松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~

創造芸術は人間の根源的な表現欲求と知的好奇心の発露の最も崇高な形。音楽家・作曲家を目指す貴方、自分の信じる道(未知)を進んでいきましょう。芸術・音楽・文化と共に東日本大震災を乗り越えよう~頑張れ日本!〜がんばろうニッポン!


テーマ:
一昨日の記事、シューベルト/交響曲第7番(第8番)
「未完成」に続いて、第8番(第9番)「ザ・グレイト」
についての私見を述べたいと思います。

フランツ・ペーター・シューベルトは、
1797年生まれで1828年没のオーストリアの作曲家です。
歌曲やピアノ曲の分野に特に名作を多く残していますが、
交響曲の作曲家(シンフォニスト)としても
実は重要な地位を占めていると、私は考えています。

幾つかある未完に終わった交響曲にも言及すると
少々話が複雑になってしまうので、
今日番号付で称されている作品について、
私なりの考察を述べていきましょう。

#番号は国際シューベルト協会の現在の見解です#

交響曲第1番 ニ長調 D-82 / 1813年
交響曲第2番 変ロ長調 D-125 / 1814-15年
交響曲第3番 ニ長調 D-200 / 1815年
交響曲第4番 ハ短調「悲劇的」 D-417 / 1816年
交響曲第5番 変ロ長調 D-485 / 1816年
交響曲第6番 ハ長調 D-589 / 1816年 (小ハ長調)

交響曲第7番 ロ短調 D-759 / 1822年
交響曲第8番 ハ長調 D-944 / 1825-26年
           「ザ・グレイト」(大ハ長調)

第6番までの時間的また物理的な規模は、
ハイドンやモーツァルトの交響曲に近く、
今日ではあまり演奏されなくなっています。
それでも、ヨーロッパの地方都市の小規模オーケストラでは、
第4番~第6番辺りはかなりプログラムに載ってくるようです。

1813年から16年にかけて立て続けに
交響曲を発表したシューベルトは、
言わば交響曲の習作期を経た後に熟考期に入ったのか、
未完のスケッチは残しているものの、
暫く交響曲を完成させなくなります。
そして1822年に2楽章まで完成した作品が、
(結局は埋もれてしまって死後かなりの後に発見されて
初演されることになるのですが、)
今日「未完成」の愛称で有名な第7番
(嘗ては第8番が一般的)です。

第6番までの交響曲を聴いてからこの第7番を聴くと、
まるで別人の作品ではないかと思いたくなるほどに、
音楽の熟成度が高まり、ロマン性の放出が
格段に豊かになっていることに気づくことでしょう。
ほとんど「突然変異」と言って良いような
進境の著しさと私は感じるのですが・・・。

そして更に今度はこの第8番を聴くと、
第7番とはまた異なった印象を持つことでしょう。
茫洋とした楽想が延々と続く、
やや武骨ながら雄大な音楽を聴くことができます。
あの「未完成」の絹のような滑らかさとは
全く違う世界観がここにはあります。

ベートーヴェンの第9のようなスケール感をものする
第1楽章のソナタ形式の扱い、
それに続くこれまた遠大な緩徐楽章、
そしてベートーヴェンの第9の第2楽章のスケルツォと
同じ構成原理を採用した、
つまり主部にソナタ形式を当てはめたトリオ付楽章、
そしてこれまたスケールの大きなフィナーレとしての
ソナタ形式による終楽章まで、
独特の音楽宇宙が繰り広げられます。

ベートーヴェンを元祖とした交響曲作曲家=
シンフォニストの系譜と辿る場合、
私としては二つの係累があると考えるのですが、
その片方は、ベートーヴェン~シューベルト~ブルックナー
という流れだと思うのです。

この「ザ・グレイト」を聴いていると、
再三登場する単純音型の繰り返しや茫洋としたスケール感に、
ブルックナーの元祖といった要素を
貴方も見出すことができると思いませんか?

この作品の私の愛聴版はと言うと、
3月10日の記事でご紹介した
「未完成」とのカップリングによる
ギュンター・ヴァント&ベルリン・フィル盤と、
もう一つ、ジェフリー・テイト盤が
私の仕事場のライブラリーに在ります。

###シューベルト/交響曲第8番「ザ・グレイト」###
       指揮=ジェフリー・テイト
    管弦楽=ドレスデン国立歌劇場管弦楽団
       EMI-Angel / CC33-3660

$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-「ザ・グレイト」テイト盤
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は8月31日、
8=や、3=さ、1=い、と読んで
"野菜の日"となっているそうです。
全国青果物商業協同組合連合会をはじとした9つの関係組合が、
昭和58年(1983年)に定めた記念日ということです。

好きな野菜、嫌いな野菜は何?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう



皆さん、野菜を毎日しっかり食べて、
できればホールフード(皮や根なども含めて全体を食べる)
として様々な栄養素をしっかり摂取したいものですね。

教育の一環として"食育"も大事ですね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
朝日新聞出版から刊行されている「週刊朝日百科シリーズ」
の一環として毎週発行されている雑誌、
<私鉄全駅・全車両記事>のご紹介が、
早くも第16号となりました。

大手私鉄は、首都圏・関西圏・中京圏に集中していますが、
九州にも1社、大手私鉄の数えられる私鉄が存在しています。
西日本鉄道です。

私鉄全駅・全車両基地16/西日本鉄道

###私鉄全駅・全車両基地16/西日本鉄道###

西日本鉄道は、地元では西鉄と呼ばれて親しまれています。
パ・リーグの球団名でもお馴染でした。
その起点駅、西鉄天神の周辺は、博多(福岡市)一の、
いやそれ以上に九州一の求心力を持つ繁華街です。
西鉄と福岡市営地下鉄の駅に加えて、
強大なバスターミナルも在り、全国からの観光客の加えて
九州各地からの日帰り買い物客も多い街です。

九州一の繁華街=天神

現在の西鉄は、博多・九州の中心地=天神と
昭和中期まで三池炭鉱で栄えに栄えた大牟田を結ぶ
謂わば本線にあたる天神大牟田線と、
その支線にあたる甘木線と太宰府線に加えて、
昭和の時代には大規模な路線網を誇っていた福岡市内線の
専用軌道延長路線のようなカタチで存在した
宮地獄線の一部であった貝塚線が営業しています。

かつては、その福岡市内線に加えて大牟田市内線や
北九州線などの軌道線も在り、路面電車網でも
日本有数の規模を誇っていました。
新旧こもごもの写真も多数掲載されています。

現在と昔の写真の対照

その他、路面電車の車両の保存の話題や、
引き込み線の超旧型電気機関車の話題等、
ローカルな秘話も満載されています。

ローカル秘話満載

子供の頃に太宰府天満宮に行った時以来、
西鉄には乗っていない気がします。
そろそろ乗りに行こうかな!
乗り鉄&撮り鉄の心が疼いてきました。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はこのシリーズの最新作、《フォノ Ⅻi》
~ヴィオラ独奏の為の瞑想曲~の紹介です。

私が高校生で氏が某大学在学中の頃から知己を得ていて、
共通の恩師に薫陶を受けながら音楽家への道を歩んできた
小野富士さんに初演していただくために、
この夏から秋にかけて書き下ろした作品です。

小野富士さんは、N響の副主席ヴィオラ奏者として、
また日本で最も熱い活動を展開している弦楽四重奏団
モルゴーア・クァルテットのヴィオラ奏者として、
著名な方ですので、ご存知の方も多いことでしょう。

もう40年に及ぶ知人ですので、
以前から氏のために作品を書こうと思っていたのですが、
今般ようやく実現することができます。

曲は、前半部が形而上的な音楽で、冷徹に推移しますが、
やがてカデンツ様のブリッジを経て、
静かに、しかし心熱く歌う、瞑想曲に入っていきます。
ヴィオラの持つ深みのある熟音とでも言うべき音色と
音楽そのものに籠った情念を感じ取っていただければ幸いです。

アンデパンダン展第2夜

### PHONO Ⅻl
       - Meditation for Viola solo ###
    フォノ第13番~ヴィオラ独奏の為の瞑想曲~
            (2015)   

       <小野富士氏協働制作作品>

演奏時間:約13分

初演:2015年11月19日 
   東京オペラシティ リサイタルホール
    <現音・秋に音楽展2015>
    ~アンデパンダン展 第2夜~
    (主催:日本現代音楽協会)
               
演奏:小野富士


曲は、前半部が形而上的な音楽で、冷徹に推移しますが、
やがてカデンツ様のブリッジを経て、
静かに、しかし心熱く歌う、瞑想曲に入っていきます。
ヴィオラの持つ深みのある熟音とでも言うべき音色と
音楽そのものに籠った情念を感じ取っていただければ幸いです。

尚、この作品の初演の演奏のライヴ録音が、
このほどナクソス・ミュージック・ライブラリーで
お聴きいただけることになりました。
URL:http://ml.naxos.jp/label/GON

そして、まだ私が独奏作品を書いていない多くの楽器の為に、
このフォノ・シリーズを書き重ねていきたいと考えています。
  
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この私のPHONOシリーズは未出版のものが多いので、
楽譜をお求めの方は、直接ご連絡をいただくか・・・
「マザーアース株式会社」(Tel:03-3455-6881)
を通してお問い合わせください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
作曲家グループ邦楽<2010>では、毎年、新作を中心に
「音のカタログ」コンサートを開催しています。
来たる9月13日(水)には、その7回目となる
【音のカタログ vol.7】が開催されます。
8作品のうち5作品は初演、または改作初演となります。
当日は出品者、出演者関連の楽譜を会場のロビーに
展示され、購入することが出来ます。

私=松尾祐孝は、旧作ではありますが、
<フォノ第11番~二十絃箏独奏の為に~>を出品します。
吉村七重氏のために2012年に書いた作品ですが、
今回は内藤美和さんに二十五絃箏で演奏していただく
という新機軸の提示となります。

この"音のカタログ"は、毎回、様々な志向と個性を持つ
作曲家達が、様々な邦楽器を含む楽器編成の作品を出品して、
質量共に充実した演奏会になっています。
皆様のご来場をお待ちしております。

音のカタログvol.7表

#####【音のカタログVol.7】#####
 作曲家グループ<邦楽2010>コンサート

2017年9月13日(水) 6時半開演(6時開場)
    杉並公会堂 小ホール(荻窪)
  チケット:¥3000 (当日前売りとも)

program(演奏順未定)

●神坂真理子:
  「桜吹雪」?尺八・箏・十七絃のために? (2016)
尺八:金子朋沐枝、箏:野田美香、十七絃:合田真貴子

●川越道子:
   Shakuhachi & SYNTAL No.4 [初演]
尺八:大山貴善、SYNTAL: 川越道子

●眼龍義治:
   すいふようー二面の箏のためのー[初演]
箏:身崎有希子、松澤佑紗

●田丸彩和子:
   雙蝶のわかれ〜北村透谷の詩による〜 [初演]
筑前琵琶:尾方蝶嘉、薩摩琵琶:川嶋信子

●橋本 信:
   EtamineⅢ(エタミーヌⅢ)[初演]
尺八:大河内淳矢、琵琶:榎本百香、十七絃:吉澤延隆

●前田智子:「阿頼耶」
  ~~尺八とヴァイオリンのために~~(2016)[改作初演]
尺八:田嶋謙一、ヴァイオリン:河村典子

●松尾祐孝:
   フォノ第11番~二十絃箏独奏の為に~(2012)
二十五絃箏:内藤美和

●溝入敬三:
  “マイクロトーンズ・スタディ” 十三絃箏のための (2016)
箏:神囿歌世子

●(司会)田中隆文(邦楽ジャーナル編集長)

チケット販売開始 6月13日より
●申込み・問合せ:作曲家グループ<邦楽2010>事務局
            邦楽アソシエーション

 Tel.03-5338-9530 Fax.03-5389-7690
 info@asoshi.com

●後援:邦楽ジャーナル
    公益財団法人
    日本伝統文化振興財団
    日本現代音楽協会/
協力:おことの店 谷川

デザイン:田中茉莉

杉並公会堂
東京都杉並区上荻1-23-15?TEL:03-3220-0401
JR中央線・東京メトロ丸ノ内線 荻窪駅北口から徒歩7分

音のカタログvol.7裏

【作曲家グループ<邦楽2010>参加作曲家(2017.6.1現在)】

石井由希子/神坂真理子/川越道子/川崎絵都夫/菅野由弘/眼龍義治/北方寛丈/吉川和夫/
橘川 琢/慶野由利子/ シュムコー、コリーン・クリスティナ/近藤春恵/佐藤容子/篠田大介/
高橋久美子/高橋雅光/たかの舞俐/田口和行/田中修一/田中範康/田丸彩和子/ダリル・ゼミソン/
壺井一歩/中澤道子/橋本信/尾藤弥生/藤原典子/マーティン・リーガン/前田智子/松尾祐孝
/松村百合/三村磨紀予/溝入敬三/三輪眞弘/森亜紀/山口淳
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
世界を転戦している卓球のワールドツアーの一戦、
チェコ・オープンの男子シングル決勝が
8月27日にオロモウツで行われました。

弱冠14歳61日の張本智和が、
元世界ランキング1位のティモ・ボル(ドイツ)を
堂々と4-2で破って、男女を通じて
ワールドツアー史上最年少優勝を成し遂げました。

これまでの最年少記録は、同じく日本の
女子の伊藤美誠(スターツ)が持っていた14歳15日、
男子では于子洋(中国)の16歳30日でした。

国際卓球連盟の公式サイトでも「大事件」と報じています。

その他、女子シングルス決勝で伊藤美誠が石川佳純に
4-1で勝って優勝しました。
伊藤は早田ひなと組んだダブルスでも
決勝でスウェーデン選手とハンガリー選手のペアに
3-2で競り勝って、2冠を獲得しました。

バドミントンの世界選手権女子シングル優勝の奥原希望や
この卓球の張本智和や伊藤美誠等の大活躍は
実に素晴らしいですね。

ますます、頑張れ日本! がんばろうニッポン!

スウィーツ・プレート
(未成年者のニュースなので、スイーツをお茶で乾杯!)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
大相撲ファンを自認する私です。
ファン垂涎のDVDマガジンが誕生しました。
ベースボールマガジン社 分冊百科シリーズ
月刊「大相撲名力士風雲録」です。

第20号は、大横綱=千代の富士の時代の後半に、
横綱まで駆け上がった若手力士の群像、
題して「北勝海 大乃国 双羽黒
颯爽!猛進!九重黄金時代を闘う3横綱」です。

「大相撲北勝海 大乃国 双羽黒<br />颯爽!猛進!九重黄金時代を闘う3横綱第20号

北勝海は、現在の日本相撲協会理事長=八角親方です。
本名の保志の四股名で出世していきました。
小柄で押し相撲ということで、大関・横綱まで
駆け上がることは想像しにくいタイプでしたが、
横綱:千代の富士と同部屋(九重部屋)での
猛稽古で鍛え上げられていきました。
この身体で優勝を8回まで積み上げた根性は、
立派の一言と言えるでしょう。

大乃国は、保志と対照的な巨漢力士で、
素質を活かしてスピード出世していきました。
ただ、"気が優しくて力持ち"といった感があり
ここぞの一番に脆さもありました。
それが、横綱まで昇り詰めながら
優勝は2回に留まった要因でしょうか。

双羽黒は、本名の北尾の四股名で、
長身で懐の深い天賦の素質を遺憾なく発揮して、
入幕後僅か8場所で大関昇進を決める等、
スケールの大きな相撲で将来を嘱望されました。
大関も10勝・10勝・12勝(優勝同点)14勝(優勝同点)
と4場所で駆け抜けて横綱に昇進、
四股名は双葉山と羽黒山に因んだ双羽黒となりました。
往年の照國以来となる優勝が無いままの横綱昇進といい、
豪勢な四股名といい、大横綱:千代の富士の対抗馬
としての期待が如何に大きかったかが伺われます。
しかし、ことごとく優勝決定戦等で千代の富士を破れず、
一度も優勝することができないまま、
突然角界を去ることになってしまいました。

今回の特集の3横綱は、いずれも20歳台で引退または
廃業になってしまいましたが、独特の個性と存在感がある
名力士であったと思います。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
朝日新聞出版から刊行されている「週刊朝日百科シリーズ」
の一環として毎週発行されている雑誌、
<私鉄全駅・全車両記事>のご紹介が、
早くも第15号となりました。

日本最大の路線規模を誇る近畿日本鉄道は、
第5号と第6号に続いて第14号とこの第15号の
4回にわたって紹介されています。
他の大私鉄でもせいぜい2回の紹介で収まっていますから、
近鉄の路線網の大きさがわかろうかというものです。

私鉄全駅・全車両基地15/近畿日本鉄道4

###私鉄全駅・全車両基地15/近畿日本鉄道4###

この号では、大阪から名古屋まで拡がる近鉄の中の
名古屋を中心としたエリアの路線を特集しています。

前号に続いての大阪線の紹介は、大和八木から伊勢中川まで、
そこから名古屋までが名古屋線です。
名古屋線は、昭和34年の室戸台風の高潮等による被害で
壊滅的な打撃を受けましたが、それを機として、
大阪線=標準軌1435ミリ/名古屋線=狭軌1067ミリの差を
一気に解消するために、標準軌への改軌を断行したことは、
その後の名阪直通特急の実現等の効果にも明白なように、
迅速かつ的確な判断であったと考えられます。

新幹線で名古屋駅に着くと、地下の近鉄名古屋駅から発車する
伊勢・志摩方面の特急にスムーズの乗り換えられることに、
少なからず驚かされます。
名古屋駅の便利さの秘密も掲載文章で解説されています。

伊勢湾台風災害の写真等

名古屋から三重県北部にかけてのエリアには、
支線が数多く枝を伸ばしています。
標準軌の湯の山線と鈴鹿線の他、
遊園地のミニ列車のように可愛らしいナローゲージの
内部線と八王子線もあります。
かつては近鉄の一員だった北勢線は、
いまでは三岐鉄道に転属しています。

ナローゲージ路線紹介

毎号楽しみな昭和の懐かしい写真や、
恒例の全駅紹介の頁も、相変わらず充実しています。

昔の写真と全駅紹介

これで近鉄の紹介が完了しました。
次号は九州私鉄の雄=西鉄こと西日本鉄道です。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はこのシリーズの中では特に珍しい楽器に焦点を当てた
《フォノ Ⅻ》~バンドネオン独奏の為に~の紹介です。

2013年11月に開催された洗足学園音楽大学
シルバーマウンテン・オープニング・シリーズ公演
<平田耕治凱旋公演@シルバーマウンテン
     ~バンドネオンの伝統・現在・未来>
の為に作曲して初演された作品です。

SMC11/17バンドネオン公演

### PHONO Ⅻ
       - for Bandoneon solo ###
    フォノ第12番~バンドネオン独奏の為に~
            (2013)   

       <平田耕治氏協働制作作品>

演奏時間:約6分

初演:2013年11月17日 
   洗足学園音楽大学シルバーマウンテン1F
   <平田耕治凱旋公演@シルバーマウンテン
     ~バンドネオンの伝統・現在・未来>
    (主催:洗足学園音楽大学・大学院)
               
演奏:平田耕治

再演:2013年12月18日(水)/ 公園通りクラシックス
 <DEEP&NEWインパクト・ライヴ@公園通りクラシックス>
        ~深新會音楽番外地vol.1~
          (主催:深新會)

DEEP@NEWチラシ更新版

曲は、レチタティーヴォ風の前半部と
ゴリゴリと前進するプログレッションの後半部という
二つの要素が対照される構成になっています。

気鋭の若手奏者=平田耕治さんを現代音楽の世界に誘うこと、
そして現代音楽ファンにもバンドネオンの魅力を伝えること
の両面を念頭に置いて書いた作品です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この私のPHONOシリーズは未出版のものが多いので、
楽譜をお求めの方は、直接ご連絡をいただくか・・・
「マザーアース株式会社」(Tel:03-3455-6881)
を通してお問い合わせください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

・・・初演コンサート当日のディスプレイ・・・
松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-SMC11/17ディスプレイ

・・・平田耕治クァルテートの演奏風景・・・
松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-平田耕治クァルテート演奏風景

・・・シルバーマウンテン夜景・・・
松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-SMC11/17ディスプレイ
$松尾祐孝の音楽塾&作曲塾~音楽家・作曲家を夢見る貴方へ~-シルバーマウンテンとe-cubeの夜景
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
"チーム百万石"は、日本現代音楽協会会員作曲家有志で
結成している自主グループです。メンバーは、
小川類、中川俊郎、橋本信、松尾祐孝、森田泰之進、
の5名です。

既に一昨年から活動を開始していますが、
昨年からは北陸プロジェクトも始動しています。
百万石の名前は、北陸・金沢・加賀
に因んで名付けられました。

昨年の北陸公演は、金沢の石川県立音楽堂交流ホールと
魚津の学びの森での開催でしたは、今年は趣を変えて、
金沢市内の有名ライブハウスを会場として、
2公演を準備中です。

金沢公演オモテ

*** 北陸の演奏家 & 現代作曲家 ***
    〜日本海 音の交友録Ⅱ〜
        先行情報

2017年9月8日(金)19:30開演@リバーサイド
2017年9月9日(土)19:00開演@もっきりや
 入場料:前売り2700円 当日券3000円

出演:sop./田島茂代 cl./ 松永彩子 pf./徳力清香
ナビゲーター:大野由加
出品作曲家:小川類 中川俊郎 橋本信 松尾祐孝 森田泰之進

金沢公演ウラ

プログラム等の詳細は、決定次第に皆様に告知いたします。
私の出品作品は、旧作の再演になりますが、
<フォノⅢ〜クラリネット独奏の為に>と、
<MIYABI〜雅>(ピアノ小品)の2曲を予定しています。
どうぞご期待ください。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。