Philosophy Sells...But Who's Buying? -18ページ目
<< 前のページへ最新 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18

自然を発見したときに哲学が始まる

ブログを始めたらやたら検索するようになった。

が、このブログは検索してもでてこない…。

その代わりにすばらしい発見をしました!

少し前ですが、岩波書店『思想』(2008年10月号)の「総特集:レオ・シュトラウスの思想」にドゥルーズとシュトラウスを比較する論文を載せました。

Philosophy Sells...But Who&#39;s Buying?


(この特集号については友人の早尾貴紀君のブログも是非参照してください。レオシュトラウスとシオニズムの問題について少しだけ書かれています。
http://hayao.at.webry.info/200810/article_11.html)


その論文に大変丁寧な反論を書いてくださった方がいました。
http://tachinoki.seesaa.net/
ブログへの掲載でしたので見落としていました。

「隠遁者」と書いてあるだけでお名前は分かりませんが、大変細かく読んでくださっている。本当にこころからお礼申し上げます。

しかも2008年11月に一度お読みくださり。
http://tachinoki.seesaa.net/article/109245210.html

その際の違和感を保持されたまま、
2009年1月に今度はザッカートという研究者の著書をお読みになって得られた知見を用いて、その違和感を批判へと練り上げていらっしゃる。
http://tachinoki.seesaa.net/article/112931180.html

再反論するのは大変難しいのですが、一つだけ…。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

あの論文で俺はシュトラウスとドゥルーズがともに、アリストテレス『形而上学』における「愛知者=哲学者」と「神話愛好者」の区別に言及している点に注目した。始原について語る点では両者は同じである。しかし、哲学者は神話ではなくて自然について語る。自然を発見した時に哲学が始まる。哲学者は自然について語る者である。云々。

シュトラウスは、アリストテレス『形而上学』に基づいてこのテーゼを提示した。しかし、該当箇所を実際に読んでみると、アリストテレスは両者が似ていると言っているだけで、神話愛好者との差異によって哲学者を定義しようとしているわけではない。そう定義することに腐心したのは、実はシュトラウスである。そして、ドゥルーズはシュトラウスと全く同じ結論を、シュトラウスと全く同じ参照箇所から引き出している(ドゥルーズの説明はいつものように不十分だが)。そこから俺は、ドゥルーズがシュトラウスを読んだ可能性、そして両者が共通する自然主義者としての傾向性を何らかの仕方で有していた可能性に言及した。

この読解について「隠遁者」氏が批判的に仰ってくださったことはかなり理解できる。このような哲学者の定義は西洋哲学史の教科書的理解にもとづくものであって、アリストテレスのテクストを独自に解釈する必要はない。したがって、ここにシュトラウスの「独自の解釈」を読み取ろうとする國分の読解は、「自然主義者としてレオ・シュトラウスを描き出したい」という気持ちが先走って出てきたものではないかという批判である。

これはよく分かる(とある友人にも指摘された)。だが、問題は二人がなぜ、数ある哲学者の定義からこれを選んだのかということではないだろうか? たとえこれが最も有名な定義だとしても、「哲学者とは…」と断言する文脈でこれを選択しているというこの選好の意味は無視できないように思う。二人にとっては、〈自然の発見としての哲学〉がどうしても見逃せない、言明せねばならない事実だったということではないだろうか? その選好は彼らの哲学的方向性を語るものであるように思えてならない。

ともあれ、「隠遁者」氏がシュトラウスのソクラテス理解の重要性を掲げ、俺の論文にはそれが全く欠けているとした指摘は素直に受け止めたい。俺自身、ソクラテスがかなり好きなので、勉強不足だったことは自分自身でも残念だ。

少し前に書いたが、フーコーの『自己と他者の統治』はソクラテスについて長々と語っている。その中でフーコーは、政治的なパレーシア(「素直に率直に語ること」を意味するギリシア語)を実行すればすぐに命を落としてしまうという確信からソクラテスは政治に関わろうとしなかったのだという見解を示した。訳者の阿部も、専門家がこの解釈をどう受け止めるか関心があると書いているが、俺も同じ。俺としては、「隠遁者」氏に教えていただいたシュトラウスのソクラテス読解にあたりつつ、フーコーのソクラテスについて考えてみたい。

弱い思想と強い思想

高崎経済大学に千葉雅也君と白井聡君をお呼びしてのトークイベント

「哲学の闘い ギャル男vs左翼」

が開催されました。


Philosophy Sells...But Who&#39;s Buying?


たくさんの方に来ていただき感謝しています。東京から足をお運びくださった方もいて、企画運営を行った学生たちも驚いていました!

「闘いってあるけど、闘わないでしょ」って言っていたんですが、お二人でなかなか闘ってくれました!

まどい続けること、弱くあり続けることの強さが必要と言う千葉君に対し、白井君は「イタリアではポストモダニズムが弱い思想と呼ばれていた」との事実に依拠しつつ、強い思想の必要性を強調。

コミュニケーションおよび学問における縦の関係の重要性、すなわち、偉い人の本(=岩波文庫)を読むことの重要性を強調する白井君に対して、それは父を求めることに他ならないとして千葉君が応答。

司会の俺は、縦でも横でもない斜めの関係を考えられないかと言うが、これは予定調和か。

とにかく刺激的な時間だったと思います。

白井君、千葉君、ありがとう!

そして國分ゼミのみんな、本当にご苦労さまでした!

guattari

今年の一月、千葉雅也君と俺とで訳したフェリックス・ガタリの『アンチ・オイディプス草稿』がみすず書房より出版されました。
アンチ・オイディプス草稿/フェリックス・ガタリ
¥6,090
Amazon.co.jp


出版以降、ゆっくりですが、いくつも書評を書いていただいています。

少し前の読売新聞、日曜日の書評欄に書評が載りました。

『図書新聞』2010年6月5日号でも、一面に「来るべきガタリ」と題して、平井玄氏に書評を書いていただきました。

こころより感謝いたします。

もう少し先になりますが、ある雑誌に長い論文調の書評が載ります。これは近づいたらご報告します。



いま、訳者として何かあの本について言うとすると…
あの本は、内容も重要だけど、それより何より、書くとは何か、読むとは何か、そのことを考えるためのきっかけになって欲しいと思っている。いまはとにかく平易な文章表現が好まれる。対し、ガタリの文章は本当に読みにくい。でも、あの文章の勢いは、彼の思想をなぜか伝えてくれる。そこから、哲学において書くとは何なのかを考えてもらえればうれしい。また、あんな文章を毎日読み続けたドゥルーズは何を感じ、何を考えていたのかと想像してもらえるとうれしい。とにかくあの本はすごい。すごいから翻訳した。

フーコー

最初ですので、いろいろ書きます。

土曜日にフーコーの専門家の阿部崇君と俺とで対談しました。

ちょうど

ミシェル・フーコー『カントの人間学』(王寺賢太訳、新潮社)
ミシェル・フーコー『自己と他者の統治』(阿部崇訳、筑摩書房)

が刊行されたのでこれを期に、いまフーコーについて、フーコーとともに、何を考えるべきかを語っています。
週刊読書人に掲載されます。
カントの人間学/ミシェル フーコー
¥2,520
Amazon.co.jp
自己と他者の統治 コレージュ・ド・フランス講義1982-1983 ミシェル・フーコー講義集成XII/ミシェル・フーコー
¥6,195
Amazon.co.jp



一応、入門的なものを目指しているので、詳しくないひとでも読めるはずです。発売されたらまたここに書きます。

俺としては、阿部君が教育学の重要性を語ってくれたことがうれしかった。全く同意。

なお、『カントの人間学』の王寺さんの訳も、『自己と他者の統治』の阿部君の訳も本当にすばらしい。関心のある方は是非手にとってください。


上にアマゾンのボタンがあるので、それをうまく使うと、ここで紹介した本のページにリンクできるのでしょうが、やり方がわかりません…。
(やりかたが分かったので、アマゾンへのリンクを貼りました。2010年6月3日記。)

哲学の闘い

勤務校の高崎経済大学にて、今日、俺のゼミナールの学生主催のトークイベントが開催されます。

新入生歓迎講演会
哲学の闘い
——ギャル男vs左翼——
2010年5月31日(月)
17時30分開場
17時45分開演
高崎経済大学7号館731教室
講師:白井聡氏、千葉雅也氏
司会:國分功一郎

絶対おもしろいので、皆さん是非。どなたでも参加できます。

白井氏はレーニンの、千葉氏はドゥルーズの専門家。お二人とも話が上手。話は聞きやすいはず。「闘い」については話をすると思いますが、二人あるいは三人で闘うわけではありません。

もうちょっと早めにブログ作って宣伝すればよかった。

哲学…

哲学の本は本屋に並んでいる。けど、哲学にできることがなされていない気がしてならない。

そんな気持ちでブログというのを始める。

普段書いた雑文や、仕事の紹介をするつもり。

とりあえず始めてはみたが、デザインがうまくいかない。

タイトルのフォントの変え方が知りたいです…。

<< 前のページへ最新 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18