建物の構造について | シティビルサービス札幌 スタッフBlog ~一期一会~

シティビルサービス札幌 スタッフBlog ~一期一会~

シティビルサービス札幌のスタッフブログです!!
皆様のお役に立つような情報発信を目指して頑張らせて頂きます♪
皆様とのご縁を大切にがモットー☆読者登録などお気軽にしてください!!
宜しくお願い致しますm(__)m

本日は構造の小話をさせて頂きます❗❗

RC造とSRC造の違いってみなさんご存知ですか❓❓

 

こんにちは!

シティビルサービス札幌 宮野です♬

 

SUUMOさんなどの物件情報サイトをご覧頂いたさいに、

W造、S造、RC造、SRC造などの表記がでてくるかと思います。

その中の2つ💡RC造とSRC造のご紹介です🎶

『RC造』

RC造は、鉄筋コンクリート造(Reinforced Concrete

Construction)の略で、「鉄筋によって補強された

コンクリート」という意味になります。

これは、柱や梁など建物の骨格部分を構成する際、

組み上げた型枠に鉄筋を配置して、そこにコンクリートを

打ち込んで造る工法です。

鉄筋は一般に引張力に優れていますが、

錆びやすく高温時の耐火性が低いという欠点があります。

一方コンクリートは圧縮力に強い反面引張力に弱いという

特徴があります。RC構造は鉄筋とコンクリートを

併用することで、両者の弱点を相互に補い合い、

変形しにくく高い耐久性を出す工法と言えます。

『SRC造』

SRC造は、鉄骨鉄筋コンクリート造(Steel Reinforced

Concrete Construction)の略で、

RC造に鉄骨造(Steel)が入っている点がポイントです。

鉄骨造は建物の骨組にH型鋼などの鉄骨を使用し、

柱や梁をボルトや溶接で接合した軸組工法で、

建物のしなやかさを出すのに優れています。

SRC造は、まず鉄骨を組んでその周囲に鉄筋を配置し、

そこにコンクリートを打ち込んで造り上げます。

RC造の中心箇所に鉄骨が組まれていると考えれば良いでしょう。

この鉄骨造とRC造を組み合わせることで、

鉄骨造のしなやかさとRC造の耐久性を併せ持っているのが

特徴です。

以上になります。

双方、メリット・デメリットがありますので、

建設される際、入居される際には特徴を学んで、

お部屋探しをされるのもいいのではないでしょうか❗❗

 

お部屋探しはピタットハウスまで~🍀

【ご内覧予約・お問合せ先】
ピタットハウス南郷7丁目店
TEL:0120-418-326

ピタットハウス中島公園店
TEL:0120-23-0427

 

弊社のFacebookは下記より

シティビルサービス札幌 『Facebook』

ピタットハウス南郷7丁目店のFacebookは下記より

ピタットハウス南郷7丁目店 『Facebook』

アメーバブログは下記より

シティビルサービス札幌 『アメブロ』

ブログランキングに参加中!!
下記のクリックのご協力もお願い致しますm(_ _)m