松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~

創造芸術は人間の根源的な表現欲求と知的好奇心の発露の最も崇高な形。音楽家・作曲家を目指す貴方、自分の信じる道(未知)を進んでいきましょう。芸術・音楽・文化と共に東日本大震災を乗り越えよう~頑張れ日本!〜がんばろうニッポン!


テーマ:
スクリャービンの交響曲の紹介、第3弾です。

アレクサンドル・ニコラエヴィチ・スクリャービンは、
1872年に生まれて1915年に没したロシアの作曲家です。
ピアノ作品ばかりではなく、シンフォニストとしても
もっと注目されて良いのではないかと、私は思っています。

私がスクリャービンの交響曲の魅力に目覚めた切掛は、
1992年9月の東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会でした。
当時、常任指揮者就任直後の大野和士氏の指揮による、
氏が提唱して開始された「若手作曲家委嘱シリーズ」の第一弾
としての柿沼唯氏の新作が初演を含むプログラムの
最後のメインがこのスクリャービンの第2番だったのです。
オーチャードホール一杯に鳴り響いた量感たっぷりの
音楽と若々しい楽想に、私はすっかり魅了されました。
以来、私はスクリャービンの交響曲に
注目するようになったのでした。

因に、翌年9月の同楽団定期演奏会で、同じく大野氏の指揮で、
「若手作曲家委嘱シリーズ」の第二弾として、
拙作=<フォノスフェール第1番~尺八と管弦楽のために>が
初演されたのでした。

さて、その演奏会でスクリャービンの交響曲第2番を聴き、
すっかりスクリャービン・サウンドに魅了された私は、
比較的有名な<第4番「法悦の詩」>以外の交響曲も聴こうと、
CDを探して先ず最初に見つけたのが、
この<第3番「神聖な詩」>のディスクでした。
コンドラシンの指揮する演奏も素晴らしく、
スクリャービンの交響曲が益々好きになりました。

スクリャービン<交響曲第3番「神聖な詩」>

[第1楽章:闘争 / レント-アレグロ]
スクリャービン風ソナタ形式と言うべき構造の
美しくも量感に溢れる楽章です。
後の<第4番「法悦の詩」>や<第5番「プロメテウス」>
の登場を予感させる響きが、そこかしこから聴こえてきます。
第2番にも一脈通じる、胸が締めつけられるような
ロマンを感じさせる若々しい楽想が印象的です。
序奏の荘厳な音楽がコーダで回帰する構成が、
楽章全体を引き締めています。

[第2楽章:快楽 / レント]
連綿とした緩徐楽章です。
和声的書法と対位法的書法が高度にバランスしていて、
この作曲家の確かな筆致が浮き彫りになっています。

[第3楽章:神聖な遊び / アレグロ]
明るく前進する終楽章です。
第1楽章のテーマや素材が頻繁に登場して、
楽曲全体の有機的な構成を意識していた作曲家の意図が
充分に感じられる独自の構成に乗って
たっぷりとしたサウンドを聴き進めていくことになります。

尚、この3つの楽章は続けて演奏されます。
全体を通して、4管編成のゴージャスなサウンドが、
聴き手を魅了してやみません。
第2番の5楽章3部構成が、
この第3番で3楽章構成通奏になり、
遂には次の第4番で単一楽章構成に辿着いていきます。


キリル・コンドラシン指揮/アムステルダム・コンセルトへボウ
ETCETERA / 32CD-3118 KTC-1027

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-スクリャービン第3番CD

ライヴ録音とは思えないほど完成度の高い名演ですよ!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
新年度が始って約3ヶ月が経過しました。
あらたに一人暮らしを始めた新学生や新入社員の方も
多いことと思いますが、日々の食生活を維持することの
大切さと大変さを感じている方も居られることでしょう。

私がこよなく愛する「沖縄風居酒屋チャンプルハウス」の
店主=K氏は、お客さんに多く居るそういった一人暮らしの
若いサラリーマン等に対して、健康に良いメニューを
さり気なく用意している料理人です。

先日に登場した「豆腐卵炒め」は、
蛋白質系栄養満点で柔らかな味がバランスした
逸品でしたし、料理がそう得意でない者でも
何とか真似をして造れそうなメニューでした。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-豆腐卵炒め

ご飯のおかずでもいけそうです。
お酒のお伴としても充分いけました。

豆腐と卵という、普段からお馴染の材料で、
ちょっと変わった料理を手早く拵えられるようになると、
日々の食生活が一層豊かになること、間違い無しですね。

このメニューは、滅多にお品書きには登場しませんが、
店主=K氏にリクエストすると、
ひょっとすると作ってもらえるかもしれませんよ。
チャンプルハウスは、東急・池上線S駅下車徒歩6分に在る
小さな素敵なお店です。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
<サウンド・クリエイター・オブ・ザ・イヤー2013
~第1回ウェブ・サウンド・クリエイター・コンテスト~
の結果発表エキシビジョンは、
7月3日:16時30分~17時30分に、
東京ビッグサイトで(7月3日~5日に)開催される
<第2回クリエイターEXPO東京>の会場で行われます。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-WEB-SCCロゴ


<第2回クリエイターEXPO東京>HP
http://www.creator-expo.jp/For-Visitors/Outline/
<第1回ウェブ・サウンド・クリエイター・コンテスト>HP
http://www.jmecps.or.jp/webscc1

実行委員長&審査員長の私が、
エキシビジョンの司会進行を行なう予定です。

現在、厳正な審査が進行している最中です。
グランプリ1名と数名のファイナリスト(入選)が、
エキシビジョンまでに選考されることになっています。

入賞者と入選者については、エキシビジョンで表彰される他、
EXPOの会期中に設置される同コンテストのブースにて、
作品の試聴と情報の照会ができるようになります。
また、コンテスト主催者のホームページで、
一定期間の範囲で作品の試聴(視聴)ができるようにします。
勿論、このブログでも、結果を報告する予定です。

音楽業界の未来を担う俊英クリエイターの飛躍に
期待が高まります。
皆さんもどうぞご期待ください。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-WEB-SCC要項
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
統一使用球の反発係数の秘密変更の問題で、
物議を醸しているプロ野球ですが、
選手達は真摯に試合に臨んで、
好プレーを見せてくれています。

昨日(6月28日)、中日の山井大介投手(35)が、
DeNA戦(横浜スタジアム)で、
ノーヒット・ノーラン(無安打無得点試合)を達成しました。
プロ野球77人目で88回目の記録です。
セ・リーグでは通算37人目で40回目となります。
中日の選手としては、山本昌投手が
2006年9月16日に阪神戦(ナゴヤドーム)で
達成して以来ということです。

三振は三つで内野ゴロが15という記録が物語るように、
徹底的に打たせて取るピッチングで、快挙の達成となりました。

山井選手と言えば、2007年の日本シリーズ第5戦で、
8回まで完全試合の快投を店ながら、
落合監督の異例の采配で9回から交代となり、
史上初の日本シリーズでの完全試合の記録が幻となった
というエピソードで有名ですが、
まずはここでノーヒット・ノーランの達成となりました。

おめでとう!山井選手!乾杯!

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-スパークリングワインで乾杯!

頑張れ日本! がんばろうニッポン!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先日のウクライナ演奏旅行では、私としては初めて、
トルコ航空の便を利用しました。

トルコ航空は、2012年度の最優秀ヨーロッパ航空会社に
選定されるなど、このところ急成長しているようです。
機材もしっかりしていて、日本~イスタンブール間の
長距離便では、エコノミークラスでも映画が100タイトル以上
からセレクトできるようなエンターテインメントシステムが
導入されていて、11時間にも及ぶフライトを
退屈せずにかなり快適に過ごすことができました。

私は往路と復路で映画を5~6本観ましたが、
その中に、先週の<映画は楽し!>の記事で少々触れた、
<猿の惑星:創世記(ジェネシス)>も含まれています。
とても深く考えさせられる映画でした。

<猿の惑星:創世記(ジェネシス)>公式ホームページ
http://www.foxmovies.jp/saruwaku/

私が筆舌を尽くすよりも、
予告編をご覧いただいた方が良いでしょう。

YouTube / 映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』予告編


YouTube / 映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』予告編B


興味深いメイキング映像もYouTubeにアップされていました。

YouTube / 映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』
      メイキング映像



映画は楽し! 音楽もまた楽し!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
メキシコの打楽器スーパー軍団、
タンブッコ・パーカッション・アンサンブル
Tambuco Percussion Ensemble が来日します。
東京公演は7月3日(水)開演19時で津田ホールでの開催です。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-タンブッコ東京公演(表)

今回は、<タンブッコ×4つの視点 メキシコ⇔日本>
と題した公演になっています。
2011年度国際交流基金賞を受賞されて、
その贈呈式と記念コンサートに来日された事を契機として、
メキシコと日本の国際交流人材育成プロジェクトが立ち上がり、
若手作曲家の4氏(池田拓実・木下正道・樅山智子・渡辺俊哉)
がメキシコに招待滞在して、Tambucoとの協働作業の中で
彼らの為の作品を書くという経過を経て、
メキシコと日本でその初演を行なうというプロジェクトが
実現したのです。
入場料は3000円、お問い合わせや予約は津田ホールです。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-タンブッコ東京公演(裏)

1993年にメキシコシティで開催された
<ISCM World Music Days 1993 in Mexico>を契機に
創設され今日まで発展を遂げて世界的な存在になっている
タンブッコの演奏を、皆さんも是非目の当たりにしてください。
きっと、素敵な刺激を受けますよ!

私は、1993年の音楽祭の演奏を見て聴いて以来、
注目を続けていて、2005年には黒沼ユリ子氏の紹介で
彼らとの協働の機会にも恵まれ、
<SOUND SOUND Ⅳ
   ~尺八と二十絃箏と打楽器アンサンブルの為に>
という作品が誕生して、グアナフアトで毎年開催されている
大芸術祭=<セルバンティーノ国際芸術祭>で初演され、
その後何回かメキシコ国内で演奏された後、
一昨年の<国際交流基金賞受賞記念コンサート>で
日本初演され、その録音がNHK-FMで放送もされました。
彼らと縁を持つに至った幸運には、いつも感謝しています。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
スクリャービンの交響曲の紹介、第2弾です。

アレクサンドル・ニコラエヴィチ・スクリャービンは、
1872年に生まれて1915年に没したロシアの作曲家です。
ピアノ作品ばかりではなく、シンフォニストとしても
もっと注目されて良いのではないかと、私は思っています。

私がスクリャービンの交響曲の魅力に目覚めた切掛は、
1992年9月の東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会でした。
当時、常任指揮者就任直後の大野和士氏の指揮による、
氏が提唱して開始された「若手作曲家委嘱シリーズ」の第一弾
としての柿沼唯氏の新作が初演を含むプログラムの
最後のメインがこのスクリャービンの第2番だったのです。
オーチャードホール一杯に鳴り響いた量感たっぷりの
音楽と若々しい楽想に、私はすっかり魅了されました。
以来、私はスクリャービンの交響曲に
注目するようになったのでした。

因に、翌年9月の同楽団定期演奏会で、同じく大野氏の指揮で、
「若手作曲家委嘱シリーズ」の第二弾として、
拙作=<フォノスフェール第1番~尺八と管弦楽のために>が
初演されたのでした。

さて、そのスクリャービンの交響曲第2番は、
5楽章構成の作品です。
とてもロマンティックな作品です、
第1番のような声楽の導入はありませんが、
量感たっぷりと鳴り響く、若々しく素敵な作品です。

[第1楽章:アンダンテ]
序章にあたる楽章です。終楽章と楽想を共有していて、
全曲の統一を図っていると考えられます。
このような構成法は、第1番から踏襲しています。
第2楽章には続けて進行します。

[第2楽章:アレグロ]
通常の交響曲では冒頭楽章に相当するソナタ形式楽章です。
第3番以降の第1楽章(第4番と第5番は単一楽章)を
彷彿とさせる萌芽が随所に聴き取れます。

[第3楽章:アンダンテ]
緩徐楽章に相当する音楽です。
スクリャービンのロマンティックな旋律の魅力を
じっくりと味わうことができます。

[第4楽章:テンペストーソ]
スケルツォに相当する楽章の替わりに、
嵐のような間奏曲が置かれています。
強いて例を挙げるならば、
ベートーヴェンの田園交響曲の第4楽章のような、
音楽による精神的な嵐の音楽と言ってよいでしょうか。
嵐はやがて明るい楽想に辿着き、第5楽章に移行します。

[第5楽章:マエストーソ]
通常の交響曲では第4楽章=フィナーレに相当する、
ソナタ形式による堂々たる楽章です。
若々しい讃歌のようなテーマが鳴り響くと、
胸が熱くなるような感興がぐっと込み上げてきます。
素敵な音楽だと思います。

この作品は、通常の4楽章ソナタに序章を付加して、
5楽章構成になっているようにも見えますが、
同時に、第1&2楽章、第3楽章、第4&5楽章という
三部構成に集約されているという観点からは、
マーラーの交響曲第5番の構成法にもよく似ています。

第1番は6楽章構成、この第2番は5楽章構成と、
通常よりも楽章数の多い構成を適用したスクリャービンは、
次第に楽章数を絞っていく方向に向かい、
最終的には単一楽章構成に辿着いていきます。

写真は、この作品の私の愛聴盤です。
スクリャービン/交響曲第2番
指揮=ネーメ・ヤルヴィ
管弦楽=スコティッシュ・ナショナル管弦楽団
CHANDOS / CHAN-8462

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-スクリャービン第2番CD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
7月1日は「ミューザの日」です。
川崎市とミューザ川崎シンフォニーホールの誕生日なのです。

川崎市は、<音楽のまち・かわさき>と銘打って、
音楽による街興しや文化発信を行なっていることで、
全国的にも知られてきています。
ミューザ川崎は、そのシンボル的な存在として、
川崎駅西口に誕生した音楽文化施設及びタワービルです。

7月1日(月)には、ミューザ川崎ビルのあちこちで
盛り沢山のイベントが開催されます。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-ミューザの日2013

4階「歓喜の広場」では、
11:30から「手作り楽器コーナー」がオープン。
全国手づくり楽器アイデアコンテストで大賞を受賞した
岡信行さんが講師となって、楽器作りに挑戦できます。
夏休みの自由研究に、
今年の<全国手づくり楽器アイデアコンテスト>のヒントに、
どうぞご参加ください。

実は、私は<音楽のまち・かわさき>の運営委員会に
参画していて、毎年のように
<全国手づくり楽器アイデアコンテスト>の審査員も務めています。

また、シンフォニーホールでは、
昼の部は13:30分から「MUZA de 夏祭り」と題した
親子で楽しめるコンサートが行なわれ、
夜の部は20:00から大人のためのジャズコンサート=
「ロマンティック・ナイト」が開催されます。
「MUZA de 夏祭り」にはミュートンも登場して、
東京交響楽団の演奏でラジオ体操をするらしいですよ!
オーケストラによるラジオ体操の演奏も珍しいですね!

その他にも様々な周辺イベントが開催されるようですから、
皆さん是非、7月1日はミューザ川崎に行ってみましょう!
7月1日は川崎市制記念日ですから、
川崎市内の公立小中学校はお休みということです。)

「ミューザの日」についての問い合わせは、
ミューザ川崎シンフォニーホールへどうぞ!


写真は、ミュートンの小型ぬいぐるみです。
可愛いでしょう!
$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-ミュートンの小型ぬいぐるみ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
<現音鼎談~GEN-ON T談>でも私が話題にしたので、
スクリャービンの交響曲を紹介しておきましょう。
これから暫く、断続的にアップしていきます。

参考として・・・5月10日の記事、
<独断と偏見!?~プロ推薦「交響曲ベスト」
 -- GEN ON AIR(現音エアー)第9回>
をご覧ください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

アレクサンドル・ニコラエヴィチ・スクリャービンは、
1872年に生まれて1915年に没したロシアの作曲家です。
近年の状況としては、ほぼ同世代のラフマニノフに比べると、
作品の演奏頻度にはやや物足りないところもありますが、
もっともっと認知されてレパートリーとして
取り上げられて良い作曲家ではないでしょうか。
ピアノ曲はそこそこ演奏されていますが、実は、
スクリャービンはシンフォニストとして
非常に重要な作曲家だと、私は思っています。

そのスクリャービンの交響曲第1番は、
副題に「芸術讃歌」を有した6楽章構成の作品です。
この作曲家の最初の本格的な管弦楽曲である
<ピアノ協奏曲>との共通点も多く見出せる
とてもロマンティックな作品ですが、
残念ながら演奏機会には恵まれていません。

[第1楽章:レント]
序章にあたる楽章です。終楽章と楽想を共有していて、
全曲の統一を図っていると考えられます。
いかにもスクリャービン節といったロマンティックな旋律が、
冒頭楽章からたっぷりと紡ぎ始められます。

[第2楽章:アレグロ]
通常の交響曲では冒頭楽章に相当するソナタ形式楽章です。
第2番以降の作品の萌芽が明確に聴き取れる筆致に、
この作品においてこの作曲家が
既に独自の作風を確立していたことが判ります。

[第3楽章:レント]
緩徐楽章に相当する音楽です。
クラリネットに主旋律を歌わせる場面等、
スクリャービンの得意技を随所に聴くことができます。

[第4楽章:ヴィヴァーチェ]
スケルツォの相当する楽章で、軽妙洒脱な味わいがあります。
小粒ながら上質のスパイスのような存在感を発揮しています。

[第5楽章:アレグロ]
通常の交響曲では第4楽章=フィナーレに相当するような、
ソナタ形式による堂々たる楽章です。

[第6楽章:アンダンテ]
この終楽章には、独唱(メゾ・ソプラノ&テノール)と
合唱が導入されています。
前半には独唱が導入され、第1楽章や第2楽章で提示された
テーマや素材が回帰して、全曲の統一を打ち出しています。
後半部には合唱が導入され、
「芸術に栄光あれ、永遠に栄えあれ!」という意の短いテキストを
繰り返しながら、途中でフーガも登場して、
最後は壮大な“讃歌”となって全曲を閉じます。

つまりこの作品は、通常の4楽章ソナタの前後に
序章と終章を付加して、特に終章には声楽を導入して、
独自の6楽章構成になっていることが解ります。
滅多に演奏されないのが惜しい、美しい作品だと思います。

この作品の私の愛聴盤は、
少々意外なディスクに感じられるかもしれない組み合わせですが、
ムーティ&フィラデルフィア管のCDです。

スクリャービン/交響曲第1番「芸術讃歌」
指揮=リッカルド・ムーティ
管弦楽=フィラデルフィア管弦楽団
EMI Angel / CC33-3320

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-スクリャービン第1番CD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨夜の<アンサンブル・ヌーボー・スペシャル・ライヴ>は、
お陰様で無事に開催となり、多くの聴衆の皆様とともに、
有意義な成果発表の時間となりました。
ご来場いただいた皆様には、厚く御礼申し上げます。

さて、年間200公演にも及ぶ主催公演(演奏会やライヴイベント)
を開催している洗足学園音楽大学は、毎年の7月の辺りの演奏会を
<夏の音楽祭=NATSUON!>と位置づけています。

今年の<NATSUON!2013>は、
いよいよ今夜からの開幕となります。
開幕公演は、コバケンこと小林研一郎氏が指揮する
レパートリーオーケストラによるコンサートです。
メインは、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」です。
会場は、前田ホール(溝の口キャンパス内)で、
開演は18:30です。

続いて、27日のベーシックオーケストラ以降、
毎日のように各種の公演が続きます。
オーケストラ、弦楽オーケストラ、吹奏楽、
サクソフォーンオーケストラ、フルートオーケストラ、
ブリティッシュブラス、クラシック・ギター、合唱、
ジャズ、ロック&ポップス、ミュージカル、
音楽・音響デザイン、等々、
多彩な分野や演奏形態のイベントが、
7月27日(土)まで展開されます。

詳しい情報は、www.senzoku-concert.jp
にアクセスしてご覧ください。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-コンサートガイド2013第1面

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-コンサートガイド2013第2面


また、7月31日(水)18:30開演の日程で、
ミューザ川崎主催の<フェスタサマーミューザ2013>の1公演、
~洗足学園音楽大学/気分は、アーリー・アメリカン~もあります。

この夏を、洗足学園音楽大学の学生や教員が発信する
熱い演奏とともにお過ごしください。


$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-我が家のアジサイ
まだ元気に咲いている仕事場の傍の紫陽花です。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。