大変遅くなりましたが
あけましておめでとうございます。

今年も皆様宜しくお願い致します。

2020年  わたし達は
「志の高い仕事」を
してゆきたいと思います。

フェニックスにとって
志の高い仕事とは

海を愛する総ての人に考慮した
優しい海洋散骨を行うことは
もとより

自然に融合した海洋散骨を行うこと
です。


最近では、
残念ながら常識をわきまえない
散骨業者が増えています。
実際に、昨年 小樽でも
何件もの
常識をわきまえない業者に対する
苦情の連絡が入り
日本海洋散骨協会の支部長なら
取り締まってほしいとの
意見も多くありました。

残念ながら今は
取り締まる法律はありません。

だからこそ
ある意味、海洋散骨は無法地帯といっても
過言ではありません。


自分たちがよければそれでいい

この考えでは
海に携わる多くの人にとって
ご遺骨が「害」として扱われて
しまいます。


私たちフェニックスは
海を愛する総ての人から
ご遺骨を「害」と言われないための
正しい処置や

自然と共に行うからこその
献花、献水時の
環境保全についての考えを

常に学び 様々な立場の方のご意見を聴き


小樽の海洋散骨を担って行きたいと
感じております。



今年一年
よろしくお願いいたします。



    ↓九曜の新年のご挨拶です。