• 31 Dec
    • 日本の食文化に感謝して〜来年も健康に過ごしましょう!

      年の瀬になってきましたね!日平素より私の食生活を支えてくれていす小さな素敵なお店、沖縄風居酒屋「チャンプルハウス」は、昨夜が忘年会でした。常連仲間が大勢集まって、たのしく杯を上げ、和やかに語り合い、美味しい料理に舌鼓を打ちました。常連仲間の一人の親類の農場から直送していただいた鳥肉をメインにした「水炊き」鍋と、島根県に転勤中の別の常連さんが手配してくださった本場の「松葉ガニ」の二大メイン特別料理を中心に、たっぷり味わうことのできた宴でした。食生活は、生きることの根幹に関ります。日本の食文化は、世界の多くの国や地域の中でも極めて恵まれた環境にあると言えるでしょう。四季の変化が明確でそれぞれの時季に旬の食材が出回り、海・川・陸の物がふんだんに手に入り、水も綺麗で豊かで酒類も美味しいという塩梅です。嬉しくそして幸せなことです。今年の暮の大ニュースとしては、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。素晴らしいことです!素晴らしき食生活と共に、来年も健康に過ごせますように!写真は、末広がりの「八」にあやかって、8本足の愛嬌たっぷりの「タコ・蛸」を模した「赤たこウィンナー」特別ヴァージョンにしましょう。通常の盛りつけよりも千切りキャベツが大盛りで、赤タコが大勢歩いているようにも踊っているようにも見える、微笑ましい一皿になっています。さああと数時間で年が明けます。どうぞ健やかに新年をお迎えください。

      テーマ:
    • 2013年を回顧して〜2020年東京オリンピック決定!〜

      2013年の回顧も、大晦日を迎えていよいよ最後です。明るいニュースの代表格としてクローズアップすべき話題として2020年東京オリンピック決定!を挙げなくてはなりませんね。9月初旬にブエノスアイレスで開催されたIOC総会(国際オリンピック委員会総会)で、2020年の夏期オリンピック大会の開催都市の決定セレモニーが、日本時間の9月7日未明に行われました。徹夜をしてテレビ中継に釘付けになっていた方も相当に多かったことでしょう。最終的に立候補都市は、トルコのイスタンブール、スペインのマドリッド、そして日本の東京の3者となっていました。この夏を迎えて東京が断然有利という前評判でしたが、最近の報道ではマドリッドの巻き返しが激しく、逆転されてしまうのではという雰囲気も漂っていました。第1次投票では、東京が42票でトップ、マドリッドとイスタンブール26票で並びました。そこで2位決定投票が行われることになりましたが、「イスタンブールとマドリッドで2位決戦投票が行われます」というアナウンスに一瞬日本が第1回投票で落選が決定したのではないかという誤解を生んでしまい、テレビ放送の現場も一瞬静まり返りましたが、直ぐに状況が正しく把握され安堵しました。2位都市決定投票では何と下馬評を覆してイスタンブールが勝ち残りました。そして最終決定投票が行なわれ、東京が60票、イスタンブールが36票、という結果となり、遂に日本の東京での開催が決定となったのでした。2020年のオリンピックとパラリンピックが、東京を舞台に行われることになったのです。さて、これからは夢を語るのではなく、現実に東京オリンピックを実現していく段階になります。開催都市決定投票には大きな影響を及ぼさなかったとは言え、福島の原発事故の事後処理による放射能汚染問題の速やかな解決が国際世論からも求められている現実に変わりはなく、その他にも問題や課題が無い訳ではありません。謙虚に考え、真摯に対応して、一歩一歩前進していきましょう。オリンピックの開催に連系して、パラリンピックはもとより、スポーツ振興んみならず、文化イベントも開催されていくでしょう。オリンピック開催の理念には、文化も含まれているからです。特に、開催国の伝統文化と前衛芸術・現代芸術に、焦点が当てられていくでしょう。現代音楽界も、その気運に参画して協創を繰り広げていきたいものです。何ともドラマティックな決定劇でした。おめでとう日本! おめでとう東京!頑張れ日本! がんばろうニッポン!来年=2014年が、スポーツや文化の更なる普及と発展と共に、素晴らしい一年になりますように!

      1
      テーマ:
    • 来年が良い年でありますように!〜大晦日に寄せて〜

      光陰矢の如し・・・早いもので大晦日になりました。皆さんにとって、今年はどんな一年でしたか?来年が、更に素敵な1年となりますよう、お祈りいたします。今夜から明治神宮への初詣客でごったがえすであろう、表参道の年末のイルミネーション風景をアップしておきましょう。一時期中断していた並木のイルミネーションも復活して、日本のシャンゼリゼと謂った雰囲気が戻ってきました。頑張れ日本! がんばろうニッポン!来年が、音楽と共に健康な1年となりますように!

      テーマ:
  • 30 Dec
    • 2013年を回顧して〜ユネスコ世界遺産登録/「富士山」と「和食」

      今年の明るい話題に、我が国の精神文化た無形文化がユネスコ世界遺産登録されたことが挙げられます。「富士山」と「和食」です。まず一つ目の「富士山」。富士山の世界遺産登録が遂に承認されました。日本人として富士山は特別格別な存在です。素直に嬉しく思います。連系して「三保の松原」の景観も登録されました。但し、増え続ける登山者に関連した諸問題、環境保全や事故防止等、課題も指摘されました。慢心でずに素晴らしい富士山を守っていきたいと考えます。私自身がシャッターを切った富士山の写真を幾つかアップしましょう。山中湖畔からのショット!新幹線の車窓からのショット!御殿場方面からのショット!東名高速鮎沢パーキングエリアからの夕景!今年5月にウクライナの現代音楽祭に出向いた時の羽田-関空便の機上からのショット!もう一つの「和食」は、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。日本の無形遺産は、歌舞伎や能楽などに続く22件目となります。国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)は、12月4日に、アゼルバイジャンの首都バクーで開催していた無形文化遺産保護条約の政府間委員会で、日本が推薦していた「和食:日本人の伝統的な食文化」を、無形遺産に登録することを決めました。「和食」は、政府が昨年3月に記載提案書を提出し、今年10月のユネスコの補助機関による事前審査で既に「登録」を勧告されていましたが、遂に本決定になった訳です。その提案書では、京都の精進料理や懐石料理、東京の鮨、東北地方の鍋料理など、北海道から沖縄に至る多様性を紹介。更には、うまみを多く含むダシの使用、みそやしょうゆなど発酵技術、さしみ包丁など独特な調理道具で食材の持ち味を引き出す工夫、葉や竹、器などで食卓を美しくしつらえる表現方法が発達していることを挙げて、「和食」を大いにアピールしたということです。正月に見られるように新鮮な食材を使ったおせち料理を囲んで、家族で食事を取るなど、世代を越えて受け継がれ、地域の結びつきを強めているなどの要素も、無形文化遺産の登録につながる決め手の一つであったようです。毎年の年越しには、自分で必ず数の子をつけて雑煮も自分で拵える、和食大好き人間の私です。そろそろ雑煮の仕込みが佳境となります。若い世代の和食離れも指摘される一方、沖縄料理や海鮮料理を好む若者の多いのではないでしょうか。京都のおばんざい屋さんも、世代を越えて人気を博しています。日本の食文化の豊かさと多様性を、誇って良いと思います。頑張れ日本! がんばろうニッポン!もっと和食を正格に味わおう! そしてもっと世界に拡がれ日本の食文化!五種類の食前酒で年越し前祝いの乾杯・・・

      1
      テーマ:
    • 今年の10月〜12月の音楽三昧!〜洗足学園音楽大学SMC約300公演完了

      洗足学園音楽大学の新校舎=シルバーマウンテンの竣工を記念した<シルバーマウンテン・オープニング・コンサート>シリーズ(略称SMC)10月1日から開始されましたが、去る12月25日に約300公演の全日程を完了しました。多くのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。・・・シルバーマウンテンと    同時竣工したe-cube(赤い建物)とのコントラスト・・・このシリーズで、私=松尾祐孝がプロデュース等で参画したイベントは、下記の通りでした。このブログでも逐次ご紹介していきましたので、詳しくは過去の記事をご参照ください。#####SMC松尾祐孝関連イベント#####10/6(日)夜公演(18:30開演)・2F/2000円<二胡との出会い@シルバーマウンテン~許可氏を迎えて~>許可(二胡) 山本祐ノ介(Vc.) 山田武彦(Pf.)松尾祐孝(ナビゲート/プロデュース/作曲)後援:日本現代音楽協会♪♪♪聴きどころ・・・溝の口キャンパス史上初の本格的な二胡演奏会!世界的名手=許可(シュイ・クゥ)氏の本学初登場。お国物のレパートリーや自作自演に加えて、クラシック音楽や世界の名曲のアレンジや、私が氏の為に作曲した「天風愛舞和庵 Ⅱ」の久しぶりの再演を含む、多彩なプログラムが許可氏の詩情溢れる演奏と山田武彦氏の変幻自在の伴奏と相俟って、満員の聴衆にアピールしました。・・・ガラス屋根で繋がる二つの建物・・・10/20(日)夜公演(18:30開演)・1F/2000円<日本現代音楽協会との協創の軌跡・現在・未来   ~レクチャー&コンサート&ワークショップ~> 佐藤昌弘(MC) 松尾祐孝(MC) 吉原佐知子(箏)野澤徹也(三絃) 大石将紀(Sx.) 飯野明日香(Pf.)ゲスト:百留敬雄(5弦Vn.)協力:日本現代音楽協会♪♪♪聴きどころ・・・<ISCM世界音楽の日々2001横浜大会>オープニング・コンサートへの吹奏楽の出演を皮切りに、数回にわたる<フェスタ>シリーズの開催や協演、現代音楽研究所との協働・協創等、日本現代音楽教会との協力関係に焦点を当てた企画です。*プレトークでは、両者の協創の軌跡を振り返りました。*ミニコンサートでは、佐藤昌弘/変幻 と  松尾祐孝/DISTRACTION Ⅸ の2作品が 気鋭の演奏家である本学教員によって演奏され、 協創の現在(いま)を象徴しました。*ワークショップには、ドイツ在住の気鋭の音楽家= 百留敬雄氏を迎えて、珍しい五弦ヴァイオリンを 核とした内容の現代奏法ワークショップを行ない、 協創の未来の一端が提示されました。・・・ルバーマウンテンとe-cubeの夜景・・・11/17(日)昼公演(14:00開演)・1F/2000円<平田耕治凱旋公演@シルバーマウンテン      ~バンドネオンの伝統・現在・未来>###平田耕治クァルテート###バンドネオン:平田耕治 (本学卒業生)ヴァイオリン:那須亜紀子(本学研究員)コントラバス:木田浩卓(ゲスト)ピアノ:加畑 嶺(ゲスト)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -ナヴィゲーター:松尾祐孝(本学教授)後援:日本現代音楽協会♪♪♪聴きどころ・・・プログラム前半では、溝の口キャンパスにタンゴの風が吹き抜けました。プログラム後半では、私の作品を二曲、旧作のバンドネオン・ヴァージョンとこの日のために書いた新作独奏曲、そして平田氏オリジナルの自作自演等によってバンドネオンの新地平を紡ぎました。この楽器の歴史上に類例を見ない演奏会となりました!・・・平田耕治クァルテートのステージ風景・・・12/02(月)夜公演(18:30開演)・1F/2000円<OTTAVA CONCERTO>(アンサンブル・ヌーボー指導教員ジョイントコンサート)佐藤昌弘(作曲・ピアノ/企画責任)石井喜久子(打楽器) 小川真澄(電子オルガン)貝沼拓実(サクソフォーン) 曽我部清典(トランペット)府川雪野(トロンボーン) 飯野明日香(ピアノ)松尾祐孝(作曲・指揮・ピアノ)後援:日本現代音楽協会♪♪♪聴きどころ・・・本学が世界に発信している新感覚オーケストラ=アンサンブル・ヌーボーの指導教員によるジョイントコンサートでした。私の作品としては DISTRACTION Ⅷ が演奏されました。最後の曲目(佐藤昌弘作曲による全員合奏作品)は、私が指揮者として登場して初演をすることができました。先進的な内容と多角的なプログラムをアピールしました。###########################SMC公演一覧10月カレンダーSMC公演一覧11月カレンダーSMC公演一覧12月カレンダー来年からは、このシルバーマウンテンは、通常期はオーケストラや吹奏楽等のアンサンブル授業の教室(リハーサルスタジオ)として使用されます。音楽祭等の機会には、引き続きイベントホールとしても活用されるでしょう。来年も、溝の口キャンパスで開催される多彩なイベントにどうぞお気軽にご来場ください。どうぞ健やかに新年をお迎えください。

      1
      テーマ:
    • 年の瀬に想う〜作曲家として30年〜思えば遠くに来たものだ・・・

      いよいよ明日が大晦日となりました。私は、芸大の大学院を修了したのが1984年で、その頃から本格的に作品を発表してきました。ですから、作曲家として約30年を迎えているということになります。思えば遠くに来たものだ・・・という感慨を禁じ得ません。学生時代はスキーに夢中で、留学など考えもしなかった私が、やがて国際音楽祭の参加や運営に携わるようになり、遂にはISCM(国際現代音楽協会)の世界音楽祭の実行委員長まで務めて、その他の音楽祭やイベントで世界中を旅するようになる等とは、学生時代の私はあまり考えたことの無い状況でした。思えば、様々な国や地域に旅をして音楽経験を積んできました。ヨーロッパには、ポーランド、ポルトガル、フランス、イギリス、ドイツ、ベルギー、ルクセンブルグ、チェコ、等々、アジアでは、香港、台湾、韓国、シンガポール、等々、アメリカ大陸では、USA、カナダ、メキシコ、エクアドル・・・といった具合です。結構珍しい所にも行っている私です。今年の自分なりのトピックは、ウクライナを初めて訪ねたことが挙げられます。ドネツクで開催された<Donbas Modern Music Art 2013>現代音楽祭のファイナル・コンサートに指揮者とて招聘されて、自作2曲を含む6曲が全曲現代音楽の協奏曲というハードなプログラムを指揮してきたという壮絶な体験は、私をまた一皮脱皮させてくれたように思います。このウクライナ演奏旅行に関しては、このブログの5月23日~6月9日の記事をご参照ください。音楽は世界に通じる広大な壮大なフィールドです。音楽って素晴らしい!皆さんも、素敵な音楽と共に、健やかな新年をお迎えください。YouTube /   松尾祐孝/アンサンブル・ヌーボー・パラダイス 第1番

      1
      テーマ:
  • 29 Dec
    • 2013年を回顧して~佐藤琢磨のインディカーシリーズで日本人初優勝!~

      2013年を回顧すると、プロスポーツ界では野球の話題が多くなりますが、他の分野でも忘れてはならないビッグニュースが有りました。アメリカではF1以上に大きな人気とマーケットを誇るインディカーシリーズで、佐藤琢磨が日本人ドライバーとして初めての優勝を遂げたのでした。今年の4月21日の決勝が行なわれた第39回グランプリ・オブ・ロングビーチは、海沿いのダウンタウンに作られた全長1.968マイルの市街地コースを使って27台のインディカーによって争われました。そして、大観衆が見守る中、佐藤琢磨が初優勝を飾りました。インディカー・シリーズに参戦して4シーズン目の佐藤琢磨にとっては同里シーズ52戦目にしての悲願の初優勝となったのでした。この勝利は、日本人ドライバー全体にとっても、アメリカのトップ・オープン・ホイール・レースにおける初めてのものとして記念碑的な快挙と言えるのです。YouTube / あっぱれ琢磨YouTube / 佐藤琢磨選手 インディカーシリーズ初優勝コメントそして、去る11月26日に東京・渋谷のセルリアンタワー東急で第42回ベストドレッサー賞の授賞式が行われましたが、そこで、佐藤琢磨さんが、スポーツ部門でのベストドレッサー賞を受賞しました。今年は、政界からは安倍晋三内閣総理大臣、経済部門からはアメリカンホーム保険会社社長兼CEOの橋谷有造さん、その他、小説家・放送作家の百田尚樹さん、芸能部門からは夏木マリさん、堀北真希さん、綾野剛さん、前衛芸術家の草間彌生さん、特別賞として滝川クリステルさんなど、蒼々たるメンバーが選出された中での受賞でした。今年で42回目を迎えたベストドレッサー賞の歴史の中で、四輪モータースポーツ界から選出された方は、1973年の生沢徹さん、88年の中嶋悟さん、そして92年の鈴木亜久里さん以来ということです。おめでとう!佐藤琢磨選手!頑張れ日本! がんばろうニッポン!・・・東京ステーションホテル      オリジナルカクテルで乾杯!・・・

      テーマ:
    • 真菰(まこも)炒め・・・マコモに食べたことある!?

      いよいよ年の瀬ですね。今年も、このブログで、チャンプルハウスの話題を数多くアップしてきました。東急・池上線のS駅から徒歩6分程の所に在る、小さな素敵な止まり木のようなお店、沖縄風居酒屋です。今年最後のチャンプルハウスの話題は、珍しい食材の話にしましょう。マコモ=真菰をご存知でしょうか。イネ科の植物なのだそうで、若芽の部分を食します。沖縄方面で常食されているそうですが、今では日本の全国各地で栽培されて、かなり出回っているようです。チャンプルハウスでも、極稀にですが、特別にお薦めメニューの「まこも炒め」の文字が踊る嬉しい時があります。店主=K氏は、沖縄料理風にアレンジして、このような一皿にして供してくれます。タケノコのように見える白い素材がマコモ(真菰)です。それこそ、タケノコのような、或いはエリンギのような、ちょっと不思議な触感ですが、癖の無い味わいです。スパムと胡椒の織りなす味覚と風味のハーモニーが、ご飯のおかずとしても酒の伴としてもバッチリです。日本人はよくもまあいろいろな物を食材にして逞しく且つ繊細に生きているものです。来年も、皆様が健全な食生活と共に健康でありますように!(写真は鷲神社ね購入した縁起物です。)

      テーマ:
  • 28 Dec
    • テレビドラマ「オリンピックの身代金〜1964年・夏〜」

      11月30日(土)と12月1日(日)の2夜連続で放送されたテレビドラマ「オリンピックの身代金~1964年・夏~」は、なかなか見応えのある作品でした。直木賞作家・奥田英朗の傑作サスペンス「オリンピックの身代金」(第43回吉川英治文学賞受賞作品)を原作としたテレビドラマでした。昭和39年にアジアで初めて開催された東京オリンピックの開幕に向けて起こる数々のテロとも思われる怪事件の犯人像を絞り込み、そしてその容疑者を追って行く、サスペンスであり刑事物でした。2020年東京オリンピック開催が決定した直後の放映となったこともタイムリーでした。昭和という時代、戦後の復興から高度経済成長の時代の日本の雰囲気をリアルに再現したドラマと映像でもありました。###ドラマ「オリンピックの身代金~1964年・夏~」###制作局=テレビ朝日チーフプロデューサー=五十嵐文郎プロデューサー=船津浩一・大江達樹・飯田 爽・椿 宜和・河添 太監督=藤田明二原作=奥田英朗脚本=東本陽七・藤田淳志音楽=沢田 完出演者=竹野内豊・松山ケンイチ・黒木メイサ・笹野高史・小澤征悦    桐谷健太・速水もこみち・斎藤 工・吹石一恵、他番組公式HP=http://www.tv-asahi.co.jp/drama-olympic/YouTube / オリンピックの身代金予告

      テーマ:
    • 2013年を回顧して~日本人男子初のメジャータイトル!井戸木が全米プロシニア優勝〜

      2013年のプロ・ゴルフ界は、男子は新人の松山英樹の年間4勝と賞金王、女子は若手の森田理香子の賞金王との復活に話題が集中した感がありました。しかし、実は凄いことが一つあったのです。日本人男子初のメジャータイトルが、遂に現実のものになったのです。井戸木鴻樹プロが、第74回全米プロシニア選手権に初出場して優勝を果たしたのです。井戸木プロにとっては、海外試合進出もメジャー出場も全く初めての経験だったそうですが、そのような感じを微塵も見せない安定したラウンドを続け、初日の71パープレイから徐々に難コースを克服して、最終日には65をマークして通算11アンダーとして、見事にメジャー優勝を飾りました。特に最終日のパットの好調さは圧巻で、ロングパットがことごとく入って、6バーデイーをもぎ取り、逆転優勝の原動力となりました。井戸木プロは、実はフェアウェイキープ率が抜群に高いことでプロの間でも一目置かれている存在でした。ロングヒッターでなくても、正確なショットと精度の高いパットがあれば、メジャーに通用することを見事に証明した今回の優勝と言えるでしょう。YouTube / 号外!井戸木鴻樹プロ      「全米プロシニアゴルフ選手権」優勝YouTube / 井戸木鴻樹プロ 全米プロシニア優勝       5/30 帰国記者会見 #1YouTube / 井戸木鴻樹プロ 全米プロシニア優勝       5/30 帰国記者会見 #2そして、近い将来に、シニアではなくてレギュラーツアーでの日本人メジャー優勝者のニュースを聞きたいものです。頑張れ日本! がんばろうニッポン!

      テーマ:
    • 新・刑事コロンボDVDコレクション vol.12「犯罪警報」

      土曜日のブランチタイムの「映画は楽し!」シリーズで、隔週で「刑事コロンボ」シリーズの紹介を続けています。私はほぼ全作品の日本初放映を見てきたので、懐かしく想い出しながら記事をアップしています。今日ご紹介する作品は、シリーズ定番の回と言えるでしょう。犯人は有名テレビ番組ホストです。周囲の人間の思惑も絡んで、結末は思わぬ方向に向かいます。自分の過去の汚点を嗅ぎつけたライバルを完全殺人で葬り去ろうとするという、典型的な動機設定ながら、観る者の興味をじわじわと繋いで行くところが流石は「コロンボ」シリーズです。###新・刑事コロンボDVDコレクション vol.12###          「犯罪警報」監督=ダリル・デューク製作総指揮=ジョン・エプスタイン撮影=ジョージ・コブラサ音楽=ジョン・カカヴァス出演:ピーター・フォーク(刑事コロンボ)ジョージ・ハミルトン(ウェード・アンダース役)ピーター・ハスケル(パド・クラーク役)ベニー・ジョンソン(マックス・ジャレット役)スティーヴン・ギルボーン(ジョージ博士役)他犯人役を演じるジョージ・ハミルトンは、16年ぶりにこのシリーズに出演となった名優です。前回の精神分析医から一転して、人気テレビ番組のホストという役回りを演じています。相変わらずのポーカーフェイス&ハンサム振りです。映画は楽し! 音楽もまた楽し!

      テーマ:
  • 27 Dec
    • シーズン12も絶好調!〜「相棒」

      シーズン12も絶好調となっているテレビ朝日の看板ドラマ「相棒」です。杉下右京警部(水谷豊)の3代目相棒は、シーズン11から登場している甲斐亨(成宮寛貴)ですが、このコンビがまた実に息の合ったところを見せてくれています。今までで最も歳の離れた相棒ですが、まるで息子を見守るような視線で、「カイト君」と呼びながら捜査や会話をしていくところに、杉下右京像に新たな魅力が加わったように思われます。脇を固める俳優陣もまた鉄壁です。「カイト君」の父で警察庁の次長という要職にあり、不出来な息子と思っている甲斐峯秋役に石坂浩二、「カイト君」の恋人でキャビンアテンダントの笛吹悦子役に真飛聖が、シーズン11からの新顔です。その他の脇役陣は、概ね今までと同じ顔ぶれで、オタクながら仕事は確かな鑑識=米沢守役に六角精児など、個性豊かな存在感を発揮してくれています。そして、毎回が映画のような作り込みをもって、ヒューマンな訴求力をもって視聴者の心に訴えてくるところが、やはり何と言ってもこの番組の真骨頂と言えるでしょう。監督・脚本・音楽等が一体となってバランスしている、素晴らしい番組、作品だと思います。YouTube / 相棒season12 オープニングテーマ番組公式HPのURLはこちらです。http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/年明けには元旦スペシャルが放送されます。1月1日夜9時からの放送です。そして、来年のゴールデンウィークには、「相棒」劇場版Ⅲが公開させる予定です。今から楽しみですね!YouTube / 新旧"相棒"が共演      「相棒-劇場版3-」製作報告会見

      テーマ:
    • クリスマス中華ディナーに大満足!

      今年は「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。和食そのものが素晴らしいことは勿論ですが、日本人の勤勉さと繊細な感覚によってアレンジされた世界の様々な料理もまた、素晴らしいものだと常々感じます。それらも含めて、「日本の食文化の素晴らしさ!」と言って良いのではないでしょうか。このクリスマスに、私は中華料理によるクリスマスディナーをいただく機会がありました。原宿に在る某名店ですが、日本人の口に合う柔らか味わいの、美味しいコース料理を堪能しました。本番そのままの中華ほどのパンチはありませんが、これはこれでとても素敵な中華料理だと思います。#シャンパンで乾杯!##クリスマス特製9種類の冷製前菜##蟹の卵入りふかのひれスープ##北京ダックと海鮮すり身フランスパン揚げ##足赤海老と菜の花とマコモ筍の生姜炒め##帆立貝のソテー自家製XO醤仕立て##黒毛和牛の冬野菜炒め黒胡椒風味##ずわい蟹とレタスの炒飯##マンゴームース・アセロラのジュレのせ#たまには中華料理のクリスマスも、なかなかオツでした。何でも食べる日本の食文化の逞しさとしなやかさに乾杯!

      1
      テーマ:
    • 2013年を回顧して~田中投手の記録ずくめの大活躍~

      2013年のプロ野球界は、日本では楽天の田中将大投手が、話題の主役だったと言えるでしょう。プロ野球:パ・リーグの楽天のエース=田中将大投手の今シーズンの活躍は正に神懸かり的な凄まじさでした。チームのリーグ優勝と日本シリーズ制覇を達成して、今年は、NHK朝ドラ「あまちゃん」と合わせて、東北の元気回復を触発する年になりました。その田中投手の達成した大記録が、3つの項目においてあのギネス記録として認定されたということで、昨日に開催された楽天のファン感謝祭で認定証の授与が行なわれたという嬉しいニュースもありました。「ギネス世界記録」に認定されたのは、1)今シーズンのリーグ戦で開幕から負けなしで記録した24連勝2)昨シーズンから続いているレギュラーシーズンの28連勝3)クライマックスシリーズも含めて  日本シリーズの第6戦で負けるまでの30連勝の合わせて3つということです。これら3件が野球の最多連勝記録として認められた訳です。尚、日本シリーズでの黒星は、レギュラー・シーズンではないので、レギュラー・シーズン28連勝の記録はまだ続いていることになります。来シーズン以降に更なる更新の可能性が有るということです。その場が、果たして大リーグとなるのでしょうか。ポスティング・システムの日米協定が停止中で、まだ更新規定の策定も完了していないようですから、現時点では何とも言えない・・・ですね。もっと楽天で活躍してほしい・・・と願う気持ちもありますし、大リーグで日本人初の20勝投手になる位の大活躍をする姿を見てみたいとも思います。頑張れ日本選手! がんばろうニッポン!おめでとう!田中投手!YuTube /【田中将大】 ギネス授与      ももクロ登場 【ファン感謝祭】 

      テーマ:
  • 26 Dec
    • 「ディランやピカソは失敗の冒険を犯した。偉大になりたければ危険を犯せ!」

      「ディランやピカソは失敗の冒険を犯した。        偉大になりたければ危険を犯せ!」映画「スティーブ・ジョブズ」で印象的だったスティーブ・ジョブズ語録の中のひとつです。あのアップル・コンピュータ社を創設して、パーソナル・コンピュータを現実のものとした世界中が注目する成功者となったスティーブ・ジョブズ氏は、徹底的な完全主義が経営陣に受け入れられず、一度は会社を追われてしまいます。しかし、結局は請われて呼び戻されて、今度は暫定CEOとして返り咲くやいなや、性能とデザインが高度に融合した夢のある製品を次々と繰り出して、遂には、アップル・コンピュータ社を株式時価総額世界一の会社に成長させたのでした。残念ながら、その人=スティーブ・ジョブズ氏は、2011年に56歳の若さでこの世を去ってしまいました。その生涯の内の1971年から2011年までを描いた伝記映画が、この作品という訳です。強烈なカリスマの素顔を、おそらく相当に史実に忠実に描いたのであろうということが想像される内容です。時に傲慢で周囲を辟易とさせることもありますが、しかし、だからこそ彼にしかできない素晴らしい業績を挙げられたのでしょう。冒険を恐れず、リスクを恐れず、自分の理想や夢に一直線に突き進む精神的なヴァイタリティは、時に凡人には誤解を受けたり拒絶されたりするのかもしれませんが、それだからこそ達成できる世界があるのだと思います。それにしても、登場人物を演じる俳優が、実際の本人と実に良く似ていることといったら・・・見事なキャスティングの映画だと思います。#####映画「スティーブ・ジョブズ」#####監督・製作:ジョシュア・マイケル・スターン脚本:マット・ホワイトリー製作総指揮:マーク・ヒューム編集:ロバート・コマツ撮影監督:ラッセル・カーペンター衣装:リサ・ジェンセン音楽:ジョン・デブニー出演者: スティーブ・ジョブズ=アシュトン・カッチャー スティーブ・ヴォズニアック=ジョシュ・ギャッド マイク・マークラ=ダーモット・マローニー ジョン・スカリー=マシュー・モディーン アーサー・ロック=J・K・シモンズ ダニエル・コトキ=ルーカス・ハース 他製作会社:エンドゲーム・エンターテインメント     ファイヴ・スター・フィーチャー・フィルムズ配給:オープン・ロード・フィルムズ(米国)   ギャガ(日本)映画「スティーブ・ジョブズ」公式サイトURLhttp://jobs.gaga.ne.jp/YouTube / 映画「スティーブ・ジョブズ」予告編

      1
      テーマ:
    • 2013年を回顧して〜上原投手がWシリーズ胴上げ投手に!ストッパーとし大活躍〜

      2013年のメジャーリーグで、大きな花を咲かせたベテラン選手が居ました。元巨人のエーズ、上原浩治投手です。今シーズン途中からストッパーの座についた上原投手は、夏から秋にかけては 37打者連続凡打や、27回登板連続無失点、30回1/3イニング連続無失点という素晴らしい記録も挙げつつ、チームの快進撃を支えました。そして、レギュラー・シーズン地区優勝決定試合も、ポスト・シーズンのディビジョン・シリーズ制覇決定試合も、リーグ優勝決定の瞬間も、ワールド・シリーズ制覇決定試合も、全ての最後を締めて、胴上げ投手になりました。リーグ優勝決定シリーズではMVPに選ばれました。こおれは、ストッパーとしては史上3人目となる快挙です。誠に素晴らしい大活躍でした。YouTube / Red Sox Win World Series 2013上原投手を擁するボストン・レッドソックスは、ワールド・シリーズ第6戦を本拠地のフェンウェイパークで迎えて、見事に勝利を収めて4勝2敗で制覇しました。序盤から打線が繋がって6点を先行し、カージナルスも終盤の反撃を強めましたが、7回二死満塁のピンチを田沢投手が150キロ超の速球で凌ぎきり、9回は上原がピシャリと押さえて最後の打者を三振に打ち取ってゲームセットとなりました。胴上げ投手となった上原を真ん中にしてマウンドに歓喜の抱擁の和が拡がりました。最後の三振を奪った直後の上原選手が、「ナンバーワン!」と叫びながら右手指を一文字にして天に向かって突き上げていた姿が印象的でした。YouTube / 上原浩治メジャーで胴上げ投手日本選手の大活躍があってのワールド・シリーズは、あのヤンキースでの松井選手のシリーズMVP以来となります。嬉しいものですね!来年は日本人メジャーリーガーがまた増えることでしょう。それぞれの持ち味を活かした活躍を期待したいものです。頑張れ日本選手! がんばろうニッポン!・・・日本人選手の大活躍に乾杯!・・・

      テーマ:
  • 25 Dec
    • 貴花田 最年少初優勝1992年初場所 11/11・・・二子山理事長追悼!

      毎週水曜日夜の「大相撲」記事シリーズの中で、平成4年初場所(1月場所)の千秋楽の模様の回顧を10月から続けてきました。貴花田の初優勝は、史上最年少優勝、初の親子優勝等、記録ずくめの快挙でした。しかも史上3人目の三賞(殊勲・敢闘・技能)同時受賞という素晴らしい付録もついてきました。実兄の若花田も10勝を上げて技能賞を受賞、準優勝の曙はまた殊勲・敢闘の同時受賞という後に横綱に昇進する3人が高らかに世代交代の狼煙を挙げた場所でした。今夜は最後の11回目のアップです。表彰式の場面になって4回目になります。土俵上ではまだまだ表彰式が続いています。実況席では、アナウンサーと解説者(出羽錦忠雄さん)が今後の展望を語っていきます。翌場所の成績如何によっては、曙と貴花田の大関同時昇進という話題も上がってくるだろうという期待が膨らんでいきます。仮に、翌場所=平成4年大阪場所(3月場所)で、貴花田が小結か関脇で13勝2敗以上で優勝もしくは準優勝、曙が11勝4敗以上の成績を挙げていたなら、異例の抜擢ながら大関同時昇進の声もかかったのではないでしょうか。実際には、曙は関脇に上がったものの翌場所は固さが出てしまって8勝7敗に終わります。翌々場所に再び13勝2敗の大勝ちをして、三役3場所合計34勝を記録して平成4年7月場所に大関に昇進します。貴花田も一気に大関まで駆け上がるかと思われました。しかし、いかにもまだ19歳で身体の成長途上ということで、翌場所から3場所程もたつきます。その後に安定感を増していって、14勝1敗=優勝(小結)10勝5敗(関脇)11勝敗(関脇)と星を重ねて、平成5年3月場所(大阪場所)に大関に昇進しました。途中に、この場所を最後に理事長を勇退した二子山親方のインタビューが収録されています。そしてまたまた解説の出羽錦忠雄さんの一句が冴えます。「勇退の 伯父にはなむけ 初賜杯」おめでとうございました。YouTube / 貴花田 最年少初優勝1992年初場所 11/11           二子山理事長追悼!

      テーマ:
    • 建築にも興味津々!〜安藤忠雄氏の仏芸術文化勲章最高章受章に寄せて〜

      世界的な建築家を多数擁している日本ですが、そのトップリーダーの一人である安藤忠雄氏に、仏芸術文化勲章の最高章=コマンドールが授与されました。12月19日に東京のフランス大使公邸で授章式が行なわれたそうです。安藤さんのフランスでの設計した建築物は、コンクリート打ちっ放しを基調とした独特のテイストを持ったもが多いことで有名です。代表作は、国内外に多数存在しています。「水の教会」(トマム・リゾート内)1988年「ベネッセハウス・ミュージアム」(直島)1992年「サントリーミュージアム」(天保山)1994年「ユネスコ本部・瞑想館」(パリ)1995年「淡路夢舞台」(淡路島)2000年「ピューリッツァー美術館」(セントルイス)2001年「フォートワース現代美術館」(アメリカ)2002年「表参道ヒルズ(同潤会青山アパート建替計画)」2005年「21_21 DESIGN SIGHT」(六本木)2007年「東急東横線渋谷駅」(東京)2008年「プンタ・デラ・ドガーナ」(ヴェニス)2009年「ストーン・スカルプチュア・ミュージアム」             (ドイツ)2010年などが挙げられるでしょう。「水の教会」の在るトマム・リゾート(北海道)の夜景です。「20代のときにフランスでル・コルビュジエの作品を見て、何としても建築家になりたいと思った。」という安藤忠雄氏が、その国の文化勲章最高章を受章されたということで、きっと感慨もひとしおでおられることでしょう。建築ファンの私としても、とても嬉しいニュースでした。文化も独自性をもって充実している日本です。頑張れ日本! がんばろうニッポン!パリのモンマルトルで、キール・ロワイヤルで乾杯!

      1
      テーマ:
    • 2013年を回顧して〜前人未到の境地を行くイチロー〜

      大リーグでの日本選手の活躍は、最早珍しいニュースではなくなりました。しかし、イチロー選手の風格と達成していく記録は、やはり別格の輝きがあると言えるでしょう。ヤンキースで活躍中のイチロー選手が、今年のシーズン中に偉大な数字に到達しました。8月21日に、日米通算4000本安打を達成したのでした。日本プロ野球界の通算安打記録は、往年の安打製造機=張本勲選手の3085本ですから、正に前人未到の領域の数字です。YouTube / MLB イチロー 日米通算4000本安打達成          Ichiro 20130821100年を超える歴史を持つ大リーグでも、4千本の大台に達したのは、4256本のピート・ローズ選手と、4191本のタイ・カッブの2人しかいないということですから、アメリカの野球ファンの皆さんからも敬意を持って祝福されていることが想像されます。おめでとう!イチロー選手。野球ファンとしての次の期待は、「日米通算の数字でピート・ローズ選手の記録に到達してほしい」という益々贅沢な目標になってしまいますが、イチロー選手ならきっと達成してくれそう・・・そんな予感がしている私です。頑張れ日本! がんばろうニッポン!健康的に!?アセロラ割りで乾杯!

      テーマ:
    • NHKドラマ10「真夜中のパン屋さん」最終回終了!〜メリー・クリスマス〜

      相変わらずのドラマ・フリークの私です。このところ、NHKが火曜日夜10時に放送しているシリーズ「ドラマ10」は、ヒューマンな題材が視る者の心を静かに揺さぶります。今夜(12月24日夜)の放送は、このところ8回に渡って続いていた<真夜中のパン屋さん>の最終回でした。心暖まる、しっとりとしたエンディングでした。番組公式HPのURLはこちらです。http://www.nhk.or.jp/drama/mayopan/テーマ曲のYouTubeをリンクしておきましょう。クリスマス・イヴの真夜中にしっとり聴くのにもぴったりの音楽です。YouTube / Keiichi Okabe, Emi Evans -       Hitonigiri no Kanosei Piano Ver       (Mayonaka no Panya-san OST)さて、皆さんはクリスマス・イヴをいかがお過ごしですか。わが家のクリスマスキャンドル(七色変化仕様!?)の写真をアップしておきましょう。どうぞ健やかな年の瀬をお過ごしください。

      テーマ:

プロフィール

マリオ

性別:
男性
誕生日:
猛初夏日
自己紹介:
松尾祐孝(まつお・まさたか) 1959年 東京生まれ 1982年 東京藝術大学音楽学部作曲科...

続きを見る >

読者になる

AD

このブログの読者

読者数: 100

読者になる

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。