こんにちは、京都店クマゴローです。
最近めっきり寒くなってきましたね。
なんて書いてる今日は22℃もありましたけど…
でもいよいよ紅葉も始まり
京都の秋も深し、と言ったところでしょうか?

さてさて本日のお客様は
京都府のS様の2015モデルの
バージョンニスモGTRでございます。


夏頃からお付き合いが始まった
新しいお客様ですが
懇意にさせて頂いています。

先ずはフルマフラーにCPUチューン、
そしてDCTクーラーを装着して頂きました。

その後、ホイールも交換したいと言うことで
バージョンニスモのイメージを壊さないよう
選んだホイールがこちらです!




ヨコハマタイヤがリリースしている
リバース深リムコーンケーブが人気の
ADVAN RACING GTです!
組み合わせるタイヤADVAN SPORT、ではなく
ブリヂストンのRE71Rです。

装着サイズは…
今回はちょっと攻め過ぎ?
フロントに10.5Jの+24と255/40R20、
リアには11.0Jの±0の285/35R20です。




S様のこだわりポイントは
ホイールに施されたワンポイントのペイントです!


S様の手塗りです笑
このワンポイントが入ることによって
よりニスモらしい雰囲気が保たれていると思います。

でも、もうちょっと車高落とした方が
よりカッコよくなりますよ!

ということで
先程S様から追加オーダーいただきました。
アラゴスタ車高調キットで走りも見栄えも
グレードアップ!!

商品到着まで
今しばらくお待ち下さい。
ありがとうございました。

こんばんは、福井店タカマサです。

今度は福井県I様FD3Sのご紹介です。



I様FD3Sは車検お預かりの際に、ついでにアラゴスタ車高調のO/Hとアライメント調整をオーダー頂きました。

O/Hしている最中に純正ショックに戻して車検を通し、O/H完了したら取付してアライメントと言う流れです。

峠を走られるようなので、ストリートより若干コーナリングを意識したアライメント調整をイメージ致しました。

 

現状は一度純正ショックに戻してはいるものの、フロントトー以外はまとまったアライメントでした。

 

 

リアはキャンバーはそのままで、トー調整だけ行いました。

 

奥のロッドでキャンバーも調整できるようです。

 

次にフロント側ですが、ここからが中々大変です。

 

キャスターとキャンバーを同時に調整して適切な値を目指します。取り敢えずトーは後回しです。

一度キャスタースイングし直して再計測すると…。

 

 

良い感じになりました。最後にタイロッドでトー調整。

 

ロアアームの前側に有りました。タイロッドの位置ってメーカーによってはとんでもない所に有ったりしますよね、本田さん。

 

 

納得いく数値に調整できました。

 

MAZDA車のFRは緻密なアライメントが出来る反面、調整箇所が多くて苦労しますよね、松田さん。

 

しかしFD3S格好いいですよねぇ~。

 

一度乗ってみたい気持ちもありますが、地雷率高そうで怖いです…(笑)

 

こんにちは、福井店タカマサです。

 

最近も福井店と京都店を行ったり来たりしています。

今回は福井県K様GY3WアテンザワゴンのBLITZ車高調交換とアライメントを行いました。



このお車、なんと28万キロ以上走っております。

現状、純正ショックはヘタって、スカスカでした。

今回BLITZ社ダンパーZZ-R車高調を選択し、取付・アライメント調整を行いました。
 

車高調を取付しただけだと、リアキャンバーが強めについていました。トーもバラバラです。

 

 

このアテンザはFFの2駆L3-VEエンジンなのですが、リアに調整式のロッドが純正で付いています。



今回、こちらもブッシュがへたっていたので交換しました。

 

こちらを調整することによって、キャンバーを適正値まで起こすことが出来ました。

 

↑調整前の左リアと、調整した右リアキャンバー。1度以上変わるので目視でも確認できます。

 

 

そして、ロアアームのカムボルトでトー調整です。

 

 

こんな感じでまとまりました。

 

 

フロントはトー調整のみで、キャンバーは調整出来ませんでいた。(写真撮るの忘れましたが、ちゃんと調整しています。)

 

 

これでスカスカの足回りから、しっかりとした接地感の有る足回りに生まれ変わりました。

 

きっと運転が楽しくなったと思います。

欲を言えば、少し車高が下がった分、ツライチのホイール・スポーティタイヤでセットアップしたいですね~。

次のステップアップお待ちしております。

 

真っ赤なフェアレディZ

テーマ:
こんにちは、京都店クマゴローです。
ここしばらく京都は
晴天で良い日が続いております。
紅葉もだいぶ進んで来ましたが
鮮やかなレッドが印象的なZ34が
入庫となりました。



今回のお客様は大阪市のA様です。
最初はメールでお問い合わせ頂きましたが
その後何回か電話でお話しさせて頂き
ご来店頂いた時には即注文となり
一気に仕上げました。

A様のお好みのデザインでは
なかなかいいサイズがなく苦労しましたが
なんとかうまくセットアップ出来たと思います。

装着ホイールとタイヤはそれぞれ
BBSのRE-VとヨコハマのADVAN SPORT V105です。
サイズはというと…
フロントに9.5Jの+40に245/40-19、
リアには10.0Jの+40に285/35-19をあわせています。

全然攻めたサイズじゃないので
かなり中に入り込むことはわかっていましたが
気に入ったデザインのホイールを装着すると言うことを優先させました。
なのでフロントには15mm、
リアには10mmのスペーサーを入れています。




アラゴスタの車高調キットも同時に入れて
見た目だけじゃなく走りのパフォーマンスも
かなりアップしたと思います。
この他マフラーとコンピュータチューンも
同時に行って頂いています。


今回のチューンでドライブするのが楽しくなったたおっしゃっていました。

次は更なるパワーアップか
ブレーキの強化でしょうか?
またご相談下さい。
ありがとうございました。
こんにちは、京都店クマゴローです。
本日ご紹介するお車は
真っ赤なR35 GTRでございます。

オーナーは奈良県のM様で
以前乗られていたZ34からのお付き合いです。


装着サイズはフロント、リアそれぞれ
BBSのRI-DとRE71Rで
フロント 10Jの+30に255/40-20
リア 11Jの+15に285/35-20です。

今回はホイールのセンターエンブレムを
ボディと同色の赤にしてみました。



リヤからのフェンダービューは
こんな感じです。


真っ赤なボディに
ホイールのマットブラックが
よく似合ってますよね??

M様いつもありがとうございます。
またのご来店お待ちしています。
こんにちは。
京都店クマゴローです。

本日の2台目は
色々なところで露出が多い
北の大王ことO様のGTRでございます。



幾度となく仕様変更してますが
現在は…

ADVAN GT & BS RE71Rの
タイヤメーカータッグです。
ホイールとタイヤの幅はそれぞれ
11.0J & 285/35R20ですが
フロントとリアで
ホイールのインセットを変更しています。
そして、オリジナルカラーに再塗装しております。



フロントには
バリス製ワイドフェンダー装着のため
11Jにしてますが
インセットは+15です。
リアは+5で5mmスペーサーを装着して
結果的に0にしています。



10月7日に嵐山の高雄パークウェイで開催される
オプションの記念イベントにも展示します。
皆さんお誘い合わせの上ご来場下さい❗️
こんにちは。
京都店クマゴローです。

本日ご紹介するのは
当店の常連様であるドクターK様
(といっても野茂投手ではありません)
のご紹介で来店された
大阪府のN様のヴェルファイアでございます。

新車購入されてすぐにご来店されたのですが
タイミングがかんばしくなく
BBSホイールの入荷に
少々お時間がかかってしまいました。
申し訳ありません。

で、ドンっ❗️





装着ホイールとタイヤは
BBSの超軽量高剛性のRI-Dと
ADVAN SPORT V105です。
フロント、リア共に同一サイズで
20インチの9.0J +35に
245/40R20をチョイスしています。





アラゴスタ車高調の装着画像です。



サスペンション脱着ついでに
フロントのタワーバーも装着しましたキラキラ

ちょっと分かりづらいですがタラー


アライメントもバッチリ!
2トンを越す巨体も
これで足元が軽くなり
走行性能も飛躍的に良くなるでしょう!

ご紹介くださったK先生、
それからN様、
ありがとうございました。


こんにちは。

京都店クマゴローです。

ここ最近の天気はホントに異常ですねぇ。

変な動きの台風に連日の猛暑。

そして本日は曇りですが

秋雨前線と台風の影響か、

突然ゲリラ豪雨が振ってきたりしてます。

 

さて、今回は取引先の鈑金屋さんからの依頼で

ハリアーのタイヤ交換でございます。

 

 

画像ではわかりにくいですが22インチの大口径で

フロントが既にゼロプレッシャー、タイヤがペシャンコです。

 

タイヤを車から脱着して裏側を見てみると・・・。

 

 

ホイールにも傷が付いていますので

恐らく歩道などの段差で内側をぶつけたのでしょう。

 

タイヤはご存知のように空気が入っていますので

サスペンションの一部の役割も担っています。

しかし、この車のように『245/30R22』の超扁平タイヤだと

殆どクッションの役割を果たしていません。

タイヤのインナー部分も片べりで磨耗も激しく

当然、ゴムの厚みもないので

簡単にカットしてしまうんですね。

 

 

フロント2本を新品に交換しましたが

これから段差や道路の陥没などには十分に気をつけて欲しいと思います。

見た目重視のドレスアップには

こういうリスクもあるということを判っておいて欲しいですね。

もちろん、扁平タイヤを履いていなくても

カットバーストは簡単に起きてしまいますので

十分注意して運転しましょう!

 

 

こんにちは。

今日も亜熱帯の京都店クマゴローです。

いったいいつまでこの暑さは続くんでしょうかねー?

 

さて今回ご紹介するのは

『月曜日の男』こと、岐阜県のK様のR35です。

一度ミッショントラブルで引き取りに行った時以外は

月曜日にご来店いただいています。

 

 

ほぼ1、2ヶ月のスパンでご来店いただき

メンテナンスも含め、着実にステップアップしていただいております。

そんなK様のお眼鏡に適ったのがこちらです。

 

 

 

RAYSのスタイリッシュ鍛造ホイールG25 Edgeです。

装着サイズは・・・

フロントが10.0Jの+30にRE71Rの255/40R20と

リアは11.0Jの+0に285/35R20を入れています。

当店の17モデルと同じセットアップですね!

 

すでにアラゴスタのTYPE-SA車高調KITも装着済みで

スタイリングも走りもバッチリです!

 

 

次なるステップアップは何でしょうか?

ブレーキキットですかねぇ?

その前にRECAROシートも装着したいですね。

またいろいろご相談下さい。

ありがとうございました。

 

 

こんにちは、京都店クマゴローです。

 

4日間お盆休みを頂きまして

昨日より再び営業開始いたしました。

宜しくお願い致します。

 

さて、本日ご紹介するのは

福井県のN様R35です。

今回は先の排気系+CPUチューンに引き続き

足回り&タイヤホイールで走行性能のアップを図ります。

 

R35の純正ホイールはRAYS製の鍛造ホイールなので

交換する場合はそれより性能を落とすわけにはいきません!

でも当店で強力プッシュするこの組み合わせなら大丈夫!

既にこのブログでは何回も登場している

BBS RI-D & BS RE71Rの組み合わせです。

 

 

超超ジュラルミン鍛造ホイールと

このクラス最軽量のハイグリップストリートラジアルの組み合わせは

とにかく軽い、軽い、軽い!!!

タイヤ交換の作業も楽々作業出来るほど軽いのです。

 

 

 

 

バネ下荷重の低減に大きく貢献し

走行性能も飛躍的にアップします。

今回はエンドレスの車高調を同時にセットアップ、

N様も物凄く乗り心地が良いと満足しておられます。

 

次はブレーキの強化でしょうか?

N様ありがとうございました。