松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~

創造芸術は人間の根源的な表現欲求と知的好奇心の発露の最も崇高な形。音楽家・作曲家を目指す貴方、自分の信じる道(未知)を進んでいきましょう。芸術・音楽・文化と共に東日本大震災を乗り越えよう~頑張れ日本!〜がんばろうニッポン!


テーマ:
<飛来>シリーズの紹介を続けます。

###<飛来>Ⅱ~弦楽四重奏曲第1番~###
        (1985)
<深新會第回作品展>第2夜 出品作品

演奏時間:約17分

初演:1985年6月 こまばエミナース(東京)
演奏:ニューアーツ弦楽四重奏団
   1st Vn.=小林健次 2nd. Vn.=平尾真治
   Va.=江戸純子 Vc.=苅田雅治

再演:1986年2月 abcホール(東京)
演奏:<日本の作曲家1986~JFC出版記念コンサート>
   ハレー・ストリング・カルテット
   1st Vn.=漆原啓子 2nd. Vn.=松原勝也
   Va.=豊島泰嗣 Vc.=山本祐ノ介

楽譜:日本作曲家協議会 / JFC-8512

大学院を修了して丸1年たった時期に発表したこの作品が、
<飛来>シリーズの第2弾です。
半月程前に池内友次郎先生の著作の話題を記事にしましたが、
その門下生の会として長い伝統を持つ<深新會>は、
その時期の私にとってとても重要な作品発表の場でした。
当時の會の代表=西村朗氏(藝大作曲科の数年先輩にあたります)
の計らいもあって、1985年の作品展に現代作品にも精通した大家
によるユニット=ニューアーツ弦楽四重奏団にご出演いただける
ことになり、拙作も演奏していただけることになったのでした。

それまでは、藝大学内でオーケストラ作品の演奏は別として、
近い世代の奏者によって演奏されることが殆どでしたが、
この時は日本音楽界の重鎮と言うべき奏者による四重奏団に
演奏していただける機会ということで、
緊張と期待との交錯を胸に秘めつつ、作曲を進めました。

書き始めるにあたって構想を練っていたときに、
頭に浮かんだイメージが、やはり乗鞍岳山頂付近での体験でした。
弦楽器のハーモニクス奏法の持つ響きが、
空間や宇宙の気配や風の音を象徴しつつ、曲が始ります。
弦楽四重奏という媒体を、2vn. va. vc. の4楽器(奏者)の
合奏に解体し、特に1st. vn.と vc.が独奏者の役割も折々に担いつつ、
時に独奏、時に二重奏、時に独奏対三重奏、時に四重奏、
というように変幻自在にアンサンブルを組み換えつつ、
弦楽器の響きをじっくり聴かせるように音楽は進んでいきます。
かなりロマンティックな響きのする作品です。
謂わば、私の若き日の "自然への愛の讃歌" といった趣です。

初演は実に見事な演奏でした。
自分で自分の作品に聴きほれることができた最初の瞬間でした。
そして、直後に日本作曲家協議会からの出版楽譜にも選ばれ、
<出版記念コンサート>では若手演奏家ユニットで再演され、
更にはその録音がNHK-FMで放送され、
私にとって初めてづくしの作品になったのでした。

この作品で得た楽曲構成法は、以後の私の大きな財産になり、
それを敷延・発展させながら、今日も私独自の楽曲様式を
模索し続けているのです。
若い時に必死に獲得した心の財産は、自分自身のその後を
あらゆる意味で豊かにしてくれます。

そして、このような機会を得ることができるまでに、
様々な先輩や演奏者の皆さんにお世話になったことに、
改めて感謝の意を表したいと思います。
様々な出会いが、人生を彩っていってくれるのです。

余禄:
弦楽四重奏曲というクラシック音楽の室内楽の代表格と謂うべき
楽器編成ですから、第2作・第3作と書くつもりで居た自分でしたが、
結局のところこの作品以後に弦楽四重奏曲は書かずじまいです。
我ながら・・・いったい何時になったら
「弦楽四重奏曲第2番」は誕生するのでしょうか?

今日の画像は、上記の出版楽譜の表紙のイメージ写真です。
日本作曲家協議会に問い合わせるとまだ入手できるかもしれません。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-<飛来2>出版楽譜JFC版
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日に記事の中に<塔の会>という名前が登場しました。
私が藝大作曲科の受験から学部在学中並びに大学院修士課程
までにわたって師事した大恩師=宍戸睦郎先生の
門下生の会の名称でした。

まだ海の者とも山の者ともつかぬ駆け出しの作曲家であった
私が、最初期の作品を発表することができた、貴重な機会でした。

下の写真は、昨日の記事の作品、
<飛来>~フルートとヴァイオリンの為に~を発表した
1984年12月の第4回作品展のチラシです。
題字は私の父の揮毫で、
雪の樹木の写真は宍戸先生ご自身が撮影されたものです。

この頃から宍戸先生はカメラ・写真に興味を持たれて、
我々門下生を連れてしばしば写真撮影の旅をされたり、
その旅を自在にしたいからと車の免許を取得されたりと、
アウトドア志向になられていました。
私は印刷やデザインを担当する係でもありましたので、
このチラシを見ると、作成当時の想い出が
走馬灯のように蘇ってきます。

宍戸先生には、和声、作曲、楽曲分析法、等の作曲家への修練に
直結することばかりでなく、大学に入学してからは、
料理やお酒といったグルメやカメラ・写真等、
様々な大人の嗜みをご教示いただきました。
素晴らしい師の下で研鑽を積むことができた事に、
今でも深く感謝しています。

皆さんも、良き師、良き友に、出会えると素敵ですね!

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-第4回塔の会チラシ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
一昨日の月曜日に久しぶりに演劇舞台を観賞しました。
ショーGEKI大魔王 新撰組 ~幕末剣舞烈風伝~を
下北沢の本多劇場で観てきました。
最近ひょんなことから知り合った若手俳優Kさんが
出演されるということで、行ってきました。

歴史・日本史ブームの昨今では、史実に忠実な物語が
主流かもしれませんが、この舞台の物語はかなり独自の
設定や脚色が施されていて、歴史に関心の強い人にとっては、
抵抗を感じるストーリー展開かもしれません。
登場人物も多いため、個性溢れる個々のキャラクターが、
必ずしも十全に描写されきっていない面もあったと感じました。

しかしながら、それを承知の上で、
新撰組を題材にしつつも全く新しい殺陣と踊りのショーと
演劇によるエンターテインメント(正にショーGEKI)を
創出していたことに、私は惹かれました。
特に殺陣のスピード感と迫力は素晴らしかったです。
2時間半休憩無しで一気に舞台を進行するエネルギーと
情熱の迸りに、心を打たれました。
知人のKさんも格好良かったです!

東日本大震災の直後のこの時期、各種イベントの中止や延期が
相次ぐ中、予定通りに興業を遂行して、満員の観衆に元気を
与えてくれた若手中心の出演者や関係者スタッフに、
拍手とエールを送りたいと思います。

過度の自粛ムードは、決して復興の手助けにはなりません。
平常の生活ができる者は粛々と通常の活動を行ない、
社会・経済を回転させていくことこそが、
震災の影響を最低限に食い止めて復興への下支えになることは、
冷静の考えれば明白に判ることです。

ショーGEKIの皆さん、元気を発信してくれてありがとう!
頑張れ日本を体現してくれました!
我々もしっかり仕事や活動を頑張りましょう!


ショーGEKIのホームページのアドレスをご紹介しておきます。
http://www.showgeki.com/top.html
「新撰組」は昨夜で千秋楽になりましたが、
また元気で痛快な舞台で、日本の若人の元気を発信してください。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-ショーGEKI大魔王「新撰組」
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
<飛来>シリーズの紹介を始めます。

###<飛来>~フルートとヴァイオリンの為に~###
         (1984)
<塔の会> (宍戸睦郎先生門下生の会) 出品作品

演奏時間:約11分
初演:1984年12月 ルーテル市谷(東京)
演奏:フルート=高桑英世 ヴァイオリン=桑野聖

この作品を書くことになった頃、
私は藝大の大学院修了作品の作曲に専心していた時期でした。
しかし一方で、作品発表コンサートの企画が持ち上がり、
修了作品を書き上げるやいなや、
そこへの出品作品の作曲に取り掛かったのでした。

大規模オーケストラ作品を書き上げて
すっかり空っぽになっていた私の脳裏にふと浮かんだのが、
前回までの記事で紹介した乗鞍岳山頂を訪ねた時の、
あのイメージでした。

宇宙が透けて見えそうなくらい青い空・・・
風の音と無音・・・
日本中の山々が見渡せるかのような眺望・・・
空間そのものの実感・・・

このようなイメージを、
フルートとヴァイオリンの組み合わせに託して、
宇宙から何かの気配が飛来してくるような感覚をも感じた
乗鞍岳山頂での記憶から、<飛来>というタイトルが誕生しました。

当初「<飛翔>というタイトルではなく、なぜ<飛来>なにか?」
という質問をよく受けましたが、
このような理由によります。

1984年に藝大大学院を修了した私は、
以後積極的に作品を発表していくことになったのですが、
私の20歳台後半から30歳台序盤にかけての主要作品群が、
<飛来>シリーズになっていったのでした。

スキーとの出会いから乗鞍岳との出会いが生まれ、
そこから触発されて<飛来>シリーズが誕生したのです。
人生の綾に感謝!


今日の写真は今年のスキー行で撮ったカットです。
拡大してご覧いただくと、
樹林と雪の織りなすタペストリーのように感じることでしょう。
私は、東山魁夷画伯の絵を彷彿とさせるような、
このような雪景色が大好きなのです!

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-トマムの雪景色~樹林
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の記事からの続きです・・・

乗鞍岳は北アルプスに位置する3000メートル峰ですから、
登山することは困難と思われるかもしれませんが、
おそらく日本で一番手軽の到達できる3000メートル峰です。
(勿論、山の気象は変化が激しいですから、
訪ねる際は最低限の装備と心構えは必要ですよ!)

何しろ、標高2700メートルの山頂脇の畳平まで、
岐阜県側からは "乗鞍スカイライン" (有料道路)で、
長野県側からは "乗鞍エコーライン" (県道)で、
車やバスでアプローチできるのです。
(私は頻繁の訪ねていた頃は自家用車でも自由にアプローチ
できましたが、今現在は制限があるようですので、
もしも訪ねる際には事前に調べてみてください!)

山頂に立った時の感興は格別なものがあります。
日本中の山々が全て見渡せてしまうかのような眺望・・・
宇宙が透けて見えそうな位に濃い青空・・・
人工的な音が一切聴こえてこない中での風の音・・・
そして自分が佇む空間そのものの実感・・・
こういった印象が、私は20歳台の時期の書き進めた
<飛来>シリーズのインスピレーションの源泉に
なったのでした。

今日の写真は乗鞍岳山頂です。
山頂からの眺望のイメージを膨らませてください。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-乗鞍岳山頂からの眺望
高画質壁紙写真集無料壁紙
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
私の20歳台は、音楽活動に邁進する以外では、
スキーに没頭していました。
音楽家以外の受験仲間との縁がきっかけで、
大学進学後にスキー仲間に引き入れられたことから、
私のスキー人生が始りました。

スキーをやってきて良かったことは、
何と言っても「重心の移動とバランス感覚」を
自然に体得できたことが第一に挙げられます。
この事が、作品を書くことにも、指揮をすることにも、
非常に大きな影響をもたらしてくれました。

もう一つが、「生身の身体で自然と向き合う快感」を
知り得ることができたことです。
同じスキー場の同じ斜面でも、日によって、時間によって、
気温・雪温・雪質・風力・風向・日射などの条件は
刻々と変化していきます。
それらに、時に微妙に時に大胆に対処しながら、
ダイレクトに雪面とのコンタクトを全身に感じながら
スキーを(というより自分自身を)滑らせる感覚は、
私を終生虜にし続けるでことしょう。

私をスキーの世界に誘ってくれた友人兄弟が拠点が、
長野県の ”乗鞍高原温泉スキー場” でした。
毎冬、毎週末のように、スキー仲間の誰かが車を出して、
現地に住み着いていた友人宅に合宿状態で泊めていただき、
土日のスキー三昧を満喫したものでした。

夏休みにも、山頂付近の雪渓にスキーを担いで上がれば、
夏スキーを楽しめましたし、スキー場のある辺りには、
滝や牧場やテニスコートもあって、
年間を通じて乗鞍高原にはよく通ったものでした。
まだ中央高速自動車道が全通する以前の話ですから、
今考えると「随分と時間をかけて、よくもまあ運転したものだ」
と思います。

その乗鞍高原を見下ろす雄峰=乗鞍岳の山頂は、
日本で最も手軽の上れる3000メートル峰です。
北アルプスの中で長野と岐阜の県境に位置する火山で、
乗鞍高原から見上げると優美な姿が印象的です。

私も夏に何度か山頂に立ちました。
その友人兄弟に至っては、山頂小屋で働いていたこともありました。
その山頂付近を訪ねた時の印象が、
私の若き日の作品群=<飛来>シリーズの誕生に、
霊感(インスピレーション)をもたらしてくれました。
この話の続きは次回の記事をお楽しみに!


行く回数・日数こそ激減しましたが、
未だにスキーには魅了され続け、毎年必ず滑っている・・・
好きな事はトコトン継続する事・・・
音楽とスキーというフィールドは、
私の人生の両輪なのかもしれません。

写真は、乗鞍岳の遠景です。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-乗鞍岳遠景
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
来る4月から音楽大学に進学される方、
あらためて、おめでとうございます。

自分の最も生きたかった第一希望の学校に入学する方にも、
惜しくも第一希望は叶わなかったものの、
第二希望や第三希望の学校に入学する方にも、
私は等しく "おめでとう!" とエールを送りたいと思います。

勿論、意中の学校に進学できるに越した事は無いでしょう。
一番行きたい所に行けない悔しさを
心に中で噛みしめている人も居るでしょう。

でも、肝心なのはこれからです。
意中の学校に進学できても、今後の自己修練を怠れば、
結局私に言わせれば才能が無かったことになります。
どこに居ても、目標をしっかり建てて、
それに向かって自己修練を継続して、
生き生きと頑張っていけば、何らかの活路が開けるものです。
最終的に才能が有るか無いかは、
今後の貴方の行動にかかっているのです。
何度も言うようですが、"才能は貴方の心の中にある" のです。

私自身、音楽系の高校の受験に失敗した経験があります。
その時は悔し涙に暮れましたが、
その悔しさをバネに以後の勉強の集中力を高めていって、
その後の音楽家人生を切り開いてこられました。
もしもあの時スムーズに音楽系高校に合格していたら、
今の私はなかったかもしれません。
あの時に不合格になった自分の運命に、
今では深く感謝しています。

自分の気が乗らないことを、学校のせいや周囲のせいにして、
怠惰な日常を送ることほど無駄なことはありません。
気持ちをリフレッシュして、晴れやかな入学を迎えてください。
私もこのサイトから応援を続けます!

人生はいつも順風満帆という訳にはいきません。
むしろ思い通りに行かないことの方が遥かに多いでしょう。
そういう時にどう対処するかということが、
貴方の人生を大きく左右していきます。
皆さん、音楽と共に頑張りましょう!


追記:
明日からの記事に、普通高校に進学して得た友人との交友から
得る事ができた生涯スポーツにまつわる作品シリーズの話を
順次アップしていきます。

さて今日の写真は、晴れやかなショットししました。
シャイヨ宮側から遠望したエッフェル塔です。
芸術の都=パリの象徴的な風景です。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-シャイヨ宮から遠望~エッフェル塔
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
あと一週間足らずで新年度を迎えます。
年度末に大災害が発生して緊張感や不安感を
多く抱えた状況の中ですが、
「入学」や「入社」といった、これからの社会を支えていく
人材の新たな門出のシーズンであることは、変わり有りません。

全国の音楽大学に入学が決まった皆さん、おめでとうございます。
どうぞ、勉学・研鑽・練習に邁進しつつ時に趣味や課外活動に励み、
存分に大学生生活をエンジョイしてください。

大災害の直後で世の中が ”緊縮モード” という雰囲気になっています。
勿論、犠牲者を悼み哀悼の意を表すること、
被災された方々への支援を各自なりの方法で実現すること、
節電等の社会インフラの維持の方策に協力すること、
等は大切なことです。

しかし、無事に元気に平常の生活や行動が維持できる者までが、
必要以上に心理も行動も萎縮してしまっていては、
災害からの復興はおろか今現在の日本の社会が持ちこたえられません。
平常に行なえる活動をしっかり維持して、
粛々と社会活動・経済活動が展開されることが、
復興や更なる発展の下支えになるはずです。

若い皆さん、新たな門出を迎える皆さんが、
存分に研鑽を積んで活躍してやがて社会に貢献していくことで、
きっと日本は活性化して復興の足取りも上がっていくのです。
どうぞ、明るく前向きに頑張ってください!
新たに脱皮した日本を創っていってください!


写真は皆さんの門出を祝福して、富士山からのご来光です。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-富士山ご来光
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先日の記事で紹介した [ディストラクションⅧ] の初演は、
"音楽づくり" による小学校との連携を盛り込んだイベント=
<童楽Ⅳ>の演奏会で行われました。

この時は、文京区立窪町小学校と杉並区立荻窪小学校の
管楽器クラブ(吹奏楽クラブ)の皆さんに
参加していただきました。
夏休み等の機会に事前ワークショップを実施して、
自分たちで考えて自分たちで演奏するオリジナル・ステージを
それぞれの学校で数グループに別れて制作していきました。
作曲家と共に、トロンボーン奏者=村田厚生さんも
サポーターとして参加してくださいました。

私がワークショップ・リーダーとして提示したテーマ(要素)は
「ロングトーンと同音連打」でした。
いくつかのグループが、この二つの要素を巧みに応用して、
自分たちの音楽作品を創出してくれました。

小学生の成果発表の後、今度は日本現代音楽協会会員作曲家の
作品発表演奏会を一般聴衆と共に聴く第2部になりました。
私の作品 [デフィストラクションⅧ] は、
その「ロングトーンと同音連打」を徹底的に駆使した作品です。
小学生たちは、自分たちが扱ったものと同じ要素を聴取ることに
強い興味を示しながら、現代作品5曲の演奏会を、
固唾を呑んで聴き通したのでした。
引率のご父兄よりも余程熱心に集中して鑑賞していた姿が、
実に微笑ましくまた頼もしかったです。

このようなアプローチを施せば、子供たちでも現代音楽を
充分に興味を持って楽しむことができるのです。

因に「ロングトーンと同音連打」といった概念は現代音楽のみに
あてはまるというようなものではありません。
あの有名な「ジャジャジャジャーン」・・・
そう、ベートーヴェンの「運命」の基本動機だって、
「ジャジャジャ」=同音連打と「ジャーン」=ロングトーン
の組み合わせなのですよ!


さて、今日の写真は先日の記事の写真=コトデンの黄色い電車
のオリジナル、京浜急行1000形の写真です。
本物に見えるかもしれませんが、これは私所有の鉄道模型です。
ジオラマは、修禅寺温泉「花月園」旅館の自慢の大レイアウト
の中の駅の風景です。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-花月園ジオラマの京急1000型
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ここ数日、作品紹介の記事に加えて、
金毘羅様と金毘羅歌舞伎にまつわる写真もご紹介してきました。

これらの写真は、数年前の4月に金毘羅歌舞伎を観るために
当地を訪ねた時のショットです。

天保6年(1835年)旧・金毘羅大芝居(通称:金丸座)は、
昭和51年に現在地に移築・復元が完成したものだそうです。
そして昭和60年に「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が復活、
以後、次第に注目度が高くなって、
今ではチケットがなかなか取れない程の人気となっています。

私が訪ねた年は、襲名間も無かった市川海老蔵が
初めて女形を演じるということで
大いに話題になった舞台でした。
私が観た初日には、市川団十郎も姿を見せていました。
明かり窓や舞台展開等の設備やからくりを全てを人力で動かす
昔ながらの芝居小屋の雰囲気と、間近に迫る芝居の迫力の
相乗効果で、心底から楽しめる舞台を堪能できました。

翌朝、旅館の大浴場で朝風呂を浴びていた時、
ふと気がつくととなりで海老蔵さんが入浴されていました。
同じ宿に宿泊なさっておられたのでしょう。
嬉しい旅先の一コマでした。

日本には実に多彩で逞しい文化・芸術・芸能が息づいています。
音楽のみならず、これらを享受できる幸せを、
活かさない手はありません。
皆さんも、様々な文化・芸術・芸能を楽しんでください。

今日の画像は、
今年の「こんぴら歌舞伎大芝居」のポスターです。

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-平成23年金毘羅歌舞伎大芝居
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。