松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~

創造芸術は人間の根源的な表現欲求と知的好奇心の発露の最も崇高な形。音楽家・作曲家を目指す貴方、自分の信じる道(未知)を進んでいきましょう。芸術・音楽・文化と共に東日本大震災を乗り越えよう~頑張れ日本!〜がんばろうニッポン!


テーマ:
<ビッグコミックオリジナル>という漫画雑誌は、
たかがコミック誌などと侮ってはいけない、
素晴らしい文芸雑誌だと私は思っています。
もう二十数年になるでしょうか、愛読を続けています。
今でも、月2回発行日(5日・20日)を、
いつも楽しみにしています。

その掲載漫画の中で、連載開始以来、じわりじわりと評判が積もり、
遂には単行本が飛ぶように売れる程の大ヒットとなっているのが、
安倍夜郎作「深夜食堂」です。

新宿の外れ辺りと思われる裏路地で、
真夜中12時から朝7時まで営業する「めしや」の暖簾を
軒先に掲げた小さな店、人呼んで「深夜食堂」という設定です。

メニューは「豚汁定食・日本酒・ビール」のみ、
あとは「適当に注文してくれれば有る材料で何でも作る」
という営業スタイルなのです。

マスター役は小林薫さんで、ピッタリのはまり役です。
毎回、お客さんの中の一人(或いは一組)の注文するメニューと、
そこに繋がる人間模様が、ヒューマンなストーリーを紡ぎます。
地回りヤクザの竜さん(松重豊)、
ベテランのゲイ=小寿々さん(綾田俊樹)、
お茶漬けシスターズ(吉本菜穂子、須藤理彩、小林麻子)
といった常連客主人公になることもあれば、
単発で登場するクミさん(安田成美)のようなケースもありますが、
どの回も、心暖まったり切なかったり、
どこか昭和レトロな哀愁が漂うのです。

一昨年の秋から冬にかけて10回シリーズで放送された
「深夜食堂」が好評を博したので、
この10月半ばから再び「深夜食堂2」が放送されています。
毎週火曜日深夜25時過ぎの放映です。
新宿大ガードをくぐって靖国通りを進む夜の車窓の映像に
気怠いオープニング・テーマがオーバーラップして始る
番組の冒頭がテレビから流れると、
何故かほっと一息つきたくなるのです。

「深夜食堂」第1回と「深夜食堂2」の初回(通算第11回)に
共通するテーマメニューが、赤いウィンナーソーセージを
半分位まで6本足状態に包丁を入れて焼いた
「赤タコウィンナー=タコさんウィンナー」でした。

私の仕事場の近くのまるで深夜食堂のような居酒屋の店主が、
そっくりなメニューを出したのが、この写真です。
懐かしくて美味しそうでしょう!

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-赤タコウィンナー皿
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さん、”洗足学園音楽大学アンサンブル・ヌーボー"
をご存知でしょうか。またの名を、
"スーパー・エレクトロニック・メタル・オーケストラ"
とも言うのですが・・・

このアンサンブル、2004年に創設された
洗足学園音楽大学オリジナルの新感覚オーケストラです。
管楽器コースで特に学生の多い、フルート、サクソフォーン、
トランペット、トロンボーンを管楽器基本セクションとして、
そこに打楽器を加えて、更に電子オルガン2台を組み合わせる
という、独自の楽器編成を採用しています。
今年度からは、チューバも加えて、低音が強化されて
安定感を増した新たなサウンド作りに入っています。

また、公演本番では、
スピーカーから発せられる電子オルガンの音質と、
管楽器・打楽器の生演奏の音質を、
自然にブレンドした音像としてお聴きいただくために、
本格的な音響(PA)を設置・運用して、
独特のゴージャスな音響空間の中でのライヴ・イベント
を実現しています。
このような体制を組むことができるのは、
洗足学園音楽大学に音楽・音響デザインコースがあり、
そこに録音や音響のチームも存在するからこそなのです。
この大学の他の追随を許さない多様性がもたらす
目に見える成果の一つと言えるでしょう。

来る12月16日(金)には、今年度の最終公演が開催されます。

##<アンサンブル・ヌーボー・ワンダー・ライヴ vol.8>##
~マーラー没後100年~復興への絆~ヌーボーの「復活」~
19時開演/入場無料(未就学児入場お断り)
会場/洗足学園・前田ホール(溝の口キャンパス内)
指揮/松元宏康 岸本祐有乃
演奏/洗足学園音楽大学アンサンブル・ヌーボー
ゲスト/平田耕治(バンドネオン)
協演/ミュージカルコース
ナヴィゲーター/松尾祐孝
曲目/第1部=プレミオ(1年生主体のバンド)
    三浦秀秋:ニューボール(新ヴァージョン初演)
    三浦秀秋編:ミュージカル・ミニ・レビュー
    チャイコフスキー:大序曲「1812年」
   第2部=スーペリオ(メインバンド)
    ピアソラ:「エスクアロ」&「アディオス・ノニーノ」
    佐藤昌弘:新作初演
    マーラー:交響曲第2番「復活」より
         ~第4・5楽章~アンサンブル・ヌーボー版~    
音楽監督/松尾祐孝 佐藤昌弘
常任アレンジャー/三浦秀秋   

<ワンダー・ライヴ>は、年末恒例の定期演奏会です。
クラシック音楽のオーケストラ名曲とポップス・ナンバーを
組み合わせた、独自の実験的でゴージャズなステージを
一年間の学習の集大成として披露するコンサートです。

詳細は後日の記事にまたアップしますが、
上記のプログラム予告の通り、
待望となる佐藤昌弘先生の書き下ろし新作をはじめ、
卒業生のバンドネオン奏者=平田耕治さんを迎えての
ピアソラ作品も交えた、多彩なプログラムを準備しています。
メインの「復活・ヌーボー版」は、
実験的で壮大なステージを目指しています。
どうぞご期待ください!

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-支援物資を満載して・・・

ゲストの平田耕治さんは、バイタリティー溢れる若者です。
東日本大地震・大津波の直後には、自分のライヴの収益を
全て支援物資の購入に充てて、自らワゴン車を運転して
避難所に物資を届けに行ったというような
行動力の持ち主でもあります。
その際には、現地に問合せをして、
「米やパンは充分あるが、とにかくおかず類が不足している」
という情報を掴んで、要望に応えた物資を届けるという、
素晴らしい機転も働かせたということです。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-物資輸送車仕様で出発

若い人のこのような行動、実に頼もしいですね。
イベント情報と併せて・・・
頑張れ日本!がんばろうニッポン!です。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ACL=Asian Composers League=アジア作曲家連盟
をご存知でしょうか。

ISCM(国際現代音楽協会)の音楽祭が、
現代音楽のオリンピックとするならば、
ACL(アジア作曲家連盟)の音楽祭は、
アジア大会とでもいった趣でしょうか。

アジア作曲家連盟(Asian Composers League)は、
1973年に日本、韓国、台湾、香港の4人の作曲家達の
呼びかけにより、汎アジア的音楽創作活動の振興、
及び文化交流を目的に設立された団体です。
現在、日本、韓国、台湾、中国(香港)、タイ、
インドネシア、フィリピン、ニュージーランド、
オーストラリア、イスラエル、アゼルバイジャン、
ヴェトナムの12の国と地域が加盟しています。
これまでに、各支部持ち回りによる28回の
〈総会・音楽祭〉が開催されています。
1990年、2000年、2003年の総会・音楽祭は
日本で開催されました。

その他、詳しい情報は、ACLの日本支部である
日本作曲家協議会(JFC)のサイトをご参照ください。
http://www.jfc.gr.jp/contents/jfc/acl.html

今年の11月下旬から12月始めにかけて、
第29回ACL音楽祭が台湾で開催されます。
拙作<フォノスフェール第4番-b~ギターと管弦楽の為に>
も演奏される予定ですので、私自身も当地を訪ねる予定です。

現代音楽のみならず、
アジア各地・各国の伝統音楽のイベントや
各国の支部の活動が報告される<カントリー・レポート>等、
多彩な内容を含むACL音楽祭は、
ISCM音楽祭とはまた一味違った面白さがあります。
台湾の音楽祭については、
近日中にまた詳しい記事をアップしましょう。

日本は、紛れもなくアジアに位置するアジアの一国です。
アジアの仲間との交流も大切にしたいものです。


今日の写真は、アジアの中核都市の一つ=香港の夜景です。
私が初めて参加したACL音楽祭は、1988年の香港大会
(史上初のISCMとの合同開催)でした。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-香港の夜景
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
古代マヤ文明の暦(マヤン・カレンダー)が、
2012年12月23日で終わりになっていることから、
以前から「2012年に天変地異が起こって人類が滅亡する」
等と言われてきました。
最近では、2009年に劇場公開された黙示録的SF映画「2012」で、
この題材がクリーズアップされました。

そして、このところ世間の話題になっている新解釈があります。
スウェーデン人医学者=カール・コルマン博士は、
独自の方法でマヤ暦を再計算し、マヤ暦の終わる日は、
「2012年ではなく2011年10月28日だとした」というのです。
何と、今日ではありませんか! さあ大変!

コルマン博士の研究・見解によると、マヤ暦は、
「人類と地球と宇宙が一体化した進化プロセスの道程表」
と捉えるべきだというのです。
その計算式を元に「コルマンインデックス」を発表し、
自ら計算したその日付を起点に過去の歴史を研究すると、
生物の進化からヨーロッパの歴史、近年の情報技術の発展までが
一定の秩序で起こっていたことを証明できたのだそうです。

私は、この話の真偽や信用するしないを
ここで云々するつもりはありません。
ですが、このような暦にしても、物理法則や数学の数字は、
人間の好奇心・探求心を大いに刺激するものです。

例えば、私は作品の構成を考える際に、
随所に、フィボナッチ数(1,2,3,5,8,13,21,34,55・・・)や
素数列(1,2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,31・・・)をよく使います。
来年2月に京都で初演される予定の打楽器作品では、
円周率(π)を小数点以下1415桁まで活用しています。
πは超絶数ですから、小数点以下の数字は永久に続き、
完全な乱数になっていますから、どこをどう切り取って活用しても
乱数として応用できるので、なかなか魅力的な数列です。

このような事に想いを馳せることができるのも、人間の特権ですね。
まだまだ未熟だけれども素晴らしい・・・人類です。


今日の写真は、ハッブル望遠鏡からのショットにします。
宇宙の神秘も、人類にとっての永遠のロマンですね。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-宇宙の神秘1

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-宇宙の神秘2

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-宇宙の神秘3
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
NHKが三年がかりで放送している
特別ドラマ「坂の上の雲」の最終シリーズ=
第3部が、いよいよこの12月に迫ってきました。
全4回、12月4日、11日、18日、25日、
(全て日曜日19時30分~)に放送されます。

欧米列強が帝国主義を執り、清国が既にその餌食になり、
日本も否応なくその時代に呑み込まれる中、
当時の日本が大国ロシアと何故こうまでして
向き合わなければならなかったのか・・・
私たちはこの時代を、もっとしっかりと、
正格に知っておく必要があると考えます。

司馬遼太郎著の原作が先ず素晴らしいのですが、
このスペシャルドラマもまた凄いのです。
配役の妙はもう脱帽の域と言えるでしょう。

秋山好古 = 阿部 寛
秋山真之 = 本木雅弘
正岡子規 = 香川照之

というトップ主人公三人の顔ぶれを見ると、
資料写真に見る歴史上の本人とまるで瓜二つといった観です。

ストーリーは、第2部の途中から既に
日露戦争に突入していますから、
旅順攻略の難航、陸軍の奉天会戦等の大陸の戦い、
そして遂に旅順陥落、更には日本海海戦・・・
と続いていくのでしょう。

決して戦争はという人類の行為は、
褒められたものではありませんが、
今、この国、日本が、独立を保持して存在していることの、
意味やありがたさを、しっかりと噛みしめて知ることは、
重要ではないでしょうか。

日本が、近隣諸国やアジアの国々と、
かつては様々なカタチで向き合い、
時には戦争にも巻き込み、巻き込まれていたとう事を、
しっかりと認識した上でこそ、
真の国際交流が実現するのではないでしょうか。

偶然ですが、私は、この11月末に韓国、
12月初めに台湾の現代音楽祭に参加する予定です。
韓国では、普州という町を訪ねるのですが、
そこは豊臣秀吉の時代の朝鮮出兵で、
主戦場になった場所でもあります。
そのような事を知らずに現地を訪ねることは、
何としても避けたいところですね。

「坂の上の雲」を通して、アジアの平和、
世界の平和について、改めて考えてみたいと思います。
 
番組公式HPは、こちらです。
http://www9.nhk.or.jp/sakanoue/

写真は、太陽と雲の陰影です。


$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-太陽と雲の陰影
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
東京藝術大学の学生の作品が、町に飛び出しています。
10月26日(火)から31日(日)までの6日間、
東京丸の内・丸ビルで「藝大アーツ イン 東京丸の内」
が開催されています。
東京藝術大学と丸ビルを運営する三菱地所株式会社の
協働プロジェクトのようです。

藝大HP内の情報は、このサイトです。
http://www.geidai.ac.jp/info/20101001.html

作品の展示、講演会、対談から
コンサートやオペラの上演まで、
多彩な内容が繰り広げられています。

芸術(美術も音楽も映像も・・・)、
もっともっと町に繰り出して、
世の中を元気にすることに一役も二役も買いたいものです。

TOKYO MX TV のニュースの映像が、YouTubeに
アップされていましたので、リンクしておきましょう。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
日本は、伝統音楽・伝統楽器の宝庫です。
あらゆる時代の成立した伝統音楽・芸能が、
(全てとは言わないまでも)数多く現在まで継承・伝承され、
この21世紀に共存して息づいているというような国は、
世界中を見渡しても殆ど希有な存在なのです。

しかし、残念ながら、そのことを深く認識して、
日本の個性や特徴、或いは文化立国の核として意識するような
高い意識を持つ政治家・財界人・有識者が、
未だに社会の前面に出てこない状況にあります。
全くもたちない話です。

それでも、禁煙は、教育指導要領の「音楽」で、
我が国の伝統音楽に触れる・学ぶことが
必須の項目になりましたし、
徐々にではありますが、日本の伝統文化に対する再認識が
高まっているのかもしれません。

しかし、今すぐにでも策を打たないと、
絶滅してしまう分野や伝統芸能もあるという危機感も、
また同時に持っていなくてはならないでしょう。

また、伝統芸能や古くからある古典芸能・古典音楽、
例えば、能・歌舞伎・文楽・古典本曲・雅楽・・・等を、
ただそのまま保存することのみで、
真の伝統が継続するものでもありません。
真の伝統は、古典を守りつつ、
その時代のその時代の息吹による切磋琢磨を経て、
新たな作品や演奏様式を確立しつつ、
活きた文化として存在し続けることであると、
私は考えています。

幸いにも、日本の邦楽器は、
西欧楽器との協演にも充分堪え得る、
普遍性と独自の存在感を持つものが多いのです。
箏・三味線・琵琶・笛・尺八・笙・打楽・・・等、
まだまだ未知の可能性を秘めていると考えられます。

そういった邦楽器による現代的なアンサンブルとして
1964年に設立され、これまでに多数の新しい
邦楽器アンサンブル作品を世に送り出してきた団体が、
日本音楽集団=Pro Musica Nopponiaなのです。

先日の記事で紹介した私の<SOUND SOUND>シリーズの
第1作の誕生は、この日本音楽集団からの委嘱でした。

まず、日本音楽集団のホームページを
訪ねることをお勧めします。
http://www.promusica.or.jp/

演奏会・楽譜・CD・講習会・指導、等の情報の他、
作曲家にとって必見の「楽器について」をクリック
してみると、各楽器についてのかなり詳しい情報を
知ることができます。ありがたいサイトです。
http://www.promusica.or.jp/instruments/index.html

これからも、日本の伝統楽器の魅力の発信、
その楽器によるアンサンブルの魅力の発信、
あおして新しい作品の誕生の喚起の推進を
益々発展させていったいただきたいと思っている私です。


$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-日本音楽集団204回定期チラシ

「日本音楽集団」第204回定期演奏会
さらに響き合う明日へ~栗山文昭氏を迎えて~
【 日 時 】2011年11月15日(火)19:00開演
【 会 場 】第一生命ホール(晴海トリトンスクエア内)
     (都営大江戸線「勝どき駅」より徒歩8分)
【入場料】4,000円(全席自由)
http://www.promusica.or.jp/ticket/20111115_204.html

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
日本のテレビ放送の中でも、ドラマの老舗中の老舗として
今も貫録の存在感を示している放送枠に、
TBS「日曜劇場」があります。

この10月~12月のクールでは、前宣伝も盛んだった
「南極大陸」が放送されています。
TBS開局60周年記念の特別企画として、
民法ドラマとしては異例の規模による撮影が
今年の2月から敢行されていたそうです。
先週土曜日=10月15日に第1回2時間スペシャルが放映され、
今夜が第2回10分拡大スペシャルが放映されます。

主演は、あの“キムタク”こと、木村拓哉です。
脇を固める協演陣も、
堺雅人、柴田恭兵、綾瀬はるか、木村多江、渡瀬恒彦、山本學、
寺島 進、緒方直人、香川照之・・・といった錚々たる顔ぶれです。

戦後十年を経過したものの、国際社会の中ではまだまだ
敗戦国であるアジアの島国といった扱いであった日本が、
新たに世界共通の探索領域として国際共同探索にフィールド
になる南極に、日本も参画すべしという、
主人公(地質学者=倉持岳志)やその周囲の者たちが、
日本の更なる復興と発展の起爆剤とすべく、
“第一次南極観測隊”の実現を進めていくというストーリーです。
そこに、あの有名な犬ソリ隊のタロとジロの話や、
その他の様々な人間模様が絡んでくるのでしょう。

この“戦後日本が国際社会への真の復帰を目指した奮闘記”
を通して、私たちはあらためてこの日本という国が存在する
ありがたさと平和を噛みしめながら、
昨今の窮地からの復興や発展を期していきたいと思います。

日本・日本人も持つ底力を、これからも信じて行きたいと、
皆さんも思いませんか。

頑張れ日本! がんばろうニッポン!


この写真は、知人が実際に南極を訪ねた際のショットです。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-南極の風景1

日本の昭和基地ではありませんが。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-南極の風景2

南極は、どこの国の領土でもない、国際平和の象徴です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、久しぶりに六本木ヒルズに足を伸ばしました。
私の友人でもあるメキシコの打楽器アンサンブル=
TAMBUCOの「国際交流基金賞授賞式」が、
六本木ヒルズタワー内のアカデミック・ヒルズで行われたのです。

自然の素晴らしさは言うまでもありませんが、
人工的な美と言えばしれまでではありますが、
都市の夜景の美しさもまた時には心に滲みるものです。

このエリアに足を踏み入れた途端、
何か別世界といった雰囲気になります。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-六本木ヒルズのエリアの夜景

上を見上げると、天を突くような光の造形が
軽やかな透明感を湛えながらそそり立っています。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-タワーを見上げると・・・

ふと建物と建物の隙間から垣間見える東京タワーが、
東京の高層建造物の新旧の対照を印象づけてくれます。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-ふとした隙間から東京タワーが・・・

アーバン・ナイト・ライフも、たまには良いものですね。
建築や照明やデザインも、私にとっては、
音楽と何らかの共通性が見出せる興味深い分野なのです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
実行委員長としての私の最大の責務は、実際に実行可能な日程
(ホール等の施設の使用スケジュール詳細を含む)を組む事と、
それ実施運営を監督することに有ったと考えています。
全23公演及び周辺イベントを含む日程の策定と
楽屋等の全施設の使い回しの策定は、
筆舌に尽くしがたい難儀であったが、
結果として実行できたところを見ると、私のその責務は
概ね達成されたと考えても良いでしょうか。

勿論、我々の運営の全てに渡って最善であった等と
自惚れるつもりは毛頭ありません。
しかしながら、限られた予算の制約の中で、
海外参加者に満足していただき、
全23公演に約1万人の聴衆やワークショップ参加者、
更に周辺イベントまで含めれば1万5千人を優に越える動員を
獲得して、ISCM音楽祭としての恒常的な内容のみならず、
日本の作曲界の層の厚さと多様性と
日本の演奏家の水準の高さをアピールしつつ、
また先端芸術と教育や社会との関りの展望をも示唆した開催を
実現できたことは、主催者=JSCM日本現代音楽協会として
胸を張ってよいことと言えるでしょう。

率直に言って、1億1千万円の予算規模で、
(国際審査会等の準備事業費を加えれば約1億2千万円)
この開催規模と多彩な内容を実現できる団体は、
他には無いでしょう。
一部に、「国際審査員が全員日本人だったこと」や
「日本人作曲家のみの公演も有ったこと」等を
揶揄する向きもありました。
しかし、この開催の公演内容の全ては、
以前の記事でも書いた通り、過去の事例やISCMの規約に基づき
ISCM国際本部との協議とその承認を経て決定されたものでした。
ですから、そのような発言は、
むしろ発言者の不勉強を露呈しているに過ぎないでしょう。

また、海外の放送局等から自費で
取材に来日して来られた記者等も少なくなく、
(実際にそのような方々には取材記者用パスを発給しました)
開催地元でありながら評論家やジャーナリストが少なかった
日本のメディアとの対照が際立ってもいました。

最後に、この音楽祭の意義を真摯に受けとめて、
海外参加者を感嘆させる程の見事な演奏を繰り広げていただいた
演奏家諸氏に、あらためて厚く御礼申し上げたいと思います。
このような演奏の充実無くして、
この成功は有り得なかったことは、言うまでもないでしょう。

そして、若輩者(当時42歳)の私に実行委員長という大役を
預けていただいき且つ守り立てていただいた開催関係者の皆様、
そしてホスト国の作曲家として会場に足繁く通い、
国際交流の花を咲かせていただいたJSCM会員の皆様、
そして会場を熱気で満たしていただいた横浜市民をはじめとする
来場者の皆様に、心より感謝申し上げます。


<ISCM世界音楽の日々2001横浜大会~
     日本現代音楽協会新世紀音楽祭>の開催から、
もう10年の歳月が流れました。
残念ながら、その間、先端芸術の作家や現代音楽の作曲家が
社会との関りを持ちつつ創作活動を続けていく環境が、
決して向上したと言える現実ではないように思われます。
しかし、諦めずに、できることからどんどん実行していく・・・
継続こそ力なり・・・
私の信念です。


・・・音楽祭公式ロゴマーク・・・
$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-WMD2001ロゴマーク

・・・横浜みなとみらいホールに
      誇らしく掲出された音楽祭タペストリー・・・
$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-大ホール正面のフラッグ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。