という音型が、
へ長調でありながらへ短調への接近も感じさせる
響きの陰影を醸し出します。
実はこれが全曲を統一する主要動機になっていることは、
第2番冒頭のRe-Do#-Reと並んで有名な話ですね。
この響きの陰影を内包しつつも、
この冒頭楽章は基本的には力強く前進していきます。
提示部終止に反復記号は記載されています。
演奏時間が短い分、実際に反復を実施される演奏の頻度が、
高いのではないでしょうか。

第2楽章は、緩徐楽章です。
<第2番>の第2楽章に続いて、
“ソナタ形式を応用した緩徐楽章”とでもいうべきな、
発展的な昼間部を擁した充実した音楽になっています。

第3楽章は、本来ならば舞曲楽章(メヌエットやスケルツォ)
が置かれるところですが、ブラームスは交響曲の第3楽章に、
典型的なスケルツォ(或いはメヌエット)を
一環して置きませんでした。
特にこの<第3番>の第3楽章は
舞曲楽章の性格から遠いところにあるもので、
感傷的なテーマが印象的な三部形式による
間奏曲となっています。
その旋律が有名で人気の高く、フランク・シナトラや
大貫妙子によって、歌詞を付されて歌唱されています。

第4楽章は、ブラームス流終楽章ソナタ形式の応用です。
<第2番>の動機を活用しているように聴こえる
第1主題に始まります。
やがてこの作品の基本動機の核となる三度音程が絡みはじめ,
力強い音楽が前進していきます。
楽章の構成としては、<第1番>の終楽章で採用した
展開部と再現部を一体化した独自のソナタ形式の
序奏を無くして規模を小さくしたものと考えると
かなりすっきり理解ができます。
力強い音楽のまま押しきらずに、
最後は回想や憧れを暗示するような穏やかな結尾となります。

弱奏で全曲を閉じる交響曲は、
古典派からロマン派中期まではほとんど例を見ません。
ところが、この作品の書かれた時期、
つまり19世紀終盤から、このブラームス<交響曲第3番>や
チャイコフスキー<交響曲第6番「悲愴」>の登場から、
次第に様相が変化していきます。
マーラー<交響曲第9番>を筆頭に、二十世紀に誕生した
交響曲には、弱奏で曲を閉じるものがとても多くなります。

さて、この<第3番>、ブラームスの交響曲の中では
最も演奏頻度の低いものかもしれませんが、
独特のロマンティシズ厶を讃えた音楽性を愛好している方も、
きっと多くいらっしゃることでしょう。
フランソワーズ・サガン原作の映画
「ブラームスはお好き」にも流れてくる、
女性に人気の高い交響曲と言えるでしょうか。


仕事場のライブラリーにあるCDのご紹介です。
指揮=ギュンター・ヴァント
管弦楽=北ドイツ放送交響楽団
RCA / BVCC-37252
$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-ブラームス第1・3番ヴァント盤

指揮=レナード・バーンスタイン
管弦楽=イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
による演奏のブラームスは珍しい組み合わせですね。
<交響曲第3番>第3楽章のYouTubeをリンクしましょう!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
明日のコンサートのご案内です。
ドイツ在住の気鋭のピアニスト=中村麗さんと、
エクアドル出身で現在スコットランドのエジンバラで
研鑽を積んでいる作曲家=ホセ・ラファエル・スビア氏
等による、刺激的なプログラムによる演奏会が、
明日、東京文化会館小ホールで開催されます。

メインは「春の祭典」の2台ピアノ版です。
中村麗さんとその師である日置寿美子さんが
難曲&大曲に挑みます。
スビア氏の委嘱書き下ろしの新作も楽しみです。

###く二人のビアニストと二人の打楽器奏者による
          ~ LE SACRE DU PRINTEMPS>###
  2015年5月31日(日) 13:30開場/14:00開演
  東京文化会館小ホール
  全自由席(前売り:4000円 /当日券:4,500円 )
〔主催・問合せ] 春の祭奥実行委員会
 090-2768-6380 / 0805515-1321
〔曲目〕 ホセ・ラフアエル・スビア /
      内なる懇い(ピアノ&打楽器)〈委嘱初演〉
    ヤニス・クセナキス /
      ルボンズB(打楽器独奏) 
    ストラヴィンスキー / 春の祭典(2台ピアノ版)
                          他
〔出演〕 ピアノ: 日置寿美子 中村麗
     打楽器:パスカル・ポンズ  吉岡孝悦

中村麗さん公演

演奏会に先立ち、開催の三日前にあたる27日に、
レクチャー&ワークショップが開催されましす。
電子音楽(コンピュータ音楽)に関する
興味深い開設と演奏を聴くことができました。

【作曲家ホセ・ラファエル・スビア氏を迎えて
           ~レクチャー&ワークショップ】
 2015年5月28日(木) @洗足学園音楽大学ビッグマウス

【第1部 】
 ♪ ミニ・レクチャー : 電子音楽の歴史について
 ♪ ワークショップ I : テープ作品試聴 &解説
【第2部 】
 ♪ ワークショップ II : [chiral]再生&解説
 ♪ 質疑応答コーナー
  通訳 : 大原裕子(作曲家・本学講師)
  企画協力 : 中村麗(ピアニスト)
  音響協力 : 音楽・音響デザインコース
  ナビゲーター : 佐藤昌弘
    (本学教授 / 日本現代音楽協会 理事 事務局長)
         松尾祐孝
     (本学教授 / 日本現代音協会 理事 広報部長)
 共催:日本現代音楽協会

スビア氏WSチラシ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
<サウンドクリエイター大賞>こと
<サウンド・クリエイター・オブ・ザ・イヤー>
が、今年で第3回の開催を迎えています。

今回はサイキックラバーのYOFFYさんに
特別審査員に加わってただくことになりました。

結果発表エキシビションは、
7月1日に東京ビッグサイトで開催されます。
<コンテンツ東京2015>で開催される
<第4回クリエイターEXPO>と連系しての実施です。
4月20日から始まった作品応募受付の締切が、
いよいよ明後日6月1日に迫ってきました。
まだ間に合います。
皆様の奮ってのご参加をお待ちしています。

第3回SCY表面

【クリエイターEXPO東京】を包括する
【コンテンツ東京2015】と連携して設定された
テーマが要求する方向性(クライアントの要望に相当)
に沿った作品を公募して、提出された作品の
音楽性・技術力・テーマへの対応力等の様々な側面から
総合的な判断の下に人材を発掘するコンクールです。
音楽コンテンツ制作の実際の現場に近い状況を設定した
コンクールにするために、テーマ(課題)を
公式ホームページやYouTubeやフライヤー等で告知をして、
それが要求する方向性にマッチした音楽作品の制作を
要求するというユニークなスタイルの
コンクールを実現していきます。

今年のテーマは「音・魂」です。
このテーマをイメージした作品コンテンツであれば、
どんなコンテンツでも大歓迎です。
生演奏を録音した作品、DAWで制作した作品、
インストゥルメンタル、歌もの、先端芸術的電子音楽、
等々、分野を問いません。
新鮮な作品コンテンツの誕生を期待しています。

第3回SCY裏面

##<第3回サウンド・クリエイター・オブ・ザ・イヤー>##
      ~略称:サウンドクリエイター大賞~

   ***第3回の課題(テーマ)=「音・魂」***
       (映像付作品での応募も大歓迎)

 募集作品=30秒~5分の範囲の音源・または映像付音源の
      オリジナル作品コンテンツ
 応募受付期間=2015年4月20日(月)~
        2014年6月1日(月) 午後5時まで
 参加料=1作品につき10,000円(複数作品の応募も可能)
 
 音楽クリエイターと映像クリエイターがタッグを組んで
 応募することも可能。参加料は1作品につき10,000円。

 表彰内容
 【グランプリ】=1名(組)/賞状・賞金25万円授与
         第4回(または第5回)
         クリエイターEXPO東京 個人ブース無料提供
 【ファイナリスト(入選)】=数名(組)/賞状を授与。

 表彰式=エキシビション:
     <クリエイターEXPO東京>会場内で開催
      2015年7月1日(水)/ 東京ビッグサイト
      第4回クリエイターEXPO会場にて実施

● 運営委員会
 顧   問 :赤松 昌代
     (公益財団法人日本音楽教育文化振興会理事長)
 運営委員長 :佐々木 隆一
 実行委員長 :松尾 祐孝
 実行副委員長:松井 朋巳
 実行委員  :川端 清明

● 審査委員会(審査取纏め:実行委員長)
 渡辺 俊幸 (特別審査員/作曲家・編曲家)
  YOFFY  (特別審査員/シンガーソングライター)
 山下 康介 (審査員/作曲家・編曲家)
 宮木 朝子 (審査員/作曲家・サウンドクリエイター)
 小阪  淳  (審査員/美術家・映像クリエイター)

● コンクール事務局(JMECPS事務局内に設置)
 公益財団法人日本音楽教育文化振興会

公式HP:http://www.jmecps.or.jp/webscc3
facebook:https://www.facebook.com/web.s.c.c01

エキシビジョン会場=東京ビッグサイト
東京ビッグサイト外観
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
<スター・ウォーズ>シリーズの最新作、
「エピソード7~フォースの覚醒」の今年12月の公開が
待ち遠しくて仕方がない私です。
予告編のYouTubeをリンクしておきましょう。

YouTube / スターウォーズ エピソード7 予告 (2015)


<スター・ウォーズ>シリーズの魅力の大きな要素に、
ジョン・ウイリアムズ作曲の音楽の素晴らしさを
挙げることに異論を唱える方はまず居ないでしょう。

あの有名なテーマ音楽が高らかに鳴り響き始めた
第1作「エピソード1~新たなる希望」と同年、
今から38年前の1977年に、
同じくジョン・ウイリアムズ作曲のテーマ音楽が
世界を魅了した名画がロードショーとなりました。
スピルバーグ監督の代表作=<未知との遭遇>です。
私個人としては、正に~記念碑的名画!~
と言える作品だと考えています。

主人公=ロイやその他幾人かに起きる不思議な体験・・・
実は宇宙人からのメッセージなのですが・・・
そして彼らの戦時意識に刷り込まれた不思議な形が
やがてワイオミングにある山だと判り・・・
しかしその時既にアメリカ国防総省は宇宙人との
コンタクトを国家機密で極秘裏に進めており・・・
(不思議な刷り込みをされた)
選ばれた彼らは行く手を阻まれ・・
そして遂に宇宙船が姿を現して・・・
というストーリー展開です。

現代社会に起きているドキュメンタリー&サスペンス風の
脚本・演出になっているため、
ジョン・ウィリアムズの音楽は、
現代音楽手法を積極的に活用したものになっています。

DVD『未知との遭遇』(原題は第三種接近遭遇の意)
ファイナル・カット版
SONY PICTURES / OPL-26501
松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-未知との遭遇DVD表

監督・脚本:スティーブン・スピルバーグ
製作:ジュリア・フィリップス&マイケル・フィリップス
音楽:ジョン・ウィリアムズ
◆キャスト◆
ロイ=リチャード・ドレイファス
クロード=フランソワ・トリュフォー
ロニー=テリー・カー
第50回アカデミー賞2部門受賞
         =撮影賞/特別業績賞(音響効果)
松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-未知との遭遇DVD裏

YouTubeもリンクしておきましょう。



1977年は、映画史上永く記憶される年でしょう。
この<未知との遭遇>と並んで、
スピルバーグ監督と並ぶもう一人の超大物監督=
ジョージ・ルーカスのライフワーク<スターウォーズ>シリーズの
第1作=<スターウォーズ-エピソード4~新たなる希望>が
公開された年(日本での公開は1978年)でもあるのです。

しかも、音楽は同じくジョン・ウィリアムズによる
サウンド・トラックなのです。しかしながら、
同じ年の同じ作曲家による音楽とは信じられない程に、
両者の音楽の性格は異なっています。
<スターウォーズ>は、空想未来宇宙映画ではありますが、
映画のスタイルとしては冒険活劇なので、
所謂ヒーロー物や活劇タイプの勇壮な
フルオーケルトラサウンドが採用されているのです。

<スターウォーズ-エピソード4~新たなる希望>予告編の
YouTubeをリンクしておきましょう。



ジョン・ウィリアムズの映画音楽作曲家としての懐の深さを、
この両名画の音楽から、伺い知ることができます。

映画は楽し! 音楽もまた楽し!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
京都駅ビルの屋上庭園を後にして、
階下のデパートに在る眺望が自慢の京料理居酒屋に
落ち着くことにしました。
東京に戻る新幹線に乗車する前に、
京都の夕景を眺めながら食事をしました。

京都ハイボールで乾杯

京都ハイボール(山崎蒸留所の「山崎」のソーダ割り)
のグラスを傾けながら、京料理のおばんざい盛り合わせを
つまみながら、極上のひとときを楽しみました。

京都夕景2

刻一刻と色調が変化する夕景にみとれる時間は、
静かで落ち着いた夢心地でした。
そして、ふと手前に見えるビルに気がつくと、
現代音楽をはじめとする現代芸術への支援を積極的に
展開されている京都地盤の企業「ローム / ROHM」社の
京都駅前ビルでした。
平素からのご支援に感謝をしなくてはいけませんね。

ローム社ビル
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。