携帯電話が壊れたので機種変更した。こういうのも機種変更になるらしい。

普段、デジカメを持ち歩くタイプなので、携帯電話にカメラの機能はいらないのだが、実際、カメラ機能がない機種を選ぶこと自体が難しいので、自然にカメラ付き携帯になってしまった。まあこれが、実際は結構気に入っている。というのは、ちょっと外に出るときなど、デジカメを持っていないことが意外とあったわけだ。そういうときも携帯を持っているので、とっさに撮影したいものを撮り損ねるということがなくなった。

画質は2メガピクセルクラスなので、まあ私の用途としては十分なのである。

一つ困ったのは、これで撮影したデータをどうやってパソコンに移動するかという問題だ。パソコンと接続するためのケーブルも売っているようだが、今回は Mini SD カードを読めるカードリーダーを買うことにした。アダプタが必要というのはこれまた面倒な話になるので、アダプタなしで mini SD カードを読めるものを選んだ。殆どの機種は、Mini SD カードを使うときにはアダプターが必要になるのである。

さて、さらに困ったことが一つある。このデジカメで撮影した画像をパソコンに移動すると、当然、mini SD カードに入っていたファイルは消える。このファイルは、最初、00001 番からの連番になっていて、撮影した枚数だけ番号が増えていく。ところが、画像を全部消してしまうと、また 00001 番からファイル名をつけてくれるのだ。

例えば、どんどん撮影したものを、パソコンのとあるフォルダにどんどんコピーする、という使い方ができない。ファイル名が同じだと、上書きしてしまうからである。

保存するときに、最後に使った番号を覚えていて、重ならないように番号を振ってくれる方がありがたい。というか、普段使っている Sony のデジカメは実際そうなっている。

もちろん、おそらくファイル名をそのように生成する機能はあるのだと思う。ただ、それをどうやって設定するかが分からないのだ。携帯電話のマニュアルは一応読もうとしたが、読破するのに2年以上かかりそうな分量だったので、ただちに挫折した。そのせいで、QR コードの読み方を理解したのが、何と先週の話である。

※その後調べたのだが、最後の番号を記憶して続きの番号をつけるという機能はまだ見つかっていない。

携帯電話には、そのような機能に対するヘルプ機能が内蔵されている。マニュアルが入っているようなものだ。とはいっても、それが見やすいかというと、どうもマニュアルを見た方が早そうな感じがするわけである。つまり、前途多難なのだ。