松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~

創造芸術は人間の根源的な表現欲求と知的好奇心の発露の最も崇高な形。音楽家・作曲家を目指す貴方、自分の信じる道(未知)を進んでいきましょう。芸術・音楽・文化と共に東日本大震災を乗り越えよう~頑張れ日本!〜がんばろうニッポン!


テーマ:
今年も早くも2月になりました。
2月は大学入試シーズンですね。
音楽大学も例外ではなく、
私立音大は概ね2月後半に入試が集中しているようです。

一般大学(文系や理工系)の受験に比べると、
音大の受験の学修方法は、
一般には知られていない状況であることは否めません。
非常に特殊という言い方もできますが、
どのような道に進む場合もそれぞれに独特の困難はつきもの、
という見方もできます。

例えば、弁護士や公認会計士を目指す場合に、
普通に高校や大学の授業の勉強だけでは、なかなか目標を達成して
念願を成就できすものではないでしょう。
電車の運転手やパイロットになりたいというケースでも、
学校を卒業してすぐになれるものではなく、
長い年月をかけた修業・研修が必要でしょう。

今年受験の方、次年度以降に受験の方、
音大へのアプローチの方法、そして音楽家への道の進み方を、
是非とも的確にリサーチしてください。
特に、作曲家への道のりは、
長いスパンで考えなくてはなりませんから、
早めに決心を固めて行動することをお勧めしておきます。
大変な勉強ではありますが、
”音楽が心底大好き”という強い想いで継続できれば、
得るものもきっと大きいと思います。

何かお尋ねになりたいことがあれば、
私も相談に乗りますので、
お気軽にメッセージをお寄せください。


さて、今回の写真は京都大学の時計台です。
昨年9月にここで開催された「第77回日本応用心理学会」に
出席してきました。流石に落ち着いた雰囲気の構内でした。


$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-京都大学
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
一昨日(1月22日)には、
<全国手作り楽器アイデアコンテスト~音とあそぼう>に、
審査員として参加してきました。

”音楽のまち・かわさき”をキャッチフレーズにしている、
川崎市の「音楽のまちかわさき推進協議会」主催による、
全国規模のコンテストです。
毎年、絵で応募できる「ゆめ楽器(イラスト)部門」と、
実際に手作り楽器を作ってそれを演奏して、
そのパフォーマンスで覇を競う「手作り楽器部門」の
二部門が設定されて、
ユニークな楽器の饗宴が繰り広げられます。
私は毎年、「手作り楽器部門」の審査員を務めています。

今年も様々なアイデアの楽器が数多く登場して、
時に素晴らしく時のほほ笑ましい演奏が、
川崎市高津市民館大ホール満員の熱気の中で披露されました。
とても楽しかったです。
この模様は、TVKテレビ神奈川で、
2月26日(土)18時~20時に放送される予定です。

では、コンテストの入賞・入選者の皆さんに乾杯!
(夜のパリ・シャンゼリゼ大通りのジョルジュサンクカフェで、
ボルドーを一杯!)
松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-パリでボルドー
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日(1月23日)<第7回 東京 邦楽コンクール>に、
審査員として参加してきました。
洗足学園音楽大学の附属機関=現代邦楽研究所が主催する、
邦楽器の演奏コンクールです。

今年もジュニア部門と一般部門の2部門が行われ、
それぞれ3人(組)・10人が今日の本選(演奏審査)に臨まれました。
各人(組)それぞれに緊張の中にも、
充実した演奏を披露していただきました。
本選の後、即日審査・結果発表・表彰式と進みました。
近日中に同研究所のホームページにアップされますので、
興味のある方は是非ご覧ください。
http://www.senzoku.ac.jp/music/school/laboratory/traditional/index.html

日本には素晴らしい伝統音楽と、それを支えてきた素晴らしい伝統楽器
(邦楽器)が、多種多彩に存在しています。
その事の素晴らしさと幸せを、改めて感じ入った一日でした。

皆さんも、もっともっと、
日本の伝統音楽や邦楽器の演奏を聴いてみてください。
自国の文化に誇りを持つ事こそ、真の国際交流の出発点だと、
私は信じています。

写真のCDは「邦楽器アンサンブル~現代邦楽研究所委嘱作品集~」
です。私の作品<新譜音悦多~しんふぉにえった>も
収録されています。 ALM RECORDS / ALCD-9028

松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-現邦研CD
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
1月21日(金)、<フュージョン・フェスタ2>公演、
お陰様で無事に開催できました。
寒い中をご来場いただきました聴衆の皆様と、
各作品の個性を浮き彫りにしていただいた演奏者の皆様と、
企画・運営を支えていただいたスタッフの皆様に、
厚く御礼申し上げます。
そして、新作を発表された作曲家の皆様、
おめでとうございました。

終演後のロビーで、帰りがけのお客様のお一人(中年のご婦人)から、
このようなお言葉をいただきました。
「今日、生まれて始めて、現代音楽を楽しんで聴くことができました。
”音を音として楽しむ”という感覚が判ったような気がします。
日本人はそのような感性を古来から持っているとも思いました。
だから、西洋音楽の要素であるメロディーや拍子や和音などが無くても、
音楽は楽しめるものなのだと感じました・・・。」
という内容のお話でした。
私としてはとても嬉しいお言葉でした。

皆さんも、先入観や固定観念に囚われないで、
現代音楽やその他の未知の分野の音楽を、
どんどん聴いてみてください。
きっと、人生が豊かになりますよ!

では<フュージョン・フェスタ2>で誕生した
新しい音楽の数々に乾杯!
パリ・シャンゼリゼ大通りの名門カフェ=フーケで、
ベリーニ(シャンパンのピーチジュース割り)をどうぞ!

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-ベリーニ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
いよいよユニークなイベントが近づいてきました!

<フュージョン・フェスタ2>です。
言わば「音楽異種格闘技大会!?」とでも言うべき
異分野コラボレーション作品特集です。

邦楽器と洋楽器、音楽と身体表現、生楽器と電子音響、といった
様々な異分野や対象要素の組み合わせをコンセプトとした作品を、
一挙に発表するという現代音楽イベントです。
皆さんの想像を超えた創造の新地平が展開されますよ!

私も"コントラストリングス第2番”というタイトルの、
ヴァイオリン(洋弦)と琵琶(和絃)の組み合わせの曲を
出品します。水野佐知香さんと田原順子さんという
素晴らしい演奏家によるパフォーマンスをお楽しみに!

その他、
現代音楽チンドンバンド=チャンチキトルネエド等が出演して、
全11ステージによる盛り沢山のプログラムが展開しますので、
どうぞご期待ください。

現音・特別音楽展2010~協創 新しい音楽のカタチ vol.7
<フュージョン・フェスタ2>
日時:2011年1月21日(金)18時開演~21時20分終演予定
会場:洗足学園・前田ホール(溝の口駅徒歩8分)
主催:日本現代音楽協会(創立80周年記念事業)
助成:財団法人ローランド芸術文化振興財団
当日券:2,500円(全自由席)
情報:www.jscm.net
松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~東京芸術大学(作曲科)に行きたい者は俺の所にアクセスしよう!-フュージョン・フェスタ2情報
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
このブログを開設しようと考えた動機を簡単にお話ししましょう。

私は長年に渡り音楽大学の教員も務めてきました。
(詳細はプロフィールをご覧ください)
その経験の中で多く感じる事の一つに、
受験生の準備不足があります。
特に作編曲家を目指す受験生について、
その想いを強く感じることが多いのです。

一般の大学と音楽大学は、相当に大きな差違があります。
それを知らずに、
高校3年になっていきなり音楽大学の受験を決意すると、
相当に厳しい状況が待ち受けているとうという事に
なりかねないのです。

ましてや芸大の作曲科を受験する場合の準備は
非常に膨大な努力を必要とする訳です。
大変な道ではありますが、
音楽に寄り添って生きていけるようになるという事は、
何事にも替えがたい充実した人生であることもまた確かです。
皆さんの夢が叶えられるようにと、
私は願っているのです。

ピアノやヴァイオリン等では早期専門教育を受けている方も多いので、
幼少期から個人レッスンを受けて、
受験準備も早めに進めていることが多いように見受けられます。
しかし、映画音楽やゲーム音楽等に触発されて作編曲家を夢見始めて、
高校3年生になって音楽大学の受験を考えるといったケースの場合、
多くの方は、音楽大学受験へのアプローチの方法を、
ご存知無いというところではないでしょうか。
折角意欲や素質があっても、
方法を知らなかった為に希望が叶わなかったケースを、
私は数多く記憶しています。

素晴らしい音楽の世界に寄り添って生きていきたいと
真剣に考えている方が、
東京芸術大学作曲科を頂点とする意中の教育機関に
アプローチするために必要な情報も、
このブログを通じて発信をしていきたいと、
私なりに考えているのです。

勿論、音楽そのものの素晴らしさ、
音楽を通じて世界と交流できる素晴らしさも、
私の知識や経験を通じてこのブログで紹介していきます。

質問なども大歓迎です。気軽にコンタクトしてください。

写真は、昨年9月にリスボンで拙作<響きの二重の綾=A Double Fiber of Resonance~背景電子音響を伴う室内アンサンブルの為に>の世界初演の様子です。
松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~東京芸術大学(作曲科)に行きたい者は俺の所にアクセスしよう!-リスボンでの初演風景
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
最初のご挨拶に替えて、写真をプレゼントします。
リスボンの町並みです。
路面電車の居る風景が、心を和ませてくれます。

ポルトガルとの交流記については、
今後少しずつ紹介していきます。

昨年=2010年は、
日ポ修好通商条約締結150周年
日本現代音楽協会創立80周年
Miso Music Portugal創立25周年
の記念の年だったのでした!



松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~芸大(作曲科)や洗足音大(音楽・音響デザインコース)に行きたい者は俺の所にアクセスしよう!-リスボンの街並
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2011年 明けましておめでとうございます!

ブログを始めました!
作曲家の松尾祐孝です。

音楽家・作曲家・音楽関連クリエターを目指している方、
現代音楽に興味の有る方、
新しいレパートリーの開拓を目指す演奏家の皆さん、
どうぞ時々覗いてくださいますよう!

昨年はポルトガルと香港との交流に奔走しました。
まずポルトガルの写真をアップして、
最初のご挨拶といたしましょう!

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。